航空管制

・自由に空を羽ばたいているかのように思える飛行機ですが、実は全て定められた航路を飛んでいるのです。しかし飛行機(パイロットが)が勝手に決めるのではなく、全ては航空管制官によって指示が出されているのです(飛行計画から着陸し駐機場に止まるまで)。このように航空管制官の指示通りに飛ぶのでミスは許されないので、かなりの集中力と経験が必要な職業です。航空管制(航空管制官)なくして安全な空の旅は有り得ないのです。航空管制は全て無線で行われ、それを聴くのが所謂「エアバンド」です。これを聴くにはエアバンドレシーバーが必要になります(詳しくは後述)エアバンドを聴くことにより次の到着機などを知ることが出来るので撮影においては必需品です。また単純に聴くのも1つの趣味です。しかし、聞いた情報を他人に洩らすことは法律で禁止されているので絶対お止め下さい。また聴く際は必ずイアフォン等をお使いください。

・航空管制は基本的に全てが英語で行われています。航空管制で使うアルファベットは特殊な読みをします。その読み方はフェネテックコードといいます。下記はその表です。

A アルファ N ノーベンバー
B ブラボー O オスカー
C チャーリー P パパ
D デルタ Q ケベック
E エコー R ロメオ
F フォクスロット S シエラ
G ゴルフ T タンゴ
H ホテル U ユニフォーム
I インディア V ビクター
J ジュリエット W ウイスキー
K キーロー X エクスレイ
L リマ Y ヤンキー
M マイク Z ズールー

※発音の仕方によっては上記と多少異なることもあります。

・また数字も勿論英語で中には普通の発音と異なるものがあります。

ワン エイト
トゥー ナイナー
トゥリー ジロ
フォアー デシマル
ファイフ 100 ハンドレッド
シックス 1000 タウザンド
セブン

なので118.1という周波数は「ワン ワン エイト デシマル ワン」と発音します。

・航空管制を語る上で忘れてはいけないのが滑走路です。滑走路には数字がつけられているのです(両端に)。この滑走路の番号というのは北が36、東が09、南が18、西が27となっています。これは360度、90度、180度、270度の上2桁を取ったものですね。なので滑走路の番号がわかれば方角がわかってしまうのです!当たり前なのですが片方に(小さい方に)18を足せば反対側の番号がわかることになります。また、同じ方向に滑走路がある場合はL(Left)、R(Right)をつけて区別します。例えば羽田空港には34L、34Rがあります(勿論反対側は16R、16Lです)。

・航空管制では各航空会社の呼び方が決まっています。それはコールサインといいます。また書式の場合2レターコードと3レターコードというのがあります。下記はコールサイン・2&3レターコードの一部です。

航空会社名 3レター 2レター コールサイン 航空会社名 3レター 2レター コールサイン
日本航空 JAL JL ジャパンエア 全日空 ANA NH オールニッポン
JALエクスプレス JEX JC ジャネックス エアニッポン ANK EL アンクエア
日本トランスオーシャン航空 JTA NU ジェイオーシャン エアー北海道 ADK なし エアドリーム
J-Air なし XM ジェイエア 日本エアシステム JAS JD エアシステム
琉球エアコミューター RAC なし リュウキュウ 日本エアコミューター JAC JN コミューター
日本アジア航空 JAA EG エイシア ハーレクィンエア HLQ JH ハーレクィン
JALウェイズ JAZ JO ジェイウェイズ 北海道エアシステム HAC なし ノースエア
北海道国際航空 ADO HD エアドゥ スカイマークエアラインズ SKY BC スカイマーク
フェアリンク FWI FW フェア 天草エアライン AMX なし アマクサエア
中日本エラインサービス NAL なし アリスエア オリエンタルエアブリッジ NGK なし オリエンタルブリッジ
エアーニッポンネットワーク AKX EL アルファウィング スカイネットアジア航空 SNJ 6J ニュースカイ

ですので日本航空101便なら、JL101でコールサインは「ジャパンエア101(ワンゼロワン)」となります。

海外の航空会社はこちら。

・航空管制を簡単に学びたい人にお勧めのPCソフトがあります。テクノブレイン社から出ている「僕は航空管制官」シリーズは名前の通り航空管制官が主役です。このソフトで航空管制を学ぶことが出来ます。実は僕もその1人です。

・またイカロス出版から出ている航空無線ハンドブック(現在2003年度版が発売中)を読めばエアバンドの基礎がわかります。