PANDANEKO
バルセロナを歩く
グエル公園でタイルの虜に!!  〜5日目〜 |バルセロナ

サン・ジョゼップ市場 サン・ジョゼップ市場
市場だというのにおしゃれな入り口ではないか!
ここはもともとサン・ジョゼップのカルメン会の修道院だったようで名前の由来はそこからきているらしい。
野菜、肉、魚、果物と同じものを売っていても、やはり日本とは何かが違う。
お菓子はそうとう体に悪そうな色をしているが、野菜や果物は鮮やかで濃くてスペインって色を醸し出している。
フレッシュジュースを飲んでみたら、すごくおいしかった。種類も豊富に選べるのがまたうれしい。

サン・ジョゼップ市場

サン・ジョゼップ市場



グエル公園
「グエル公園」はもともとイギリスの田園都市開発に興味をもったグエル氏が住宅街として建設し販売する為にできたもので、当初は約60戸の住宅を建てる予定だったものの、全く売れず(3戸だけは売れたらしい)、その後バルセロナ市が引き取って公園になったそうな。グエル氏の思惑が外れなければここは公園ではなかったのだと思うとすごく不思議な感じがする。あのお菓子の家のようなところに誰が住むのか・・・。
この公園はタイル公園と名前を変えたほうがいいのではないかっていうくらい色鮮やかなタイルがあふれ、天井のタイルなどはほんとうに心が癒される色づかいだ。
そうそう公園のシンボルでもあるトカゲのようなオブジェは実はドラゴンらしい・・・という話を聞いてぶっとんだ!どう見てもトカゲだろう!
とにかく一貫性があるようでないので、歩いては休みながらじっくり眺めてのんびりしたい公園だ。なんだかんだ世界遺産だしね!

3号線 LESSEPSより徒歩15分
グエル公園

グエル公園

グエル公園

グエル公園



ブス・ツリスティック ブス・ツリスティック
このバスも乗り収めということで存分にだらだらと乗った。
バスで移動することでいろいろなものが目に飛び込んでくる。
都電の進化系のような電車やオフィス街、カフェ、レストランなどなど。
こうして自分たちが旅行している最中も普通の人は仕事なり学校という日常を過ごしているんだってことを味わう。
こっちのスターバックスはどうかと下車して寄り道することにした。
ちょうど学校だかクラブ帰りの学生連中7、8人にカウンター手前で抜かれ、彼らの後になってしまった・・・。ただでさえさばくのが遅い店でスペインというお国柄、日本のように手際よくさばけるはずがない!
あきらめて外に出ればよかったものをこんなのにつきあっていたために、バスの最終をのがしてしまうというハプニングに!!
あわててタクシーに乗り込み、バスストップポイントを追っかけたがもう遅し・・・。
せっかくなのでモンジュイックの丘に夜景を見に行った。
これでもうバルセロナとはお別れ・・・でもまた絶対に訪れたい街。
その時はまたこのバスに乗ろう・・・と心に誓うのであった。

◆バルセロナ観光周遊バス BCN Bus Turistic
http://www.spaintour.com/oet2004/transport/bcn-busturistic.shtml

バルセロナ観光周遊バス

バルセロナ観光周遊バス

バルセロナ観光周遊バス
<< バルセロナ4日目
copy right (c) “pandaneko” all right reserved.2000-2005