西部警察
■悪役たち/意外な出演者たち■

 『西部警察』には、レギュラー俳優陣以外にも、悪役やチョイ役など様々な形で多くの俳優が出演した。「悪役といったらこの人だな!」とナットクしてしまうような人もいれば、「え?このヒトが出てたの!」と思わず叫びたくなるような人まで様々である。ここではそんな出演者たちを紹介。

八名信夫] [黒部進] [阿藤海] [鹿内孝] [中田博久] [小林稔侍
山西道広]  [岩城滉一] [あき竹城] [森山周一郎] [五十嵐淳子
根岸季衣] [平泉成] [永島瑛子] [湯原昌幸] [中西良太] [西田健
西川きよし] [長塚京三] [志賀勝] [林家こぶ平] [高峰三枝子
内藤剛志] [岡本麗] [奈美悦子] [松本伊代] [美木良介] [下條正巳
北村総一朗] [小野武彦] [勝新太郎] [丹波哲郎] [財津一郎
麻丘めぐみ] [玉川良一] [目黒勇樹] [ジョニー大倉] [浅野ゆう子
佐藤浩市] [花沢徳衛] [菅井きん] [森昌子] [原田芳雄
中村晃子] [宝田明] [武田鉄矢



★八名信夫
◎PART-1・bU「横浜銃撃戦」ほか出演作品多数
 八名信夫と言えば悪役で有名だが、西部警察ではまさに本領発揮! 出演範囲はパート1からパート3まで幅広く、合計15回も出演している。それも、ほとんどが極悪非道の凶悪犯の役(^^;;)。パート2・第23話の「凶悪の焔」では、火炎放射器で外国人の美女を焼き殺すという、とんでもない大悪党を演じる。最後は必ず、団長に撃たれて死亡するか、ボコボコに殴られるか…、である(笑)。唯一悪役でない登場はパート1・第25話「刑事を奪え」の刑事役だが、この役もタチの悪い暴力刑事で、あまりイイ印象はない…(^^;;)。
最近では、2000年放送のNHKの連続テレビ小説「私の青空」に、漁師の組合長の役で出演。これは、人の良いおじいさんの役で好感が持てた。(^^)[一覧に戻る


★黒部 進
◎PART-2・bS「殺しのキーワード」ほか出演作品多数
 かつて「ウルトラマン」でハヤタ隊員を演じていた・・・・・と言っても若い世代はよくわからないだろう(私だってウルトラマンのことなんて全く知りません ^^;;)。現在ドラマやCMで活躍する吉本多香美のお父さん、と言った方がピンと来るだろうか。八名さんと同様、極悪人の役が多いが、こちらは完全に組織のボスといったキャラである。[一覧に戻る


★阿藤 海
◎PART-1・102「兇銃44オート・マグ」etc.
 最近はNHKの朝の連ドラ「私の青空」のショウちゃん役を熱演したり、NHKの「男の食彩」に頻繁に出演して料理作るなど、人の良いオジサンというイメージが定着しているが、西部警察ではバリバリの悪人を演じている。当時はまだ無名の俳優だったのだろう。麻薬中毒者の役が多かったが、そういう気持ちワルイ役でもものの見事に演じ切るところはさすが![一覧に戻る


★鹿内 孝
◎PART-1・57「挑戦」ほか出演作品多数
 かつては歌手として一世を風靡し、現在も個性派俳優として活躍する。スナイパーの役が多い。それと、パート2の「狙われた天使」では、西部署捜査課の刑事部屋に籠城するが、こういう事をやらかした悪人ってのは、後にも先にも彼一人だけである。そして、浜さんを撃って殉職させた塚本を演じたのもこの人。[一覧に戻る


★中田博久
◎PART-1・82「ろくでなしの詩」ほか出演作品多数
 彼もまた、悪役の常連。出演回数は11回に及ぶ。日本人離れした特異な風貌。私は最初、黒部進さんとこの人の区別が付きませんでした…(^^;;) なお、私は99年12月、ワケあって新宿コマ劇場で、加藤茶&左とん平主演の喜劇を見に行ったのですが、それになんと中田さんが出演してました(^o^)。[一覧に戻る


★小林稔侍
◎PART-1・bT「爆殺5秒前」「消えた1時間」/PART-3最終回「大門死す!」
 現在では数々のドラマ、映画で重要な役を演じる小林さんだが、西部警察当時はまだ無名の役者で、今では考えられないような悪人役を演じている。現在の小林稔侍しか知らない人にとっては、イメージ崩れるかも…(^^;;) 「爆殺5秒前」では、誘拐した女子大生を縛り上げ、さらに時限爆弾をくくりつけて爆死させるという極悪人を演じている。しかもこの時は、冷徹な関西弁を喋っていて、実にコワイ…(^^;;)。最終回では、原田芳雄率いるテロ集団「鷹の目」のメンバーとして軍団と対決している。[一覧に戻る


★山西道広
◎PART-2・bU「あいつは予言者」ほか出演作品多数
 「探偵物語」や「あぶない刑事」で重要な脇役を演じてきた俳優さん。西部警察ではパンチパーマに口ひげを生やした悪党の役が多い。また、ハトの友人である白バイ警官の役を演じたことも(パート3・第22話)。松田優作を取り上げた「知ってるつもり!?」にも、コメンテーターとして出演していた。[一覧に戻る


★岩城滉一
◎PART-1・bX「ヤクザ志願」、42「ピエロの名演」、91「鮮血のペンダント」
 かつては舘ひろしと一緒に「クルース」として活躍していた。全3回の出演は、一応、悪役と言えば悪役なのだが、どれも憎めないチンピラ役が多い。「ピエロの名演」は、思わず涙してしまう名作!(;_;)[一覧に戻る


★あき竹城
◎PART-1・11「燃え尽きた獣たち」
 西部警察出演は1回だけ。盗癖のあるインチキ易者の役だが、思わぬ形で軍団の捜査に協力することになる。石原裕次郎にキスするシーンもあったり…(^^;;)。八名さん、阿藤さんとともに、NHKの「私の青空」に出ていたが(しかも劇中で阿藤海と結婚する!)、20年前とほとんど変わっていないので驚いた。[一覧に戻る

★森山周一郎
◎PART-1・14「殺し屋参上」/PART-2「絶命!暴走トラック」etc.
 俳優だけでなく、映画の吹き替えなど声優業でも活躍するベテラン。そのシブくてダンディーな声は、誰もが聞き覚えがあるだろう。西部警察では、悪党組織のボスの役が多かった。[一覧に戻る


★五十嵐淳子
◎PART-1・27「傷だらけの白衣」
 中村雅俊の奥さん。一度だけ出演したが、ナース姿が眩しかったァ〜!!(^o^) しかしこの人、当時も今も全然変わっていない。あき竹城以上に変わっていない!![一覧に戻る


★根岸季衣
◎PART-1・29「島原の子守唄」
 当時の芸名は「根岸とし江」。現在も数々のドラマや映画で脇役を演じる実力派。谷さんを騙す悪い女ので登場も、最後は改心して谷さんと仲良くなる。[一覧に戻る


★平泉 成
◎PART-1・47「笛吹川有情」etc.
 当時の芸名は「平泉征」。現在は「はみだし刑事情熱系」など数々のドラマで活躍する名脇役だが、西部警察では悪役で出演。とにかく若い!(^^) 「笛吹川有情」では、ダイヤモンドの研磨士を誘拐し、その娘を恐喝して殺害しようとする悪党の役。最後は団長と壮絶なカーチェイスを演じ、最後は山梨日産の中古車展示場で爆死!(^^;;)[一覧に戻る


★永島瑛子
◎PART-1・54「兼子刑事暁に死す」、122「リキ・絶体絶命!」
 俳優・永島敏行のお姉さん。「兼子刑事暁に死す」では、ジンの恋人役で登場。せっかく結婚が決まりかけていたのに、ジンは殉職…。ジンが残した婚約指輪を団長から受け取り、哀しみに暮れるシーンは大熱演だった。[一覧に戻る


★湯原昌幸
◎PART-1・62「危険な情報」、74「出発」
 リュウの情報屋・サブを演じた。リュウがインターポールへ旅立つ「出発(たびだち)」では、リュウを見送る形でゲスト出演しているが、刑事やその家族以外で、同じキャラクターが2回登場するのは、湯原さん演じるサブだけである。なお、彼の本業は歌手であるが、現在所属しているレコード会社は、モーニング娘。と同じ「zetima」である!!・・・・・「だから何だよ!」って突っ込まないで…。(^^;;)[一覧に戻る


★中西良太
◎PART-1・70「チンピラブルース」etc.
 とにかく、チンピラの役が多い。そういう顔だから仕方ないのかも…(笑)。現在でも、ドラマにチョイ役で出ていたりするが、声に特徴があるのですぐわかる。[一覧に戻る


★西田 健
◎PART-1・73「連続射殺魔」
 西部警察出演は1回のみ。現在でも脇役で活躍中。青白い顔した、冷徹な連続射殺犯を演じた。彼が演じた射殺魔は、ある意味、最近多発している異常な凶悪犯罪に似ている要素を持っている。[一覧に戻る


★西川きよし
◎PART-1・89「もう一つの勲章」/PART-3・49「京都・幻の女殺人事件」
 「もう一つの勲章」では、団長の情報屋”目玉のマツ”(←こんなあだ名、西川きよし以外の人に付けられない!)を熱演! 軍団の捜査に大いに貢献する。彼のように寄席で活躍する芸人って、役者っぷりも大したものである。[一覧に戻る


★長塚京三
◎PART-1・93「氷点下の激闘」/PART-3・14「マシンZ・白昼の対決!!」
 現在は「ナースのお仕事」などで活躍する人気俳優だが、西部警察では2度、不気味な犯罪者の役を熱演している。「マシンZ・白昼の対決!!」では、西部署の特殊車輌「スーパーZ」の偽物を造り、そのマシンで団長と、サーキットで対決する(^^;;)。[一覧に戻る


★志賀 勝
◎PART-1・96「黒豹刑事リキ」
 1度だけ出演。リキをさんざん苦しめる極悪殺人犯を演じる。最後はリキに何発も弾丸を撃ち込まれ、運河にドボン…(笑)。なお、この志賀勝という人、現在はヤクザものVシネマなどに出演しているようだ。[一覧に戻る


★林家こぶ平
◎PART-1・101「甦れ、ヨタロー!」
 言うまでもなく、故・林家三平の息子、そしてイッペイ役の峰竜太とは義兄弟にあたる。「甦れ、ヨタロー!」では、義兄の峰竜太と絡む役。改造拳銃を作る少年・ヨタローを演じるが、とにかく若い! しかも、なかなかの名演技を披露している。[一覧に戻る


★高峰三枝子
◎PART-1・104「栄光への爆走」
 銀行強盗犯を乗せた車を運転する「逃走屋」レーサー・秋元の母親を演じる。大女優の貫禄を見せている。[一覧に戻る


★内藤剛志
◎PART-1・107「暴走トラック炎上!」、120「消えた白バイ隊の謎」/PART-3・34「刑事無情」
 「暴走トラック炎上!」では、殺された恋人のために復讐に走るトラック野郎・トオル役を熱演。ほとんど彼が主役のような話で、けっこう感動的なストーリーだった。あとの2作はただのチンピラ役(笑)。現在はドラマ、CM、バラエティーと、幅広く活躍する内藤さんにも、こんな時代があったのです!(^o^)[一覧に戻る


★岡本 麗
◎PART-1・119「マフィアからの挑戦」etc.
 現在は「はぐれ刑事純情派」等のドラマや、小林製薬のCMでおなじみ。西部警察には、チョイ役での出演しかないが、下積み時代の演技が見られるのは貴重。[一覧に戻る


★奈美悦子
◎PART-1・126「また逢う日まで」
 一時期、「乳首騒動」でワイドショーや週刊誌を騒がせたヒト(笑)。西部警察で演じた役は、八名さんとつるむ悪女の役。[一覧に戻る


★松本伊代
◎PART-2・27「傷だらけの天使」
 ヒロミ夫人・松本伊代も、西部警察に1回ゲスト出演している。まだ当時はバリバリのアイドル時代。しかし、ドラマではなんと、ヘロイン中毒の役を…。今で言えば、鈴木あみが麻薬中毒者の役を演じているようなものか…。当時の男性ファンたちはさぞ衝撃を受けたに違いない(笑)。[一覧に戻る


★美木良介
◎PART-3・13「追跡!1825日」etc.
 彼も当時は無名の俳優。いずれも若手警官・刑事の役で、悪役は一度もない。[一覧に戻る

★下條正巳
◎PART-3・bX「白銀に消えた超合金X!」、10「雪の会津山岳決戦!」(ともに福島編)
 「男はつらいよ」のおいちゃん役であまりにも有名。下條アトムの父。福島編では、ノーベル賞受賞にも価する、液体金属「メルカロイX」を発明した大学教授の役を演じた。[一覧に戻る


★北村総一朗
◎PART-2・第1話「大門軍団・激闘再び」/PART-3・18「パニック・博多どんたく」
 「踊る大捜査線」で湾岸署署長役で一気に人気者となったベテラン俳優。西部警察2度の出演はどれもチョイ役だが、とにかく若い!(^o^) パート2・第1話では、オキの本庁時代の先輩刑事を演じる。[一覧に戻る


★小野武彦
◎PART-3・32「杜の都・激震!!」、33「仙台爆破計画」(ともに宮城編) etc.
 北村さんと同じく、「踊る大捜査線」に出ていたオジサン。現在もドラマにCMに、数多く活躍する。宮城編では高濃縮ウランを盗んで核爆弾を作り、仙台爆破を企む大悪党を演じた。しかし、その野望(?)がかなう前に、事故で死亡…(^^;;)。[一覧に戻る


★勝 新太郎
◎PART-3・特番「燃える勇者たち」
 石原裕次郎と並ぶ、20世紀を代表するスター。そして、裕次郎の親友でもある。「燃える勇者たち」、勝新のために用意されたストーリーと言っても過言ではない(^o^)。97年6月に病死したが、その時、テレビ朝日では追悼特番として、「燃える勇者たち」を再放送した。未亡人・中村玉緒は、現在も大活躍!!(^o^)[一覧に戻る


★丹波哲郎
◎PART-3・特番「燃える勇者たち」
 84年の元日に放映された正月特番は、大物俳優たちが勢揃いしたが、その大物ゲストの一員として彼も出演。西部署に極秘捜査を命じるスパイ機関のお偉いさんの役だった。[一覧に戻る


★財津一郎
◎PART-3・特番「燃える勇者たち」
 以前は「こてっちゃん」のCMに出ていたオッサン。「燃える勇者たち」では、国際スパイの首領の役。[一覧に戻る


★麻丘めぐみ
◎PART-3・37「さよならに接吻を−」
 アイドル歌手としてデビュー。「私の私のカレは〜、左利き〜♪」の歌でおなじみ。西部警察ではクラブ歌手の役で登場。ハトに惚れられるが、実はワルい女だった…。[一覧に戻る


★玉川良一
◎PART-3・38「長さんと泥棒」
 長さんが世話した窃盗の常習犯を演じる。盗癖が治らないろくでなしでありながらも、一人娘への強い愛情を見せる男を見事に演じ、名優の貫禄を見せてくれた。[一覧に戻る


★目黒勇樹
◎PART-3・45「さらば友よ」
 松方弘樹の弟。西部警察では、大将の元同僚で、殺された妻の復讐をするために刑事を辞めて、次々と悪人を殺害していく、ワケありの犯人を演じた。でも、決して「悪人」ではなく、かわいそうなキャラクターだった。[一覧に戻る


★ジョニー大倉
◎PART-3・46「冬の軍団長」
 矢沢永吉とともにキャロルで活躍した元ロックンローラー。西部警察では、違法電波で海賊放送を行う3人組の頭を演じた。最後のシーンで、長さんがジョニーに「ワシらも死者の仇を取ろうという気持ちは変わらないんだ…!」というセリフは非常に思い言葉。[一覧に戻る


★浅野ゆう子
◎PART-3・49「京都・幻の女殺人事件」
 ワコールのイメージガールを務めるモデルを演じる。今とあまり変わっていないが、当時の方が化粧が濃いように思われる。最近は、一時期ほどドラマやCMで見かけなくなった。[一覧に戻る


★佐藤浩市
◎PART-3・52「北帰行」
 三國連太郎の息子。リゲインのCMでおなじみの人。出演当時の芸名は「浩一」。しかし、まさか西部警察に出ているとは思わなかった…! 彼の演じる菅野は、殺人犯でも、憎めないキャラクターだった。最後は籠城した団地の外へ出たところを、本庁の狙撃犯に
射殺されてしまう。団長の「撃つなー!撃つなーッ!!」の叫び声が印象強い。[一覧に戻る


★花沢徳衛
◎PART-3・58「さらば老兵」
 長野県警の老刑事・権藤さんを演じた。イッペイとの掛け合いが実に面白かった。自分が構成させた男が再び殺人事件を起こしたことに怒り、その男を殺そうとする…。[一覧に戻る


★菅井きん
◎PART-3・62「母と子の約束」
 スリの常習犯・”ジャガーのおツネ”を演じた。ふとしたことから親しくなったジョーに「生き別れになった私の息子を捜して欲しい」と頼み、ジョーはそれに応えた。しかし、その男は、ツネの実子ではなかった…。実の子どもではないとわかっていながらも、最期まで必死に母親の愛情を示した。結構、感動的なストーリー。しかし、菅井きんも当時は若いなァ!(^^) しかも彼女はいまだに元気!
NHKの朝の連ドラ「私の青空」にもレギュラー出演していた。[一覧に戻る


★森 昌子
◎PART-3・63「愛と哀しみの銃弾」
 木暮課長の友人・田島の娘・泰子を演じた。彼女は言うまでもなく、山口百恵、桜田淳子とともに「花の中3トリオ」として芸能界デビューした人。歌はスバ抜けて上手く、「第2の美空ひばり」などと言われたが、森進一と結婚してあっさりと芸能界を去った。[一覧に戻る


★原田芳雄
◎PART-3・最終回特番「大門死す!男たちよ永遠に…」
 最終回で大門と対決した国際テロリスト。「鷹の目」という名のテロ集団を率い、日本を壊滅させようとする。大手電気会社の社長を誘拐したり、テレビ局のスタジオに銃を持って乱入し観覧客の少女を誘拐するなど、手段を選ばない悪人ぶりを発揮! 全てにおいてカッコ良い! 原田芳雄は、最終回に相応しい悪役だった。最後は大門に倒される。[一覧に戻る


★中村晃子
◎PART-3・最終回特番「大門死す!男たちよ永遠に…」
 「虹色の湖」のヒットで知られる歌手。最終回ではテロリスト藤崎の女・圭子を演じた。藤崎を倒した後、傷を負いながらも必死で要塞から脱出した団長を撃ったのはこの人。不死身の大門が、まさか女の弾丸によって力尽きるとは…。[一覧に戻る


★宝田 明
◎PART-3・最終回特番「大門死す!男たちよ永遠に…」
 木暮課長の元同僚で、本庁の幹部の役を演じた。宝田明ら本庁の意向に背いて大門軍団は捜査を続行! 激闘の末、藤崎(原田芳雄)率いるテロ集団を倒すが…。[一覧に戻る


★武田鉄矢
◎PART-3・最終回特番「大門死す!男たちよ永遠に…」
 直接、大門軍団と接するシーンはない。当時テレビ朝日で「鉄矢のびっくり特報部」という番組があったようで、彼はその司会者としてちょっとだけ登場する。岡山のテレビ局でこの番組を生放送中、藤崎らテロの集団が侵入! 藤崎らを見て、鉄矢はこう言った。
「な゛んですか、あぁた!?」・・・・(笑)[一覧に戻る

戻る