シャパーダ
ジアマンチーナ

(バイーア州)















シャパーダ・ジアマンチーナは「ダイアモンドの大地」という意味。バイーア州のちょうど真ん中に位置する地域です。最近まで実際にダイアモンドの採掘が行われていました。現在、採掘は禁止されていますが、地中にはまだたくさんのダイアモンドが埋もれています。エコ・ツーリズムの大人気スポットです。






シャパーダ・ジアマンチーナへ行くには:

バイーア州の州都、サルバドールのホドヴィアリア(長距離バスターミナル)からバスが出ています。
宿のある町:
レンソイス、アンダライ、ムクジェ(レンソイスにはたくさん宿があるのでお勧めです。)
サルバドールからレンソイスまで420km
所要時間:約6時間。
料金:30ヘアイス(現在のレートで約1000円)。
バスは毎日出ています(7:00と23:00)。
バス会社:Real Expresso




パイ・イナシオの丘
約600万年前、海の底でした。不思議な形の岩や地層が続いています。








ムクジェジーニョ
滝があちこちに無数にあります。







野生のラン







何気ない平らな土地の地下に、巨大洞窟があります。







ラパ・ドーシ洞窟入り口。とにかく巨大で怖い。







ラパ・ドーシ洞窟内部。ライトをあてるとキラキラ光ります。







ラパ・ドーシ洞窟内部。くらげみたいな形。
シャパーダ・ジアマンチーナにはこんな感じの洞窟がたくさんあり、一体どのくらいの数の洞窟がどこまで続いているのか、まだ明らかになっていません。