PANDANEKO
リスボンを歩く
哀愁の漂う街、リスボン 〜1日目〜 | リスボン

ジュネーブ空港 ジュネーブ経由でリスボンへ
バルセロナからリスボンへの移動はなぜかジュネーブ経由・・・。
よくわからないけどそれが一番安かったのだから仕方がない。
ただの経由でしかなかったが、雪をかぶる山々、空気の清涼感などを味わうことができたので今となってはよかったと思える。
いつかスイスにも行ってみたいものだ!
リスボン空港はとてもさびしい感じで、見たことのない航空会社の飛行機もたくさんとまっていた。
やはりここはヨーロッパ、西の端に来たのだな〜と妙に感慨にひたった・・・。

◆スイス インターナショナル エアラインズ
http://www.swiss-japan.co.jp/

ジュネーブ経由でリスボンへ



リスボン市内バス観光
バルセロナの観光バスにすっかり味をしめていたせいか、街中を走るバスを見つけたときは二人で歓声をあげた!
あれに乗って、風をうけまったーーりと観光じゃ!と思っていたら、ものすごい荒い運転のに乗り合わせてしまいそれどころではなかった。
でも運転だけではない・・・乗客がいなかったからだろう・・・。
赤でなく、黄色い方に乗ればよかったと後悔した。

◆Cityline-Sightline
http://www.cityline-sightline.pt/
◆CITY RAMA
http://www.cityrama.pt/
リスボン市内バス観光

リスボン市内バス観光

リスボン市内バス観光

リスボン市内バス観光

リスボン市内バス観光



コメルシオ広場
アウグスタ通りにはオープンカフェやショップが立ち並ぶ。
ポルトガル料理ってなんだろう?と思いながら賑わってそうな店を探した。
ブイヤベースとサラダをオーダーしてみたところ美味!でもこれって何料理!?
アーチの門をテージョ川方面に抜けるとコメルシオ広場に出る。
ちょうど世界の写真展のようなイベントをやっていて人が多かった。
ちょっと路地に入ると市民の生活感がどっと押し寄せてくる。
訪れる前はポルトガル=お年寄りが多いという勝手なイメージを抱いていたが、そうでもなかった。
でも目にするお年寄りは照れ屋でみんなとってもかわいらしかった。
コメルシオ広場

コメルシオ広場周辺

コメルシオ広場周辺
リスボン2日目 >>
copy right (c) “pandaneko” all right reserved.2000-2005