3.夢と取り組み

しかし,時代はどんどん変わりつつある。
今、若いミャオの女の子たちは刺繍や機織からだんだん離れ始めている。 かつては農作業の合間に時間さえあれば刺繍や機織り
をしていた。刺繍の上手な女性が一番もてた。 しかしそれも過去のことになりつつある。今はわざわざ自分で作らなくても
Tシャツやトレーナーを買えばいい。 それにその方がかっこいい。

僕らはこんな素敵な刺繍が過去のものになってほしくないとおもう。
彼らの刺繍は、少しずつだがアメリカやヨーロッパでも注目されはじめている。 若いミャオたちにこの素晴らしい伝統を守ってもらいたい。
ミャオの伝統を大切に思うミャオが少しでも 増えて欲しい。


そんな想いから僕らは学校をつくった。





中国でも小中学校は義務教育。義務教育といっても授業料・教科書代などは払わなくてはならない。
それができない。学校へ行けない子供たちは貴州省だけで何万人といる。北京語もしゃべれない、
字も書けない子供たちに教育の場を提供し、刺繍・
織物の習得からミャオの歌、ミャオの文化をも勉強
できる学校が僕らの目標だ。

ミャオ刺繍を習得し、作った刺繍を僕らが売ることで、その収益を学校と彼女らに還元する。彼女らは刺繍や機織りを身に付けることで
家庭を助け、自信と独立心を得てほしい。そして、僕らの大好きなミャオの刺繍を未来へと継承できる。それが可能なほど、いま 先進国
では手工芸が見直されている。もちろん彼らにもそのことを実感してほしい。


学校がある場所は貴州省、刺繍の故郷 台江県。貴州省の省都は貴陽。そこの飛行場から車を乗り継いで約5時間。 ミャオの友人が
藍染工場を経営していて、その近くに教室と宿舎を借りました。 沢山の入学希望者がありましたが、最初の半年は12歳から18歳までの
11人の子供たちでスタート。 2001年3月末には準備完了。
ところが生徒が来ない!「無料で学べる」ということを信じてもらえなかった。
やっと全員が集まったのが4月30日。無事
開校式にたどりつきました。


緊張した面持ちの子供達!
4月30日の開校式


午前中は4時限の授業で午後は自習。子供たちの学ぶ姿勢は真剣そのもの。午後の
自習時間も自主的に刺繍に向かっています。


自習風景



先生は近所のミャオのひとたち。刺繍、機織、藍染、製布、北京語等それぞれ得意な分野を受け持ってもらいます。
週に1時間は子供たちの希望で、日本語の授業もあります。これは藍染工場の友人が自分で日本語を勉強しながら教えるのでどうなることやら..。

僕らの試みは始まったばかりです。この学校を存続させるために経営基盤の強化が必要であることは充分に承知しています。
少しでも多くの子供達がこの学校で学び、その子供達がミャオ刺繍の美しさを世界に伝えていけるように、やらなくてはならないことが
山ほどあります。

上記文書は、2001,5記載分です。その後(2002,5現)の子供達・学校状況は8.2年目を迎え見えてきたもの でご覧頂けます。

続・・・(2006,10現)の子供達の様子は
59 里親さん、梅影村のミャオさん、そしてフゥミャオの子供達(VOL.2)に、そして現在の学校は56 夏・川・苗っ子 でご覧頂けます。


刺繍学校や子供達の様子は のコーナーで随時更新しております。

最新状況は「71. 2008,9,11〜14 第3回 貴州ツアー」でご覧頂けます。

 

 

そして・・・新たに!!2003年2月、この取り組みを更に発展させるべく、「禾苗(フゥミャオ)NET」結成!!
詳しくは、
10.「禾苗(フゥミャオ)NET」・会員募集 をご覧ください。



僕らが手探りで始めたミャオ刺繍学校。将来的には多くの支援者を得、皆でミャオの素晴らしい文化を共有し、共に支えてゆければと考えています。
この試みに多くの皆さんのご支援を得、ご意見を反映できたらと想います。どうぞ皆さんのお声をお聞かせ下さい。







目次(TOP) 1.苗族とは? 2.苗の生み出す芸術品 4.苗族の刺繍 5.お譲りします!目次
6.What'sNew目次 7.苗族のなんでもかんでも 8.Gallery目次 9.みんなの力で・・・ 10.禾苗NET・会員募集