2.苗族の生み出す芸術品

ミャオの女性は子供の頃から刺繍や織物に慣れ親しみます。
自ら布を織って服を作る。



スカート、帯、前掛け、帽子、靴、ねんねこ(子供をおんぶする時に子供の
背中にあて帯でぎゅっとしばるもの)。
自分の花嫁衣装まで作ってしまう!

美しい刺繍をほどこすのは綿生地が多い。石の上で棒でたたいて布をテカテカにしたものも使います。
石の上で叩く?
そうすると光沢が出て美しくなるのです。色合いもはえる。
丈夫(藍の成分を布(糸)の奥底・芯まで染み渡らせ叩き込む)で防水効果もある。

このほかにも玉子の白身を布にすり込み固めたもの
もあります。効果は石でたたいたものと似てますが、色合いは石でたたいた
ものの方が美しい。



刺繍糸は絹。刺繍の図柄は蝶、鳥、虫、龍、虎、かえで...、自然や人を抽象化したもの。なかでも 蝶 は彼らの崇拝の的です。
苗族には’蝶が人類とすべての動物の母である’っという伝説が残り、今も彼らは蝶を母と呼び崇めます。


一針一針刺された刺繍は気が遠くなるほどに細かい。なんねんもなんねんもかけて作られたものもある。技術、色彩、図案、
すべてがいっしょになってなんとも温かい感じがする。女性の愛情が造りだした芸術品。
若い女性が身にまとうのは色鮮やかな刺繍を施した服。
年配になると渋い緑や紺の刺繍がほどこされた服。 若い時の鮮やかな刺繍を藍で染めて着たりもする。
赤糸での刺繍                       若々しい印象の衣裳と
落ち着いた味わいの衣
                      藍で染め直した衣                                      


ミャオ族の刺繍、織物、藍染には、彼らの文化と歴史そして何より深く温かい心、優しい気持ちが凝縮されているのです。





目次(TOP) 1.苗族とは? 3.夢と取り組み 4.苗族の刺繍 5.お譲りします!目次
6.What'sNew目次 7.苗族のなんでもかんでも 8.Gallery目次 9.みんなの力で・・・ 10.禾苗NET・会員募集