∇屁理屈ぬきで一番おもしろかった小説は?

〓〓〓 62票 〓〓〓

【 村上龍 】
愛と幻想のファシズム:::世紀のカリスマ鈴原トウジが日本に革命をもたらす。
●●●●●●●●●◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎○○
コインロッカー・ベイビーズ:::ドラは死ぬ前にこのくらいの小説をもう一本残してくれ!!
●●●●●●●●●◎◎○○
五分後の世界:::政治家としての石原慎太郎が好きで、村上龍が嫌いじゃないなら
●●●●●●●◎◎○○
69(SixtyNine):::この時代に生まれたかったなあ、と。
●●●●●◎◎○
●●◎ 希望の国のエクソダス:::厨房に経済操作ができるか!と思いつつ現実味が有っておもしろい
●○ インザミソスープ:::「インザミソスープ」のような社会派作品はどう?
●● コックサッカーブルース:::文学とは所詮民衆を喜ばすための道具である。
 KYOKO
 エクスタシー
 テニスボーイの憂鬱:::(最初に読んだ時不倫してたので)
 共生虫:::僕らは選ばれた人間なんだ、どんどん人間なんか殺しちまえ
 昭和歌謡大全集:::登場人物みんな電波?でおかしー
 イビサ
 だいじょうぶマイ・フレンド
 ニューヨークシティマラソン
 限りなく透明に近いブルー
 村上龍料理小説集

〓〓〓 53票 〓〓〓

【 宮部みゆき 】は発売されてるのは全て読んだけど、はずれがひとつもなかったなぁ。
火車:::→普通に面白かった。評価がぶっちぎりだったのでちょっと期待しすぎた。
●●●●●●●●●●●●●◎◎○○○○○○○○
模倣犯:::ようこそ模倣犯の世界へ!! http://isweb42.infoseek.co.jp/novel/mohouhan/
●●●◎◎◎◎○
●●●●●○○ 魔術はささやく:::は、スイスイ一気に読めた。
●○○○○○ レベル7
●●●● 蒲生邸事件:::が無い方が不思議。
●○○ クロスファイア:::しかしクロスファイアの映画最悪だったな。
●○ 龍は眠る
 スナーク狩り
 あやし:::最後のお話が特に好きです。
 パーフェクトブルー:::屁理屈抜きで面白い小説って結局、大衆小説なのが残念。
 ぼんくら
 ミルキーウエイ:::彼女の優しさが伝わりますよ。
 心とろかすような
 神無月:::(新潮「幻色江戸ごよみ」の中の)
 本所深川ふしぎ草子
 初ものがたり:::登場する食べ物がものすごく美味しそうで……。
 理由

〓〓〓 47票 〓〓〓

●●●【 中島らも 】中島らもは存在自体が好きだ。
ガダラの豚:::ここを覗かなければ生涯手にすることはなかったであろう。
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●◎◎◎◎◎◎○○○
●●●◎◎◎◎ 今夜すべてのバーで:::和み系なら。酒好きな奴と中高生くらいにオススメする。
●●●●○ 人体模型の夜:::全体に流れる馬鹿馬鹿しさやSF的知識がたまりません
 エキゾティカ
 永遠も半ばを過ぎて

〓〓〓 46票 〓〓〓

【 村上春樹 】
●●●●●●●●●◎◎◎○○ 春樹の小説の中では、いちばん笑えるシーンが多いです。
●●●●●●◎◎◎◎ ノルウェイの森:::あれは恋愛の話しなんかじゃなくて、実存の話しだった。
●●●◎◎ ねじまき鳥クロニクル:::は最高だった
●●●◎◎ 羊をめぐる冒険:::村上作品の中では人気ないのかなー?
●◎◎○ スプートニクの恋人:::、
●◎○○ ダンス・ダンス・ダンス:::叩く人多いけどやっぱり村上春樹はうまいと思います。
●●◎○ 風の歌を聴け
 蛍:::蛍は書き直して出版された物のほうが有名の様ですが、わたしはこちらの方が好きですね
 神の子供たちはみな踊る:::んもう、春樹節炸裂な中でもこれは珠玉品。
 翻訳夜話:::これ読むと、なんか翻訳したくなってきます。
 夜のくもざる
 シドニーのグリーンストリート:::これとっても面白いと思うんですがどうですか?
 アンダーグラウンド
 海辺のカフカ:::最近良かったのは、ありきたりだけど春樹のカフカ。

〓〓〓 43票 〓〓〓

【 司馬遼太郎 】
●●●●●●●●◎◎◎◎◎◎ 燃えよ剣:::歳さんめっちゃかっこよかった。沖田もいいしね。泣いた。
●●●●◎◎◎◎◎◎○○ 竜馬がゆく:::<竜馬がゆく>しかないっしょ。司馬文学の最高峰。
●◎◎○○○ 坂の上の雲:::司馬遼太郎が10年かけて書いた名著。明治維新〜日露戦争に関するすべての本の種本。
●◎○ 項羽と劉邦:::この世界で暮らしたいと思った。
●●◎ 峠:::幕末もの。司馬遼太郎の作品では一番好きだが、なぜかあまり話題にならない。
●◎ 関ヶ原:::は徹夜して読んだ。
◎○ 新撰組血風録:::歴史好きなら。
 国盗り物語:::(特に前半の”斎藤道三”編)
 梟の城:::何気なく読んだらすごく面白かった。

〓〓〓 39票 〓〓〓

【 浅田次郎 】
蒼穹の昴:::うんうん、浅田次郎の「蒼穹の昴」はおもしろい!上下巻、一気に読みました私。
●●●●●●●◎◎◎○○
プリズンホテル:::お前らプリズンホテルをまず読め!!つまらなかったら腹切って詫びてやる。
●●●●○○○○
●●◎◎◎◎◎ きんぴか:::素のままだった初期の頃が一番面白いと思ふ
●●●◎○○ 壬生義士伝:::私の一生もののお薦めは壬生義士伝。心の底から泣きました。
●●◎ 日輪の遺産:::蒼穹の昴もいいけど、やっぱり自分の中では日輪の遺産なんだよなー。
 天国までの百マイル
 勇気凛凛瑠璃の色:::とかシリーズもムチャクチャ面白い
 シェエラザード:::浅田だったらシェエラザードだろ!?。あのきれいなストーリー。
 霞町物語:::霞町物語最高だった。あんな小説書きたいよ。理想だね。影響された作品No,1

〓〓〓 32票 〓〓〓

◎◎【 太宰治 】でもやっぱり面白さのチャンピオンは太宰だよな。
●●●◎◎◎◎◎○ 人間失格:::主人公と自分が似すぎてた。むしろ嬉しかった
●●●◎○ 斜陽:::ベタですけど一番好きかもしれないっす
◎◎◎○○ 正義と微笑:::個人的には「正義と微笑」の兄弟のやりとりがすごく好き。
●◎○ 御伽草子:::俺の文学に対するイメージをひっくり返した。
◎◎◎ パンドラの匣
●◎ グッド・バイ:::を読んで、私と同じ気持ちになってほしい(笑)<読めばわかります
●◎ 晩年:::がいちばん好き。
 女生徒
 皮膚とこころ:::このおんなのひと、すごくかわいいとおもう
 葉:::太宰好きなんて恥ずかしくて人に言えない
 ダス・ゲマイネ
 トカトントン
 愛と美について
 新釈日本諸国噺
 親友交歓
 走れ!メロス
 津軽
 新樹の言葉

【 宮本輝 】
●●◎◎◎○○○ 青が散る:::青春一直線のお話なので好みが分かれると思います。
●●◎◎○ 避暑地の猫::: 純文学ながら推理小説的手法を取り入れた傑作ですね。
●◎○ 錦繍:::部屋の模様替えをしていたら、テレビの裏から埃まみれで発掘された。
●○○ 星々の悲しみ:::宮本輝なら「星ぼしの悲しみ」かな、うまいなあと思ったから。
●○○ 泥の河:::切なかった。本読んで久しぶりに泣いた。
●● 流転の海 シリーズ
●○ 彗星物語:::これを読むといつも、飼っていた犬が死んでしまったときを思い出す
◎○ 優駿:::輝っちなら「優駿」が好きだ。「泥の川」もいい。
○◎ オレンジの壷
○○ ドナウの旅人:::私は個人的には、「ドナウの旅人」が好きかな。
 道頓堀川:::喜怒哀楽の向こう側にある透明なもの、それが豊かさ
 異国の窓から:::外国人のことを日本人と大して変わらないんだなあ と感じられるようになった
 海岸列車:::「意気に感じて命を捨ててもいいと思うのは男だけかい?」
 草原の椅子

〓〓〓 30票 〓〓〓

【 貴志祐介 】は全部傑作。もっとたくさん書いてほしい。
クリムゾンの迷宮:::バトルロワイアルを面白いと思った人にとっては、「クリムゾンの迷宮」も相当おもしろい。
●●●◎◎○○○○○○○
黒い家:::クリムゾンの迷宮もさることながら、それよりも面白いと思った。ていうかけっこうこえーな。
●●◎◎◎◎◎◎○○○
●●●◎◎◎◎ 青の炎:::青の炎は最後泣きそうになった。(未成年なんで)
●●◎ 天使の囀り
 ISORA:::ISORAは面白いよ。B級ホラー好きなら好みだと思う。

【 筒井康隆 】かな。
●● パプリカ:::(というか作品全部)
●◎ ロートレック荘殺人事件
●● 驚愕の曠野:::いわゆるメタフィクションなんだけど、エンタティメントとしてもちゃんと読めて
●○ 幻想の未来:::もう一度読み返しているんだが。これは凄いSF小説だと今頃びっくらこいている
●◎ 七瀬ふたたび:::最初のページでぐぐっと引き込まれてしまい…
●◎ 俗物図鑑:::いろんな評論家が集まって一世を風靡する話。でも最後はちょっと泣ける。
●◎ 東海道戦争:::虚構船団と迷ったけど..やっぱりこの方がショックでかかった
●● 旅のラゴス:::伝説を求めた主人公が後半では自分が伝説となっていくという展開にシビれました・・
◎○ 時をかける少女:::小学6年のころ、初めて読んだときみたいな、あんな気持ちをもう一度味わいたい…
◎○ 大いなる助走:::が好きだな。
◎◎ 農協月へ行く:::農協〜の源三「なかなかやめへんぞ」大笑いした。
 エンガッツイオ司令塔:::短篇集です。中でも[乖離]はお勧め。
 カメロイド文部省:::大爆笑いたしました。(遠い目・・・)
 虚構船団
 残像に口紅を:::・・・すっごい強引で笑える。
 朝のガスパール
 敵:::悠々自適の生活の中、深く静かに迫り来る痴呆と死の影。
 夢の木坂分岐点:::ドタバタで深層意識が絡むところが似てる
 家族百景:::テレパスのお手伝いさん、七瀬シリーズの一作目。
 私説博物誌:::実在の動植物について筒井さん独特の視点で解説した物。
 男達の描いた絵:::やくざの男達が主人公の短編集。トヨエツ主演で映画にもなったやつ。
 日本列島七曲り
 馬の首風雲録:::筒井の娯楽作品で一番心底から楽しめたのは
 富豪刑事
 薬菜飯店:::短編集だけど、下品なのにほんとスカッと爽快という感じで面白かった。

〓〓〓 27票 〓〓〓

【 東野圭吾 】
白夜行:::カバーが目に染みる黄色って所が難点
●●◎◎◎◎◎○○○○○○
●●○○ 秘密:::東野圭吾なら「秘密」が最高に面白かった!
●●○○ 変身:::がよいです。
●○ パラレルワールド・ラブストーリー
 あの頃僕らはあほでした
 悪意
 仮面山荘殺人事件:::すごいドンデン返しが用意されている。
 虹を操る少年:::音楽を光で奏でる「光楽」を操る少年の物語です。
 どちらかが彼女を殺した:::クライマックスの展開がスリリング
 宿命:::面白いと思いました。
 片想い:::おれは「片想い」の方が良かった

〓〓〓 26票 〓〓〓

●●【 スティーヴン・キング 】はどれも面白かった。
●●●●◎○ グリーン・マイル:::(映画はクソだけど小説はいい)
●◎○○ IT:::ここでは話題になってないけど、「IT」を読んでるときは会社サボったなー。
●●○ ペット・セマタリー:::奥が深いホラー。人間の死について考えさせられる。ただ怖いだけじゃないって感じ。。
○○○ クリスティーン
●◎ スタンド・バイ・ミー:::(映画も大好きだった)と
●◎ バトルランナー:::「原題・RUNNING MAN」正にノンストップ・ノベル。
●● ミザリー:::は確かに恐い!本当に、恐い話は、化け物が出てくる話じゃなく、人間の方がよっぽど恐い!
●● 刑務所のリタ・ヘイワース:::(映画名・ショーシャンクの空に)
○○ シャイニング:::ただしキングの作品は冒頭が冗長なので、「屁理屈抜きで…」に推挙するのはちょっと
 ゴールデンボーイ:::がよい、怖い。映画はガックシでした。
 トミー・ノッカーズ:::キングのはどれも夢中で読むけどトミー・ノッカーズは、あのシャイニングより面白かったです。
 呪われた町:::夜中にトイレ行くのが怖くなった本は、大人になってからこれが初めて。
 痩せゆく男

【 高村薫 】
マークスの山:::ページをめくるのがもどかしいけど、終わって欲しくない。
●●●●●◎◎◎○
●●●◎○ レディ・ジョーカー:::ひたすら圧倒された。合田3部作の完結編
●○○○○ 黄金を抱いて飛べ:::大阪がよく書けてる。
●●○ リヴィエラを撃て:::高村薫の作品はどれもこれも理屈抜きでおもしろいのですが、一番はリウィエラ。
●●◎ 李歐:::なんかがおすすめです。
●◎ 照り柿
 神の火:::エンターテイメントとして秀逸。

〓〓〓 25票 〓〓〓

【 高見広春 】
バトルロワイアル:::は相当おもしろい。文学的な価値は置いといて、ただおもしろいということにかけては、
●●●●●●●●●◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎○○○

〓〓〓 23票 〓〓〓

【 ドストエフスキー 】
罪と罰:::ラスコーリニコフの馬鹿っぽさがたまりません!!!
●●●●◎◎◎◎○○○○
●●○○ カラマーゾフの兄弟:::個人的には一番続きを読んでみたかった小説。
●○○ 虐げられた人々
●●◎ 地下室の手記:::超自意識過剰
●○ 悪霊:::息もつかせぬ政治スリラー、思想小説であるとともに、筒井康隆もびっくりのドタバタコメディー。
 白夜
 賭博者

【 山崎豊子 】
●●●●◎◎○○○ 白い巨塔:::モデルとなったのが阪大医学部のK教授だったっけ。
●●◎◎○○○○ 大地の子:::中国残留日本人孤児の話。
●◎◎ 沈まぬ太陽:::久々に読んでて泣きそうになった。
●●○ 不毛地帯
●◎ 女系家族:::読んでいる間関西弁でものを考えている自分に気づいた。

〓〓〓 22票 〓〓〓

●●【 夢野久作 】かなりいいね。2ちゃんに来るまで知らんかったけど、ちくま文庫の全集を一気に読破してしまった
●●●●●●●●●◎◎◎ ドグラ・マグラ:::こわいよ。これは。自分の感覚が信じられなくなるようで。
●● 押絵の奇蹟
●● 瓶詰地獄:::ドグラマグラも好きだが、これを初めて読んだ時の衝撃ったらなかった
 あやかしの鼓
 悪魔祈祷書:::夢野、私は押絵の奇跡がすき。
 白髪小僧
 霊感:::百年前の感性じゃないと思う。確かに澁澤が和製ホフマンと評するだけはあるな。
 犬神博士:::「ドグラ・マグラ」ばかり有名だけど、私はこちらの方が断然面白いと思う。
 死後の恋
 いなか、の、じけん:::著者の作品では個人的にはこれが一番好き。

〓〓〓 21票 〓〓〓

【 安部公房 】
砂の女:::砂丘に囲まれた謎の砂の家に閉じ込められた男の話。何よりもその世界観、文章がきれい。。。すごい
●●◎◎◎◎○○
●●●◎◎ 箱男:::とか、皮肉、ネガティブ最高。現実がわかんなくなるね。
●◎ 他人の顔
●◎ 燃え尽きた地図
◎◎ 方舟さくら丸
 第三間氷期
 R62号の発明
 密会:::ロリコン野郎!とか言わないように。少女よりもあの靴のほうが僕は欲しい。
 闖入者
 壁

〓〓〓 20票 〓〓〓

【 京極夏彦 】
●●◎○○○○ 姑獲鳥の夏:::→この手の話すごい好きです。他のシリーズも見てみようと思います。
●◎◎○○ 魍魎の匣:::名文・名セリフの宝庫。ミス板に京極小説専用のコピペスレが2つも出来てるほど
●◎◎◎ ルー=ガルー:::スーパー面白い!!これまでの妖怪シリーズとはまったく違う作品。
●◎○ 嗤う伊右衛門:::四谷怪談が切ないラブストーリーになってて。ラストは一緒なみだはらはらですが。
 鉄鼠の檻
 妖怪シリーズ:::特に5作目の「絡新婦の理」までが良いです。

●◎【 花村萬月 】全部
●●◎◎◎○ ブルース:::すんごくせつなくて、えがったない。なぁ、とっつぁん。
●◎◎○ ぢんぢんぢん:::・・メシ食わず、便がまんして読んだ。
●◎◎ 二進法の犬:::おもろかった。ってドキュソな感想でごめんなさい。内容忘れた。
●◎ 皆月
●● 笑う山崎:::893ものなんだけど、カコイイ。山崎、いい男だ
◎◎ 鬱:::疑問がある。でも読みごたえがあり、相当に面白かったのはたしか。
 重金属青年団:::がよかった。
 イグナシオ:::なかなかに面白かった。永山郁生の影響が有るのかな。
 なで肩の狐
 欝

〓〓〓 18票 〓〓〓

【 小野不由美 】にどっぷり。
十二国記 シリーズ:::食わず嫌いな人が多いと思う。私も最初買うの恥ずかしかった。でも、絶対いいとおもう。
●●●●●●●◎◎○
屍鬼:::絶対にオススメです!死人を土葬にしている村で起こる悲しくて生々しくて本当に怖いお話です。
●●●◎◎◎◎◎
 魔性の子:::講談社文庫で出てくれて買いやすくなった・・・

〓〓〓 17票 〓〓〓

●●【 江戸川乱歩 】江戸川乱歩シリーズをワクワクドキドキしながら読んだ記憶が。
●◎○ 陰獣:::乱歩は探偵モノよりも、怪奇・幻想・耽美的作品のほうが百倍いいと思う
●●○ 孤島の鬼:::乱歩の作品では、個人的にナンバ−1。
 芋虫:::ド変態。
 心理試験
 赤い部屋
 白髪鬼
 蟲
 影男
 黄金仮面:::乱歩の作品の中で、あんま評価されていないけど自分にとっては最高のエンターテインメント。
 鏡地獄:::乱歩は短編が素晴らしい。俺的神。
 人間椅子:::オモロイ。一気に読んだ。
 パノラマ島奇譚:::ぬかるんでいてあざとくて切ない

【 アゴタ・クリストフ 】
悪童日記:::続編も好き。どんどん暗くなってくのさ。
●●●●●●●●●●●
◎◎◎◎○○
 ふたりの秘密
 第三の嘘

〓〓〓 16票 〓〓〓

【 ミヒャエル・エンデ 】
はてしない物語:::これを超えるファンタジ―っていまだに無いと思う。
●●●●●●●◎◎◎○
●●●○ モモ:::ユンデのモモって既出?
●○ 鏡の中の鏡:::言葉の美しさって凄いと思った。

【 真保裕一 】
●●●◎◎◎○ 奪取:::宿命的に偽札作りに取り組み始める中盤以降の怒涛の展開が良い。
●●●◎○ ホワイトアウト:::主人公の弱さに惹かれました。ちょっと泣きました。
◎◎◎ 奇跡の人:::は一気に読めた。最後、主人公の考えと行動には納得いかなかったけれど。
 ダイスをころがせ!:::金なし、知名度無し、地盤なし選挙戦に挑む、大人の冒険小説。

【 田中芳樹 】
銀河英雄伝説:::屁理屈抜きに!でしたね。そういうことなら銀英伝です。
●●●●◎◎◎◎◎○
○○ 銀河英雄列伝:::あぁあと、これもはまったなぁ。http://homepage2.nifty.com/daimyoshibo/sf/ghs2.html
●● 創竜伝
 マヴァール年代記
 七都市物語
 薬師寺涼子の怪奇事件簿:::涼子の破天荒な活躍が爽快!

【 谷崎潤一郎 】
●●◎○○ 細雪:::はかなさ、というか情景がうかんでくるような描写が好き。
●●◎○○ 痴人の愛:::(;´Д`)ハァハァ
●◎◎◎ 春琴抄:::短編だけど大作を読んだような充実感。全編に漂う寂寥感がイイ。
●● 鍵:::「ここで全て白状することにしよう」という妻のセリフにしびれる。

【 帚木蓬生 】
閉鎖病棟:::電車で読んでいたのに不覚にも涙ぐんでしまった作品。
●◎◎◎◎○○○
●◎◎○ 臓器農場:::是非読んでみてください。「閉鎖病棟」とはかなり趣が違いますが
●○ 三たびの海峡:::戦時中に日本が、どれだけ酷い事を、朝鮮の人たちに対して、行ってきたか、胸が痛くなりました。
●● 逃亡:::やっと出たか、俺も逃亡に一票。
 総統の防具(文庫改題:ヒトラーの防具):::精神医学の観点も取り入れて物語が進んでいくので新鮮でした。

〓〓〓 15票 〓〓〓

【 ジョン・アーヴィング 】は面白いと思います。
ホテル・ニューハンプシャー:::最近これ読んで「グレートギャッツビー」読みたくなったんだけど翻訳が全く違うんだよね。
●●●◎◎◎○
●●●◎ ガープの世界
◎◎ ウォーターメソッドマン:::ジョン・アーヴィングは全部よいよ。
 オウエンのために祈りを:::これが一番好き。かなりはまっていつも持ち歩いてた。
 サイダー・ハウス・ルール
 未亡人の一年

【 吉川英治 】
●●●●●●◎ 宮本武蔵:::解説不要のおもしろさ。
●●●◎○○ 三国志:::三国志かなやっぱり。原書まで買っちゃったぐらいだし。(#!)
●◎ 新・平家物語:::もヨイ。泣ける。
 私本太平記

〓〓〓 14票 〓〓〓

【 酒見賢一 】
後宮小説:::考証がちゃんとしてあるように見えて、そっくりそのままホラ話だったり
●●●●●●○○○
●○ 陋巷に在り:::単行本にして全13巻、ようやく完結した。
 ピュタゴラスの旅:::という短編集ですかね。読んでて、生まれてはじめて位の衝撃を受けたような記憶アリ。
 聖母の部隊:::酒見賢一の(個人的に)一番面白い本。ファンタジー系です。
 墨攻:::古代中国には戦争のための技術を研究する集団があった。

【 アレクサンドル・デュマ 】すべて
●●●●◎◎○○ モンテ・クリスト伯:::ジャニナ総督の姫エデが復讐の法廷にたつシーン、…他、どれも圧巻。
●◎◎◎○ ダルタニャン物語(三銃士):::一般に三銃士と言われている部分は1巻と2巻ですが、むしろその後の方が

【 夏目漱石 】
●●●◎○ こころ:::面白かったです参りましたって思った。
●●◎○○ 坊ちゃん:::旧仮名遣いの本で読むと字面や表現だけで腹をかかえて笑える。凄い。
●◎○ 我輩は猫である:::自分の中の最高傑作は『我輩は猫である』。これは揺るがない。
 道草:::なんかどう?あと夢日記みたいなのありましたよね。あれも良かった。
 彼岸過迄

【 藤原伊織 】
●●●●●◎◎○○ テロリストのパラソル:::暗い話なのにそれを感じさせない軽快なセンテンス。久々のヒットでした。
●◎◎◎ ダックスフントのワープ:::俺はテロパラよりこっちの方が好き。
 てのひらの闇

【 ガルシア・マルケス 】
百年の孤独:::ことばの力を再認識した。
●●●●●◎◎◎◎◎◎○
 愛、その他の悪霊について:::ちょっと難しいが何度もよんで楽しめる!
 予告された殺人の記録

【 三島由紀夫 】
●◎◎○ 仮面の告白
●●○ 春の雪:::(人生で初めて小説を読んでショックを受けた。当時中学生)
○○○ 潮騒:::もー大好き!初江も新治も純粋でかわいい。
●● 三島由紀夫のレター教室:::手紙でつづる話の展開が新鮮でした。氷ママ子(45歳)が良い。
◎○ 憂国:::状況描写がタマラン。
 午後の曳航
 金閣寺
 愛の渇き
 宴のあと
 美しい星:::これはまだ出てないだろう。

【 隆慶一郎 】
●●◎◎◎◎○ 影武者徳川家康:::利害関係の妙が面白い。
●◎◎ 一夢庵風流記:::…にしとこ。良い意味で若い文章って感じた…。
●◎ 吉原御免状
●◎ 死ぬことと見つけたり
 かくれさと苦界行
 花と火の帝:::未完でなければ……

〓〓〓 13票 〓〓〓

【 ジェフリー・アーチャー 】
●●◎◎○○○○○ ケインとアベル
●● ロシア皇帝の密約:::基本的に翻訳物はキライだが、これは素晴らしい
●◎ 百万jを取りかえせ!
 ロスノフスキ家の娘
 大統領に知らせますか?:::(旧版)

【 遠藤周作 】
●◎○ 海と毒薬:::彼のは前半作品のほうがいい。年とったら、筆に勢いがない。
●● わたしが・棄てた・女
●● 悪霊の午後:::あたしとしては驚異の早さ、1日半でよみとーした。
●○ 沈黙:::遠藤周作、俺ならば沈黙か侍を推すがな。
◎◎ 深い河
 狐里庵 シリーズ
 侍:::遠藤周作、俺ならば沈黙か侍を推すがな。
 女の一生
 真昼の悪魔:::遠藤先生はキリスト教系が主な作品だけどサドとマゾについても勉強されててすごい!の一言です。
 王妃マリーアントワネット:::一気に読めました。これで遠藤周作ファンになりました。

【 鈴木光司 】全般
●◎◎◎○○○○ リング:::リングを読んだららせんを読まずにいられなかった。
●◎○○ らせん:::らせんを読んだらループを読まずにいられなかった。ループを読んだらどうでもよくなった。
●●○○ 楽園:::個人的には、「リング」や「らせん」なんかより数百倍面白かったんだけど。
○○ ループ
 光射す海:::はイイ!俺的には「楽園」よりよかった。

【 夢枕獏 】
●●○○○◎◎◎ 神々の山嶺:::コレ読んだら山男に憧れるマジで。
●◎ 陰陽師
◎◎ 上弦の月を食らう獅子:::螺旋と時間の解釈とかのとこが面白かった。
 牙鳴り
 餓狼伝

【 吉本ばなな 】の初期作品は難しいこと考えないでひっそり感動できる。
●●◎◎○ TUGUMI:::数年経った今、主人公と同じ年齢になったけど未だに好きな小説。
●◎○ 哀しい予感:::ふしぎな感覚がします。恋愛っていいなと思います。
●○ アムリタ
 キッチン
 ハチ公の最後の恋人
 ムーンライトシャドー:::キッチンのおまけ
 NP

〓〓〓 12票 〓〓〓

【 ダニエル・キイス 】
●●●●●●●◎◎○○ アルジャーノンに花束を:::知能遅れの男が、天才的な頭脳と引き換えに失ったものとは・・・・。
 24人のビリー・ミリガン:::やっぱり、超ベストセラーだが、

【 船戸与一 】
●●◎◎◎◎ 猛き箱舟:::とにかく面白かっただ。オラには完全にカッチリとハマッタ
●◎○ 砂のクロニクル:::最高傑作。ハジが女を買う所なんかマジで惚れる。
●◎◎ 山猫の夏:::既出だろうがなんだろうが何度でも言ってやる。山猫の夏!
●◎ 蝦夷地別件
 夜のオデッセイヤ:::と続き、最近の「虹の谷の五月」に至るまで、
 伝説なき地
 虹の谷の五月

【 山田詠美 】エィミ・タン全部おもしろい。どたばたしてる。女の人向けだけど。
●●○ 僕は勉強ができない:::主人公の祖父が、特に好き。こんな家族関係が理想。
●● 蝶々の纏足:::エイミーの外人ラブ物語は苦手なんだけど、これはカナリ好き。
 トラッシュ
 ひざまずいて足をお嘗め
 ひよこの眼
 色彩の息子
 マグネット
 ラビット病
 放課後のキィノート

〓〓〓 11票 〓〓〓

【 小池真理子 】
●●●●●◎◎ 恋:::(個人的に一番大切な小説)
●● 冬の伽藍:::(とにかく切ない)
 仮面のマドンナ:::これって、あんまり好きな人いないのかな。私の周りの小池さん好きな人達の間でも話に上らない。
 墓地を見下ろす家
 蜜月

【 坂口安吾 】
●◎◎◎ 桜の森の満開の下:::エンターテイメント系の現代小説に飽きた人に読んで欲しい。
●● いづこへ:::文体もかっこいい。
●● 青春論
●◎ 堕落論
◎◎ 私は海を抱きしめていたい:::一番好きなのはこれでっす。これは、激オススメですよ。
◎◎ 白痴
 私は誰?
 青鬼の褌を洗う女
 石の思い
 不良少年とキリスト:::エッセイはこれが好き。
 夜長姫と耳男:::も傑作だと思います。

【 佐藤賢一 】
●◎○○ 傭兵ピエール:::昨夜一晩徹夜した
●○○ 双頭の鷲
●○ カルチェラタン:::が個人的におすすめ。青春ってかんじ。若い頃思い出して、泣けた。
●◎ ジャガーになった男:::も面白かった。この人の書く可愛げのある男主人公が好き。
●○ 二人のガスコン:::ダルタニャンすげえかっこいい。
 2人のガスコン
 王妃の離婚

【 馳星周 】
●●●●◎◎○○ 不夜城:::文学ではないだろうけど、単純におもしろかった。何度も読み返してしまう。
 不夜城2・鎮魂歌
 漂流街
 夜光虫

〓〓〓 10票 〓〓〓

【 有吉佐和子 】
●◎ 華岡青洲の妻:::母と嫁が、水面下でえらいことになってます。ケコーンコワイ・・・
 恍惚の人:::ついうっかり明け方まで一気読みした。
 木瓜の花:::主人公の正子の、芯が通ってて、でも可愛らしい気質が大好き
 芝桜
 乱舞
 連舞
 非色:::第二次世界大戦後のハーレムで暮らす黒人のアメリカ兵の夫をもつ日本人女性が主人公の小説。
 紀ノ川:::
 出雲の阿国

●◎◎【 シドニイ・シェルダン 】:::新潮文庫のシドニー・シェルダン。アカデミーのよかずっといいぞえ。図書館で読むべし
●●◎ ゲームの達人:::読み終わった後寂しくなる
◎◎ 女医
 天使の自立
 真夜中は別の顔
 時間の砂::: :::修道院から逃げ出した4人の女性と、ギャングのその後の人生、脱走劇

【 篠田節子 】
◎◎○ 女たちのジハード:::女の人のほうが共感できて、「がんばろう」って気にさせられる。
◎○○ 夏の災厄:::マジ怖かった。読後は考えすぎと思っても普段の生活が怖くなった。もう二度と読まない・・
●● 弥勒
 ゴサインタン〜神の座
 ハルモニア
 聖域
 子羊:::未来の牢屋の中のお話。15歳の少女の話。ネタはいえないけどもう感動・・
 美神解体
 神鳥−イビス−

【 島田荘司 】
●●●◎ 異邦の騎士
●●●◎ 占星術殺人事件:::…って板違いか
 奇想天を動かす::: :::そんなこと実際ありえないだろ、思いながらもおもしろかったのが
 踊る手なが猿:::一番おもしろかったのは作者不明、「御手洗潔」が出てくるやつです。
 切り裂きジャック:::百年の孤独

【 パール・バック 】
●●●●◎◎◎○○○ 大地:::いけすかない国語の教師がすすめた長編だったが、あまりにも面白くてあっという間に読んでしまった。

【 藤沢周平 】
◎◎○○○○○ 蝉しぐれ:::僕のなかでは最良の作品です。未読の方是非御一読を。
●◎ 用心棒日月抄
 闇の傀儡師:::中学校の時、図書館で表紙などがぼろぼろの本をかりて、読んで興奮した。

〓〓〓 9票 〓〓〓

【 阿佐田哲也 】
●●◎◎ 麻雀放浪記:::麻雀が分からない人でも絶対楽しめる。
●◎◎ 怪しい来客簿:::阿佐田哲也もいいけどこっちも。
 次郎長放浪記:::角川文庫から出ましたね。
 ドサ健ばくち地獄

【 大沢在昌 】
●●◎○ 新宿鮫::: :::同じく新宿鮫、「毒猿」以外にそれぞれ一票!
●◎◎ 新宿鮫U毒猿:::(Vと直木賞とったWは余り好きではない)
 新宿鮫V屍蘭:::なめてかかったけど、すごい傑作だった。
 新宿鮫W無間人形:::(←直木賞受賞作)
 天使の牙:::大沢は鮫もいいけど、この話はなかなか面白かった。
 走らなあかん夜明けまで

【 大槻ケンヂ 】
グミ・チョコレート・パイン:::チャリで家路につきながら「カーペンターズは好き?」と何度も呟く場面がせつない。
●●●●●○
●●◎ 新興宗教オモイデ教
 くるぐる使い:::先生!僕も狂わしてつかーさい!!

【 北方謙三 】
◎◎ 眠りなき夜
 風待ちの港で
 罅・街の詩:::北方の文章に初期のシンプルさ、剛直さが戻ってきたという感じ。
 さらば荒野
 逃れの街::: :::北方謙三の「逃れの街」だな。とにかく良かった。
 三国志:::も、面白かったです。曹操が死ぬシーンには泣けました。
 皹
 檻

【 A・J・クィネル 】
●●●● クリーシィー シリーズ:::いいよねぇ、、カコイイ。もっと評価されてもいいのに。
●◎ スナップ・ショット:::イラクの原子力施設に対するイスラエルの爆撃を題材にしたスリラー。
●● 燃える男::: :::無条件っていうと、サスペンス系になっちゃうかなぁ。
 メッカを撃て:::
 イローナの4人の父親

【 島田雅彦 】
○○ やけっぱちのアリス
●● 天国が降ってくる:::おおー初期島田雅彦私も好きや―。
◎◎ 自由死刑:::好きなんだけど。
 大道天使、声を限りに
 僕は模造人間
 彼岸先生:::(・∀・)イイ!
 夢使い

【 原田宗典 】
●●◎◎○ スメル男
●● 十九・二十::: :::エッセイとは違いすばらしい。
 平成トムソーヤー:::今再読に耐えるかは疑問だけど、高校生の私ははまった。
 何者でもない:::とかスゲ好きだったかな。小さな劇団員の話。
 気合レンジ:::だろ。いかつり漁船に密航
 考える人

●◎【 山本文緒 】・・・全部。登場人物にいいひとが殆どでてこない。みんな癖がある。誰もが持つてる人間の歪を書くのが上手い。
◎◎ ブラック・ティー:::山本文緒さんの小説ツボでした、全て購入して読んだ。
 パイナップルの彼方
 眠れるラプンツェル:::
 みんないってしまう
 プラナリア:::・・この人の作品はまったりしてていいね〜
 落花流水:::よかったです。
 恋愛中毒

【 吉村昭 】
●○○○ 高熱隧道:::トンネル掘の男たちの壮絶な半ドキュメント。
◎◎○○ 漂流:::映画、キャストアウェイよりも面白かった・・・。と言うか、陳腐な比較なんだけどね。
○○○ 羆嵐:::「少しだ」「少し?」「おっかあが、少しになっている」ただただ圧倒されて下さい。
 ポーツマスの旗
 零式戦闘機
 海の史劇
 戦艦武蔵
 陸奥爆沈
 破獄
 破船

〓〓〓 8票 〓〓〓

【 江國香織 】
●●○ きらきらひかる
●○ ホリー・ガーデン:::ははまった。既出?
 ぼくの小鳥ちゃん
 神様のボート::: :::とても静かに時がすぎてゆく・・・お風呂で読むとなぜか癒されていく・・・
 流しの下の骨:::!もう50回くらい読んだかなあ。なんだかすごくいいです。
 デューク::: :::エクニ・カオリさんの短編集(題名ド忘れ)の中の「デューク」よかった。

【 大江健三郎 】
◎◎◎ 飼育:::私は、再読の時はサスペンス小説として読みました。
 我らの狂気を生き延びる道を教えよ
 みずから我が涙をぬぐいたまう日
 日常生活の冒険:::氏の文体が好きじゃ無いとちょっとしつこい。でもオススメ。
 治療塔惑星:::正直、大江健三郎の「治療塔惑星」。感動して壁に叩きつけて本がバラバラになった逸品
 性的人間:::

【 恩田陸 】
●○ 三月は深き紅の淵を:::恩田好きにおすすめの本教えてください。激しく読書がしたい今日この頃・・・
●● 光の帝国:::←続編熱望
 上と外:::あれの5巻っていつ出るの?
 月の裏側
 ライオンハート:::この人の書くロマンスは好きです。
 麦の海に沈む果実:::最高!!

【 北杜夫 】
◎○ 船乗りクプクプの冒険:::面白かったと言えばこれしかない
●● 楡家の人々::: :::が出てないようだが・・・・
 さびしい王様
 もぐら
 どくとるマンボウ青春記:::<あえて航海記ではなくこっち。
 ドクトルまんぼう航海記:::小学生の時、腹痛くなるまでワロタ。

【 ディーン・R・クーンツ 】
●●●●◎○ ウォッチャーズ:::さいこー。ゴールデンレトリバー飼いたくなりますね。
 ストレンジャーズ
 ファントム

【 ケン・グリムウッド 】
●●○○○○○○ リプレイ:::同じ期間の人生を何度も繰り返すことになった男の話。へらぼー面白かった。徹夜してもうたがな。

【 ロバート・ゴダード 】
◎○○ 闇に浮かぶ絵:::これはもう本当に、面白かったです。よくこんな話考えつくなぁと感心します。
●◎ 千尋の闇:::はどうですか???
 さよならは言わないで
 一瞬の光のなかで:::鳥肌が立つほどに美しいストーリーやと思う。
 蒼穹のかなたへ:::は良かったよ。

【 J・D・サリンジャー 】間違いない。
●●◎○○○ ライ麦畑でつかまえて:::この本がわからなくなったら年だね、つうか成熟したってことかも
 ナイン・ストーリーズ

【 瀬名秀明 】
●◎◎◎○ ブレイン・バレー:::これで、この作家が好きになり、「八月の博物館」を読む。つまらなかった。
●● 八月の博物館
 パラサイト・イヴ

【 西村寿行 】
◎◎◎ 捜神鬼:::おまいら西村寿行(じゅこう)御大を知らんとはふざけすぎです。
 鬼の跫
 症候群:::ああ、妖獣鬼いいね。あの運転手がいたでしょ、あのおっさんが単純いい人バカで面白いね。
 荒ぶる魂:::寿行の動物ものはマジいいっすよ。「風は凄愴」「荒ぶる魂」もいい。
 風は凄愴::: 読んだ人がいるとは…あまりに驚いて、自分の自作自演レスかと思っちゃったyp
 旅券のない犬:::この人の動物への優しささえ感じさせる文体大好き。
 学歴の無い犬:::寿行の犬物なら「学歴の無い犬」ではないでしょうか。
 咆哮は消えた:::犬物ではないのですが、ニホンオオカミと逃亡潜伏中の殺人犯、それを追う刑事とマタギの話。
 滅びの宴:::古い作品だけど騙されたと思って読んで見て欲しい。正に屁理屈抜きで面白い。
 滅びの笛

【 ロバート・A・ハインライン 】
●●◎◎○○○ 夏への扉:::SF板へ逝けと言われそうですが・・・終わり方がすっきりしてて気持ちいい。
 人形つかい:::「夏への扉」と大概の人は言うだろうから

【 氷室冴子 】
●●●◎ 海がきこえる:::アニメの影響はありませんぜ
●●○ なんて素敵にジャパネスク:::女の子むけなきもしますが・・・・
 さようならアルルカン:::大人になってから又読んでしまった。
 ざ・ちぇんじ!:::平安時代物の恋愛小説・・・になるのかな?女の子におすすめ。

【 フレデリック・フォーサイス 】
●◎◎◎ ジャッカルの日:::感動したというより、驚愕したクチです。
●●◎ オデッサ・ファイル
 悪魔の選択
 ネゴシェーター:::
 神の拳

〓〓〓 7票 〓〓〓

【 池澤夏樹 】
◎○ マシアス・ギリの失脚
 花を運ぶ妹
 帰ってきた男:::帰ってくるか、こないか、人によって意見が分かれる。私は帰ってきてしまうと思う。
 スティル・ライフ
 夏の朝の成層圏:::夏休みになると必ず1度は読む。人に薦めまくった。
 骨は珊瑚、眼は真珠

【 池波正太郎 】
●●◎ 鬼平犯科帳:::理尽くめでは割り切れない「人間」を描いてるところが好き。
●●○ 真田太平記:::最近、池波正太郎にはまってしまった。
●● 剣客商売::: :::古本屋を回って全巻そろえた。知らない間に母ちゃんもはまってた。こずかいくれた。
 真田騒動:::
 雲霧仁左衛門:::(池波ファンの方マニアックでスマソ)

【 ポール・オースター 】
●●● ムーン・パレス:::深い余韻が残る絶品の青春小説
●◎◎ リヴァイアサン:::よくこんなに複雑なはなしをおもいつくものだと
 鍵のかかった部屋

【 アルベール・カミュ 】
●●◎◎○○ 異邦人:::妙に主人公に自分を重ねて読んだ。感情移入して読むもんかどうか知らないけど。
 シーシュポスの神話
 カリギュラ
 ペスト

【 小松左京 】
●●○ 果しなき流れの果に:::泣けた。
 ???:::小松左京の本で、男の子と女の子がひたすらトンネルを歩いていく話。名前は忘れた。
 見知らぬ明日
 神への長い道
 日本沈没::: :::ほんとに命を張って頑張る男どもについ落涙しちゃうんだよ。

【 重松清 】
●◎ ナイフ:::いじめを題材にした短編集。当事者である被害者・加害者の視点から書かれている。
 桜桃忌の恋人:::「日曜日の夕刊」に収録。軽い文体で笑えるんだけど、それでいてしっかり感動できる
 半パンデイズ
 流星ワゴン
 舞姫通信
 エイジ:::エイジは自分の中学時代の生活を思い出してたまらんかった。
 熱球

【 ダン・シモンズ 】
●●●○○ ハイペリオン:::屁理屈ぬきで一番おもしろかったのはコレ。
●●● ハイペリオンの没落:::かな
 殺戮のチェスゲーム:::シモンズは「ハイペリオン」よりも「殺戮のチェスゲーム」がいい!

【 白川道 】
●◎○○○ 天国への階段:::1段落ごとに、なにかが起きるからはらはらする。昼のメロドラマ好きにはいいかも。
 海はかわいていた
 流星たちの宴::: :::読んでるうちに登場人物の名前を忘れてしまう。でも、けっこうすき。
 病葉流れて::: :::が好き。麻雀小説だけど、麻雀わからなくても青春小説として楽しめると思う。

【 高橋克彦 】
◎◎○ 写楽殺人事件:::謎を解いていく過程がわかりやすくかつ想像がつかず、素直に面白いと言える
◎◎ 緋い記憶:::記憶がテーマの短編集ということで、不条理な恐怖がじわじわ来る感じで。
 ドールズ
 記憶シリーズ
 浮世絵シリーズ
 四谷怪談:::ところで、私は四谷怪談が大好きです。鶴屋南北の東海道四谷怪談もいいですけど

【 天童荒太 】
●●◎◎◎○ 永遠の仔::: :::ベタだが泣いた。
 孤独の歌声

【 半村良 】
◎◎○○ 妖星伝:::めちゃ面白い。はっきり言って『ガダラの豚』なんて、ぶっちぎり!!
●○ 産霊山秘録:::SF作家としての半村さんが好きだったので、このラインナップ
 獣人伝説::: :::小学生の時に読んだのだが、未だに情景が甦る。デビルマンが好きなひとに特にお勧め
 石の血脈:::
 雨やどり:::(新宿馬鹿物語)シリーズで三冊。

【 三浦綾子 】
●○○ 塩狩峠:::「塩狩峠」を読みますた。漏れには、あんな生き方できませぬ…
●● 氷点:::子供の頃、夏休みの午後に読み始めて、徹夜した
●● ひつじが丘
 泥流地帯

【 皆川博子 】
●●◎ 死の泉:::悪趣味といえるシーンはなかったと思いますがいかがでしたか?
 桔梗蘭:::幻想耽美。腕を切った少年の血だまりから無数の小さな地蔵が涌き出てきて「みぃ、みぃ」と鳴く
 ジャムの真昼

【 宮城谷昌光 】
 奇貨居くべし:::始皇帝の立て役者呂不偉の物語
 夏姫春秋:::時は古代中国・春秋戦国時代、絶世の美女夏姫の数奇な運命を描いた歴史小説。
 太公望:::中国古典だけどRPGみたいな話。
 孟嘗君:::新潮文庫の「晏子」と甲乙つけがたいですが、屁理屈抜きで一気読みできるっていうならこっちか。
 重耳
 晏子:::正直、この作家好きです。

【 L・M・モンゴメリ 】
●●●●◎◎◎ 赤毛のアン:::村岡花子の翻訳がいいのかおもしろい。

〓〓〓 6票 〓〓〓

【 我孫子武丸 】
●●●◎◎◎ 殺戮にいたる病:::グロい・エロい・ハマる
 探偵映画

【 伊井直行 】
◎○ 濁った激流にかかる橋
 パパの伝説
 草のかんむり
 服部さんの幸福な日
 本当の名前を探し続ける彫刻の話

【 R・D・ウィングフィールド 】
●●◎◎ フロスト シリーズ:::冴えない風貌で下品なギャグを連発する主人公のフロスト警部がなんとも
○○ クリスマスのフロスト:::最後の一文にヤラレタ・・・

【 川端康成 】
●● みずうみ:::をおすすめします。
◎○ 雪国:::何をいまさらって感じだけど、文章と情景の美しさにどきどきしてしまう。
 山の音:::最高傑作ではないかもしれないが、不気味です。文章うますぎです。
 川のある下町の話:::かなりせつなめな話。暑い季節に川辺の木陰かなんかで読むと夕暮れ時まったりできて良し

【 桐野夏生 】
◎◎○○ 柔らかな頬:::とにかく怖いんだけど先が知りたい、どーなるのどーなるの!と
●● OUT:::はなかなかの娯楽作品だったと思います。ドラマは見る気がしなかったけれど

【 アガサ・クリスティ 】全般(ポワロもの)
●◎ そして誰もいなくなった
○◎ アクロイド殺し:::ネタを知らない消房の頃に読めたのは幸運だったと思う。
 終わりなき夜に生まれつく:::漫画派だけど、哲学に魅せられ彼女だけは読む。
 白昼の悪魔:::クリスティの中で一番好き。
 ナイルに死す

【 パトリシア・コーンウェル 】
●●●●●◎ 検屍官 シリーズ:::読むたびにぐったりするのはケイがいつも疲れているからと思われ。

【 ユン・チアン 】
●●◎○○○ ワイルド・スワン:::は面白かったなー。読み始めたら止まらなかった。

【 サン=テグジュペリ 】
●●●○ 星の王子様:::子供のころ読んだ人も、そうでないひとも、大人になったらもう一度読んでみてください。
●● 夜間飛行:::夫婦愛・・・
 人間の土地:::堀口大學訳が

【 澁澤龍彦 】
●●●◎○ 高丘親王航海記:::諸国漫遊した末に、親王が往きついた場所は・・・
 大理石:::も良いと思う。

【 乃南アサ 】
◎◎◎ ボクの町:::俺の年齢と近いこともあって、心理的な状況とかがスゴク共感できたよ。
 風紋
 幸福な朝食:::こんな泣いた小説は初めてさ。乃南作品は当たりが多いね。
 涙

【 坂東真沙子 】かな?女流作家にありがちな官能性描写がハナにつくが物語り自体はいい!
●◎ 山姥:::(舞台は近代の鉱山集落)時代物が苦手な人は辛いかも。
●○ 道祖土家の猿嫁
◎○ 狗神

【 マーヴィン・ピーク 】
◎○○○○○ ゴーメンガースト3部作:::ファンタジーですが、ブラックコメディー、ゴシック、悲劇に見える。前例のない小説だと思う。

【 福井晴敏 】
●◎◎◎◎○ 亡国のイージス:::前半は中学生日記のようで後半はバナナフィッシュのようだった。
 トウェルブ.Y.O

【 ヘルマン・ヘッセ 】
●◎◎ デミアン:::文章の美しさときたら!長い描写苦手な人はだめかな〜
●● 車輪の下:::ガキンチョの時に読んだ本だけど、今でも好き。
 春の嵐:::それまでの太宰の世界が無くなった。読んで生き方が変わった。

【 町田康 】
●●◎ 夫婦茶碗
 河原のアバラ:::電車の中で声出して笑ってしまいました。
 けものがれ、俺らの猿と
 人間の屑:::これこそ理屈なしに好き。

【 J・K・ローリングス 】
●●●◎○○ ハリー・ポッター:::でしょーーー!!!あんなにすごいストーリーはない!!

〓〓〓 5票 〓〓〓

【 赤川次郎 】
 三毛猫ホームズ:::まだ僕ちんは17歳です
 毒:::赤川次郎って人は、凄いよなぁ。俺が(勝手に)尊敬している、唯一の人。
 ふたり:::マジ泣けた
 マリオネットの罠:::はたして今読んだら面白いのだろうか?
 忘れな草:::面白かったですね

【 綾辻行人 】
 時計館の殺人
●◎ 殺人鬼:::スプラッタがダメな人には薦められないけど。
●◎ 十角館の殺人

【 飯島和一 】
●●◎ 始祖鳥記:::…これは素晴らしいです。読みやすくはないけど。
●◎ 神無き月の十番目の夜:::ここのスレで存在を知って、読んだ。すげーおもしろかった。徹夜してしまった。

【 井上ひさし 】
●◎ 吉里吉里人:::ハードカヴァー、文庫持ってる。
 にせ原始人
 12人の手紙
 百年戦争

【 井上靖 】
●● あすなろ物語:::はほろ苦くてたまらん、、、
 しろばんば:::おもしろかった。
 北の海
 敦煌:::は結構面白かったけどな。映画は糞のなかの蠅だったけど。

【 ドン・ウィンズロウ 】
●●◎ ストリート・キッズ:::自分にとって好きのかなり上位である。憧れにちかいもんがある。
 ニール・ケアリーシリーズ:::ん〜、私はウィンズロウだったらニール・ケアリーシリーズだな。
 ボビーZの気怠く優雅な人生:::これはもう、超が100個つくくらい最高だった!!!!!!!

【 レフ・トルストイ 】
●◎○ アンナ・カレーニナ:::人間の機微をものすごくとらえてる。別に本好きではないけど、目からウロコだった。
●◎ 戦争と平和:::が出てないようだが・・・・

【 北村薫 】
 スキップ:::「ターン」、「リセット」は期待ほどは・・・。
 水に眠る:::「植物採集」の締め方がいい。北村作品は、はずれが少ない。
 覆面作家は2人いる
 六の宮の姫君:::ミステリ板逝けとか言われちゃうかな・・・。
 ターン
 冬のオペラ:::ホームズもすきだけど、自分の中の一番はこの人。世の中で一番悲しくて生真面目な名探偵の話。

【 アーサー・C・クラーク 】
●●◎○ 地球幼年期の終わり:::あそこまで夢中になって読んだ読書体験はなかった。
 宇宙のランデブー

【 マイケル・クライトン 】
●◎○ ジュラシックパーク:::スピルバーグの映画なんて原作の半分も面白くない。
 ディスクロージャー:::がいちばん。
 アンドロメダ病原体
 バイナリー
 ロストワールド

【 ヨースタイン・ゴルデル 】
●●◎◎ カードミステリー:::人間ってこんなにも凄い想像力があるのかって恐れ入った、ほんと。
 アドヴェントカレンダー:::俺もカード・ミステリーすき。アドヴェントカレンダーはもっと好き
 ソフィーの世界

●●【 西原理恵子 】はかなり好き。
 ぼくんち
 ゆんぼくん
 鳥頭紀行ジャングル編

【 椎名誠 】
●●◎ 哀愁の町に雪が降るのだ:::椎名誠は嫌いだったけどこれは本当によかった。
 アド・バード
 武装島田倉庫:::も痺れました。椎名氏の中では出色。白眉。

【 辻仁成 】
●● ピアニシモ
●◎ 白仏:::電車で読むの無理…部屋でコソーリ泣いた。
 カイのおもちゃ箱:::辻作品は基本的にいいものが多いと思う。
 サヨナライツカ
 旅人の木

【 楡周平 】
●●● Cの福音
●● 朝倉京介 シリーズ

【 野坂昭如 】
●◎ エロ事師たち:::今の野坂氏からお酒を取り上げても、もう老人だろう。
◎◎ 骨餓身峠死人葛:::老人・狂人・片輪・原爆罹災者・朝鮮人が集う炭坑を舞台に、壮絶な地獄を迎える近親相姦の物語
 蛍の墓

【 トマス・ハリス 】
●●◎ レッド・ドラゴン
●●◎ 羊達の沈黙:::(洋版のみ。日本語クソ)
●◎ ハンニバル:::(和洋両方)あとはブラックサンデー読まなきゃ・・・
 ブラックサンデー:::最新作「ハンニバル」より、このデビュー作品の方が数段面白い。

【 スティーヴン・ハンター 】
●◎◎◎○ 極大射程:::テロパラなんて糞じゃん。
 狩りのとき
 背徳の都

【 ジャック・ヒギンズ 】
●●●● 鷲は舞い降りた
 死に逝くものへの祈り

●◎【 星新一 】のショートショート全般。
 ショートショートの広場:::はじめの巻の方が面白い。
 ボッコちゃん:::とか
 妖精配給会社:::のショートショートは面白いぞ。とくに「妖精配給会社」はおすすめ。

【 松岡圭祐 】
●◎◎◎○ 千里眼:::千里眼は確かに面白かった。映画は糞で仕方なかったな。
◎◎ 西海道談奇:::さすがにエンターテイメント界の大御所の円熟期の作品だけあるよ。
 けものみち
 白い闇:::1998年ノーベル文学賞を受賞したポルトガルの作家の小説。
 砂の器

【 森村誠一 】
 挫折のエリート
 人間の証明
 人間の条件:::鼻水だらだらで泣きながら読みました。
 星の陣:::旧陸軍生き残りの七人の爺が死に場所を求め、日本最大の暴力団に戦争を挑む!
 悪魔の飽食:::怖くなった。731部隊恐るべし。

【 矢作俊彦 】
●◎◎ あ・じゃぱん:::最近はあまり見かけないけど、間違いなく読み継がれるべき傑作。
 スズキさんの休息と遍歴;またはかくも誇らかなるドーシーボーの騎行
 ブロードウェイの戦車
 暗闇にノーサイド
 海から来たサムライ:::この二人は各々小説書いていますが、合作品が3つあり

【 山本周五郎 】
●◎○ 樅ノ木は残った:::ラストの切れ味が極上の感動作と思うが、いかが?
 赤ひげ診療譚
 雨あがる:::なんか、爽やかな感動、っつうか、押しつけがましくない、自然なさらりとした感動、みたいな。

●●●◎◎【 マーガレット・ミッチェル/風と共に去りぬ 】映画も大ヒットしたが、原作も秀作。
●●◎◎○【 ウィリアム・ゴールディング/蠅の王 】:::.:::大学で勉強して卒論まで書いた。
●●◎◎○【 ウンベルト・エーコ/薔薇の名前 】:::.:::も止まりませんでした。
●●●●◎【 J・R・R・トールキン/指輪物語 】:::長いし、和訳はとっつきにくいけど、あの世界観はたまらん。
●●●●◎【 キャサリン・ネヴィル/8 】:::.:::世界を手中にできる秘法を秘めたチェスセットをめぐる冒険

〓〓〓 4票 〓〓〓

【 芥川龍之介 】
 河童
 歯車
 トロッコ
 杜子春
 魔術

【 アイザック・アシモフ 】
 バイセンテニアルマン
 ファウンデーション シリーズ
 わたしはロボット
 銀河帝国興亡史

【 安能務 】
◎○ 封神演義:::は講談調の訳ですらすら読めてかなり面白いです。おすすめ。
●◎ 三国志演義
 春秋戦国史

【 岩井俊二 】
●● ウォーレスの人魚:::は面白かった。
 スワロウテイル
 ラヴレター:::せつないくてちょっと笑えて懐かしい感じがする本。

【 カート・ヴォネガット・Jr 】
●●○ タイタンの妖女:::ボネガットのエッセンスがすでに詰まってるような
◎○ 猫のゆりかご
 ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを
 チャンピオンたちの朝食
 スラップスティック
 スローターハウス5

【 薄井ゆうじ 】
◎◎ 樹の上の草魚:::過去ログでも一人しか上げてないんで。もっと知られて欲しい。
 社長ゲーム
 社長物語
 竜宮の乙姫の元結いの切りはずし

【 逢坂剛 】
●●◎ 百舌の叫ぶ夜:::百舌シリーズは傑作揃いだが、これはマジやばい。やば過ぎる。
 カディスの赤い星:::この物語、終わらないでほしい。と思いながら読み進めていた記憶があります。(もう十数年も前だけど)

【 大岡昇平 】
●● 俘虜記
 レイテ戦記
 野火

●○【 大藪春彦 】はまじでおもろかったなあ。おまえらもよめや。
 蘇る金狼:::若い男の子ならハマルんじゃないかな?
 野獣死すべし:::一時期マジにかぶれてしまった。

【 落合信彦 】
●◎ ただ栄光のためでなく:::とにかく泣ける。ただし後味が悪いので、もう一度読む気にはなれない。
●● 男たちの伝説:::落合信彦の著作にはハズレがないからどれを読んでも安心だが。

【 オーソン・スコット・カード 】
●●○ エンダー シリーズ:::こないだ完結編がでたでしょ?
 消えた少年達

【 景山民夫 】
●◎ 虎口からの脱出:::最高の暇つぶしだった。
 転がる石のように:::氏の自伝的小説。繊細な神経が読んでて伝わってくる。
 トラブルバスター:::ハードボイルドだがおもろいです。

【 金城一紀 】
●● GO:::面白かった。理屈ぬきで
◎○ レヴォリューションNo.3:::好きなんだよ

【 カポーティ 】
●◎ 夜の樹:::短編ながら充実
 クリスマスの思い出:::新潮文庫の「ティファニーで朝食を」に入っているから読んでみてちょ。
 無頭の鷹:::カポーティの短篇集はいいよね。

【 ジョナサン・キャロル 】
●◎ 炎の眠り
●◎ 死者の書:::最初読み終えたとき「うおおぉぉ」って叫びたくなるくらい面白かった
●◎ 月の骨:::文句無しにスゴイ!あまり知られてないけど絶対損させないよ!
 空に浮かぶ子供
 犬博物館の外で

【 金庸 】
●◎ 倚天屠龍記:::っていうか、なんで金庸が出てこないの?
 射G英雄伝:::香港の武侠小説です。ジャッキー・チェンのカンフー映画見てるみたいなリズムがある。
 書剣恩仇録
 笑傲江湖
 神G剣侠

【 栗本薫 】
 レダ
 エーリアン殺人事件:::グインサーガもいいけど、ある意味これが最高傑作だと思う
 魔界水滸伝
 グインサーガ:::ですが何か?

【 小林泰三 】
●● 玩具修理者:::が面白かったです。これで私はホラーにはまってしまいました。
 人獣細工
 酔歩する男:::タイムトラベルものじゃ一番好きだなあ。

【 佐々木譲 】
●● ベルリン飛行司令:::順序は逆だけど「エトロフ発緊急電」と続けて買って読んだら、すごかった。
 エトロフ発緊急電:::は私もお薦めですー。
 五稜郭残党伝
 疾駆する夢:::今月読んだ本の中からだったら「疾駆する夢」が一番でした。

【 沢木耕太郎 】
●○ テロルの決算:::小説じゃないけど
●● 深夜特急

【 柴田錬三郎 】
●● 眠狂四郎無頼控
 赤い影法師
 英雄ここにあり
 英雄生きるべきか死すべきか

【 アントニオ・タブッキ 】
●◎◎ インド夜想曲:::いいかんじなんだ、これが。まったり系。
 供述によるとペレイラは…:::供述スタイルで須賀敦子の訳もいい。

【 中島敦 】
●○ 名人伝
 李稜・山月記
 狐憑:::出合いは高校の入試問題でした。他に『幸福』とか『かめれおん日記』とか。短編が好き。

【 ロバート・B・パーカー 】
●◎ 愛と名誉のために:::著者は推理作家なんですけど、これはれっきとした恋愛小説
●● 初秋:::スペンサーシリーズの中でも、これが一番好きですね。

【 服部真澄 】
●●●◎ 龍の契り:::この人の物は、勉強になるしおもしろい。
 ディール・メーカー
 鷲の驕り

【 ケン・フォレット 】
●○ 針の眼:::スパイ小説では群を抜いたおもしろさだったと思う。しかし、ドナルド・サザーランド主演での映画化は失敗だった・・・。
●◎ 大聖堂:::中世のイングランドで、二代にわたって大聖堂を建てる話。

【 ジュール・ベルヌ 】
●● 二年間の休暇
○○ 十五少年漂流記:::人生最初にきちんと読み通した小説は思い入れが深い。厨房だったなあ。

【 松浦理英子 】
●●◎ ナチュラル・ウーマン:::レズのエロ小説。でも何故か切ない。
●● 親指Pの修行時代

【 梁石日 】
●○○ 血と骨:::読もうと思うんだけど主人公がなんか鬼畜っぽいひとらしくてちょっと怖そう。
 Z:::歴史に興味がある人は読んだ方がいいと思われ

【 マイク・レズニック 】
●◎ キリンヤガ:::…………深いなぁ。切ないなぁ。
 一角獣を捜せ!
 サンティアゴ

【 連城三紀彦 】
◎○ 恋文
 隠れ菊
 戻り川心中


◎◎◎◎【 マイケル・ギルモア/心臓を貫かれて 】これは小説ではない。だが、あえて僕も一票いれます。
●●●○【 ベルンハルト・シュリンク/朗読者 】
●●◎◎【 スコット・スミス/シンプル・プラン 】もう一度心理描写など噛みしめながらじっくり読みたいと思いました。
●●◎◎【 パトリック・ジュースキント/香水 】 におい、匂い、臭い、匂、ニオイ。臭いがする〜!!
●●◎◎【 ゲーテ/若きウェルテルの悩み 】 :::新潮からも出てるけど、岩波の訳の方が洗練されてる。
◎◎○○【 沙藤一樹/D−ブリッジテープ 】Dブリッジでごみのように捨てられた少年の話。
●○○○【 宗田理/ぼくらの七日間戦争 】←消防時代のバイブル
●●◎◎【 沼正三/家畜人ヤプー 】…言わずと知れた名作。
●●◎○【 住井すゑ/橋のない川 】あの正義感と強さに涙がでたよ。少年ものが好き!

〓〓〓 3票 〓〓〓

【 葦原すなお 】
●● 青春デンデケデケデケ:::こんな高校生活送りたかったなー。
 水鶏
【 阿部和重 】
 アメリカの夜
 インディビジュアル・プロジェクション
 ニッポニアニッポン:::「IP]に匹敵する傑作だと思う

【 池上永一 】
●◎ 風車祭:::北国生まれの北国育ちの自分ですが、沖縄にすごく憧れました。豚のギーギー最高。
 バガージマヌパナス:::・・・笑って笑って最後に泣ける。

【 井沢元彦 】
●◎ 猿丸幻視行:::読後感は麻薬性ではないんだが、NHKスペシャルの濃いのって感じ。
 義経はここにいる
 義経幻殺録

【 井伏鱒二 】
 へんろう宿(短編集:山椒魚)
 屋根の上のサワン
 集金旅行:::井伏さんのはだいたい好きですがこれの最後の「ひどいことをしあがるなあ」と再三再四つぶやいた。
 短篇:::おおごしょっぽいしと思って敬遠してたけど、普通に面白い。

【 内田春菊 】
●● ファザーファッカー:::最初から最後まで立ち読みで読破してしまいました。そのくらいやめられなかった・・・
 あたしが海に還るまで
 あたしのこと憶えてる?

【 ジェームス・W・エリソン 】も好き。
◎◎◎ 小説家を見つけたら:::http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1009205928/l50
◎◎ ブラックダリア:::モダンホラー作家としてならエルロイは全作凄いお薦め。

【 円地文子 】
●◎ 源氏物語
 女坂

【 大石圭 】
◎◎ 処刑列車:::この理不尽さがたまらない。
 いつかあなたは森に眠る:::←この人はネクロフィリア書かせたら、天下一品だと思います。

【 大原まり子 】
●● 一人で歩いていった猫:::SFだけどね。独特の世界観がまたグゥ。
 ハイブリッド・チャイルド
 銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ
 ミーカはミーカ〜:::(うろおぼえ)

【 奥田英朗 】
●○ 邪魔:::はめちゃくちゃ面白い。「レディー・ジョーカー」と「OUT」と「新宿鮫」を掛け合わせたような面白さだ。
 最悪

【 開高健 】
●◎ 日本三文オペラ
 珠玉

【 梶井基次郎 】
●◎ 檸檬:::「屁理屈ぬきで一番」とはまた少し違うのだけれど、私が世界で一番大好きな小説達です。
 Kの昇天

【 フランツ・カフカ 】
 ジャッカルとアラビア人
 変身
 断食芸人
 夜曲::: 短篇が断然良い
 審判:::不条理さに参った。社会矛盾への批判を感じるべきなのか、そうじゃないのかいまだにわからない。

【 エーリヒ・ケストナー 】
●● 飛ぶ教室
 点子ちゃんとアントン
 ファービアン

【 パウロ・コエーリョ 】一連の作品。
 ベロニカは死ぬことにした:::ベロニカは、人生において行動を起こす瞬間こそが全てだと知っていた。
 アルケミスト:::聖書より、僕にはこの本が聖書。

【 作者不詳 】
 聖書:::これ最強
●◎ 旧約聖書:::文語体で(←これ重要)書かれた旧約聖書。これマジ最強。買うと高いけど。

【 佐々木敏 】
●◎ ゲノムの方舟
 龍の仮面(ペルソナ):::こういう本に当たってしまうと、その日はなんにもできなくなって、ただただ読むだけ。

【 佐藤亜紀 】
 バルタザールの遍歴:::小説のもつ力に打ちのめされました。
 戦争の法:::北陸のN県が日本から独立。
 鏡の影

【 清水義範 】
◎◎ バールのようなもの:::あるスレの影響で読んだんだけど、面白かった
 騙し絵日本国憲法:::21のパターンによる序文が凄い。

【 新堂冬樹 】
●○ カリスマ:::俗っぽいから活字の苦手な人にも難なく読める。
 溝鼠:::純粋に単純にこんな奴らが近くにいたらヤダナと思いつつも、やっぱ俺も変態だなと

【 清涼院流水 】大先生の著作は全部凄いですよ!読んだことがない方は是非一度読んでみてください。
 トップラン
 コズミック:::……。回線斬って首を吊って来ます。

【 高橋源一郎 】
●● さようなら、ギャングたち
 日本文学盛衰史:::2001年度最高作品との呼び声も高い。内容は明治文学のパロディで、おもしろかった。

【 嶽本野ばら 】
 ミシン
 下妻物語:::最近一番おもしろかった本。

【 ジェフェリー・ディーヴァー 】
●○ ボーン・コレクター:::映画版は、はっきり言ってクソです。原作の方が断然傑作です。
 静寂の叫び

【 フィリップ・K・ディック 】
 火星のタイムスリップ
 流れよわが涙、と警官は言った:::警部が自分でも気づかないうちに涙を流していた場面、今でも良く覚えています
 アンドロイドは電気羊の夢を見るか?:::ブレードランナーです。映画も最高ですよね。

【 コナン・ドイル 】
 バスカヴィル家の犬:::とか。
 四つの署名
 緋色の研究
 シャーロク・ホームズシリーズ:::これのせいで睡眠不足になった。

【 中上健次 】
 枯木灘
 重力の都:::←屁理屈ぬきで抜けます。ハイ、抜きました。
 日輪の翼

【 中場利一 】
●○ 岸和田少年愚連隊:::初期の浅田次郎「きんぴか」や「殺られてたまるか」なんかのノリ
 岸和田少年愚連隊:::血煙純情編:::私はこっちの方が好きだよー。

【 野沢尚 】
 破線のマリス
 深紅:::良いよ。
 反乱のボヤージュ

【 スコット・フィッツジェラルド 】
 華麗なるギャッツビー
 バビロン再訪:::グレートギャツビーよりこちらを読むべきでは?
 短編集

【 深沢七郎 】
◎◎ 笛吹川:::傑作です(谷内六郎の表紙も抜群に合っている)
 みちのくの人形たち:::この板に「深沢七郎、大好き!!」という人が何人いるだろうか。たぶん、少ないだろな・・・。
 庶民列伝
 楢山節考

【 福永武彦 】
●● 草の花:::も同じく。
 風のかたみ

【 藤枝静男 】
◎◎ 田紳有楽:::うちの近所(静岡県藤枝市)に、こんなすごい小説を書くひとがいたとは!!
 空気頭
 ビンの中の水:::現実を徹底的に見据え、ついにはリアリティを突き抜け幻視に至る。
 イペリット眼
 犬の血

【 ブライアン・フリーマントル 】
 明日を望んだ男
 チャーリーマフィンシリーズ:::絶対お勧めです。
 狙撃:::フォーサイスとかカレより面白いと思っておるのですが。

【 アリステア・マクリーン 】
●●◎ 女王陛下のユリシーズ号:::ド迫力系の小説はいかがでしょう。
ナヴァロンの要塞

【 山岡荘八 】
●● 徳川家康:::読んだ中で一番長かったが読んで本当によかった本
 独眼竜政宗
 織田信長

【 山田正紀 】
 火神を盗め:::最高の暇つぶしだった。
 神狩り:::も。続作は最悪だったけど
 機神兵団:::山田正紀しかない。マジ最高。

【 横溝正史 】
 金田一耕助もの
 呪いの塔:::八つ墓や獄門や悪魔がより好き。
 八つ墓村:::かな

【 吉行淳之介 】
 夕暮まで
 不意の出来事
 童謡
 ぼくふう人生ノート
 生と性

【 ギャビン・ライアル 】
●◎ 深夜+1
 ちがった空:::本番台本
 裏切りの国

【 モーリス・ルブラン 】
 棺桶島:::思い出しました!小学校の図書館で休み時間毎に通い、読んだ本
 8・1・3
 続8・1・3:::突然新装版ででた。萌え〜
 ルパン シリーズ


●●◎【 ケン・キージー/カッコーの巣の上で(郭公の巣) 】J.ニコルソン主演の映画もいいけど小説もイイ。
●●◎【 向山貴彦著+宮山香里絵/童話物語 】国産で、これだけ純粋に楽しめる作品は、見当たらなかった。
●●◎【 ディック・フランシス/競馬 シリーズ 】 「利腕」あたりは、主人公の不屈の魂におおいにのめり込んでしまいました。
◎○○【 シェンキェヴィチ/クォ・ヴァディス 】とか。ペトロニウス格好良すぎです。
●●●【 ジーン・アウル/大地の子エイラ 】クロマニヨンの少女が、ネアンデルタールの一族に拾われて生きる話。
◎◎◎【 デビット・ウィルツ/結婚式の客 】「結婚式の客」は暗闇の息つまる対決や悪役像がよかったね。
◎◎○【 J・P・ホーガン/星を継ぐもの 】 このシリーズだけは絶対読んでおけ。
●●●【 いとうせいこう/解体屋外伝 】 上質のエンターテイメント・SFとしてオススメです。
●◎◎【 ジョン・ファウルズ/魔術師 】 ::: 謎の人物コンヒスの存在感はいまも忘れられない。
◎◎○【 森博嗣/すべてがFになる 】 見抜けてもおかしくなかったトリックなので悔しさのあまり読み返す。
○○○【 団鬼六/真剣師小池重明 】天才であるが故、道を外した男の壮絶な生涯を書いた実在の話です。
●○○【 武者小路実篤/友情 】思春期の頃読んで衝撃を受けた。何がって、主人公がラストで地団太踏んでた所。
◎○○【 殊能将之/ハサミ男 】自分の中では本年度Best1です。
●◎○【 天藤真/大誘拐 】 読後の温かさがいいですね。

〓〓〓 2票 〓〓〓

【 ミルチャ・エリアーデ 】
◎◎ ムントゥリャサ通りで:::小学校の校長が語る元生徒達が体験した幻想的なエピソードからなる物語。
 ホーニヒベルガ―博士の日記:::ルーマニアの宗教学者が書いた幻想小説。おもしろかった。

【 エリアス・カネッティ 】
 眩暈
 群衆と権力

【 ポール・ギャリコ 】
 ハリスおばさんパリへ行く
 マチルダ:::「マチルダ」は最高!

【 トム・クランシー 】トム・クランシーは「クレムリン」までです。
●● レッドオクトーバーを追え:::だな。
 レッドストーム作戦始動
 クレムリンの枢機卿

【 J・グリシャム 】J・グリシャムなんか最高でしょう。誰も推してくれないの?
 依頼人:::グリシャムははずれが無いよね。

【 グレン・サヴァン 】
 ぼくの美しい人だから
 あるがままに愛したい:::もいいよ!

【 フランソワーズ・サガン 】
 ボルジア家の黄金の血:::結構エグくて楽しい。
 逃げ道:::帯には「泣ける話」と書いてあるんだけれども、逆に笑っちゃった。

【 さくらももこ 】
 ちびまるこ:::[AA]やっぱり「ちびまるこ」だね・・・・キキキ・・・・・・・
 もものかんづめ:::番外編:::今までで1番笑った本

【 アンドレ・ジィド 】
 田園交響楽:::・・・悪趣味で良い。
 未完の告白

【 ネルソン・デミル 】
 王者のゲーム
 将軍の娘

【 S・L・トンプソン 】
 Aー10奪還計画:::だったかな?おもしろいよ。冷戦時代のいわゆるチェイスもの。
 サムソン奪還計画
 A−10脱出チームシリーズ:::中学生だった俺のハートを鷲づかみしたよ

【 ジョン・バース 】
 酔いどれ草の仲買人
 旅路の果て:::わからない所もあるけど何度も読み返したくなるのです。

【 J・G・バラード 】
 結晶世界:::マターリしててイイ!(・∀・)
 夢幻会社:::リアリティが崩壊してアルタードステイツに突入!!超人は大地の意志である。

【 ジェームス・ヒルトン 】
 チップス先生さようなら:::ええ大人になってから読んで電車の中で大泣きして乗り過ごしました。
 私たちは孤独ではない

【 E・M・フォースター 】
 天使も踏むを恐れるところ
 モーリス:::かっこつけるみたいで嫌だけど、原書の英文が美しくて、ため息つきながら何度も読みました。

【 ふかわりょう 】
 休んだ日に席替え!?
 双葉学園入学案内:::これはギャグだね。すんごいウケル。
 ひとんちで充電すんなよ:::は?

【 フレドリック・ブラウン 】
 火星人ゴー・ホーム
 発狂した宇宙:::めちゃくちゃ面白いです。SFにはまったのは、この本がきっかけでした。

【 グレッグ・ベア 】
 ブラッド・ミュージック:::現代版「幼年期の終わり」と言われる
 凍月:::あたりかな。SFだが。

【 ヘミングウェイ 】
●◎ 誰がために鐘は鳴る:::は何度も読んだけどそのたびに泣ける。
 老人と海

【 エドガー・アラン・ポオ 】
 黄金蟲
 メイルシュトルムの渦

【 J・L・ボルヘス 】
 伝奇集
 ボルヘス怪奇譚集:::読み終わってしばらくボーっとしてた。殆ど「繋がった」感じで読んでました。

【 トマス・マン 】
 トビアス・ミンデルニッケル
 トニオ・クレーゲル
 幸福への意志
 トリスタン
 飢えた人々
 鉄道事故
 神の剣
 魔の山:::読むのに2ヶ月ぐらいかけちった。

【 アン・ライス 】
 バンパイア・クロニクル シリーズ
 ヴァンパイア・レスタト
 呪われし者の女王

【 アーサー・ランサム 】アーサー・ランサムかな。
 ツバメ号とアマゾン号:::以下同シリーズ12巻

【 阿刀田高 】
 ナポレオン狂:::直己賞受賞したこの作品。短編集としてはケッコウお薦めです。
 来訪者

【 荻原規子 】
 空色勾玉:::ほぼ同じノリだけど、同じ作者の「これは大国の鍵」もやっぱり面白い。
 白鳥異伝:::最近の著作はアレですがこれは良いです。

【 火浦功 】
 高飛びレイク シリーズ:::火浦功って今何やって暮らしてるんだ?
 スターライト★だんでぃ

【 笠井潔 】
 哲学者の密室
 矢吹駆シリーズ:::「バイバイ:::エンジェル」「サマーアポカリプス」「薔薇の女」のこの3作がいい。何度も読み返した。

【 原寮 】
 そして夜は甦る:::この作家この四冊しか出してない。
 私が殺した少女
 さらば長き眠り
 天使たちの探偵

【 胡桃沢耕史 】
 天山を越えて
 旅券のない旅:::これは冒険小説の傑作だと思う。

【 五條瑛 】
 スノウ・グッピー
 プラチナムビーズ

【 高畑京一郎 】
 クリスクロス:::ライトノベル系やけど、「クライン…」と併せて読むと、面白い
 タイムリープ:::なんかも面白かった。読み直す価値のある作品で二度楽しめる。

【 根本敬 】根本敬の本
 因果鉄道の旅:::内田研究とビックバンは圧巻。

【 山手樹一郎 】
 はだか大名

【 山田太一 】
 異人たちとの夏:::これよかったな。内容はベタだけど。
 飛ぶ夢をしばらく見ない:::山田太一、忘れてたけど、相当面白いのが多いよ。
 丘の上の向日葵:::私はこれが彼の最高傑作だと思う。
 早春スケッチブック:::おお、こう考えると太一はけっこう偉大だなあ。
 岸辺のアルバム

【 志賀直哉 】
 城之崎にて:::俺的には、「良い文章=端的」でわかりやすい
 暗夜行路

【 秋山瑞人 】
 猫の地球儀:::いろいろ言われるかもしれんが、俺が今まで生きてきた中で一番面白かった本。ライトノベル。
 イリアの空、UFOの夏

【 春江一也 】春江一也もよかった。
 プラハの春:::プラハに訪れようとした民主化にまつわるお話。

【 小林信彦 】
 小説世界のロビンソン:::でバルザック等の面白さを知りました。
 紳士同盟
 唐獅子株式会社
 発語訓練
 世界で一番熱い島

【 上橋菜穂子 】
●◎ 夢の守り人:::力のあるファンタジー・シリーズって行き当たると幸せ噛み締めるなあ。
 闇の守り人:::いわゆる「守り人シリーズ」。特に「闇」はとてもとても切ない。
 精霊の守り人

【 城山三郎 】
 落日燃ゆ:::泣きそうになった。
 官僚たちの夏:::もれは、全集で読んだけど、もう最強でした!

【 新井素子 】
 チグリスとユーフラテス:::に一票。
 ディアナ・ディア・ディアス
 ラビリンス
 扉を開けて:::の三連作。続きが出て欲しいが……出そうにない。まぁそれぞれ主人公が違う事だし。

【 新田次郎 】
●○ 孤高の人:::山岳小説。孤高の人の、生き方と死に方。
 八甲田山死の彷徨

【 水木しげる 】
 ねぼけ人生:::とにかくおもしろい。
 のんのんばあとオレ:::とぼけた味のユーモアがたまらん。

【 折原一 】
 異人たちの館:::いくつかの異なった文体がクロスオーバーし、驚愕のラストに向かっていくスタイルは折原氏の真骨頂!
 冤罪者:::さん、僕も折原一の作品はほとんど読みました。中でも「冤罪者」が一番良かったと思います。

【 川真田順子(訳) 】
●● アラビアンナイト
 アラビア物語:::青い鳥文庫から出ていた川真田順子/訳・天野喜孝/挿絵の。ファンタジー好きなら絶対に読むべき。

【 泉鏡花 】
 外科室:::自分は短い話のほうが好きみたい。集中力がないのかな。
 婦系図:::ベタでいいですよ。

【 村山由佳 】村山由佳ここではあんまり人気ないようだけど、村山由佳さんの作品好きです。
 野生の風:::主人公の不幸っぷりに逝かされたよw

【 長野まゆみ 】
 耳猫風信社:::屁理屈抜きならこれ。初めて長野を読んだ時のキラキラ感には適うモノなし!
 絶対安全少年
 鳩の棲家

【 田口ランディ 】
◎○ コンセント:::この作者は間違いなく天才ですね。
 アンテナ
 モザイク

【 渡辺淳一 】
 かりそめ:::実話なのに小説っぽくてよかった。
 無影燈:::直江医師の人生と看護婦紀子の愛を描く。感動。。泣けた。。

【 藤野千夜 】
 夏の約束
 午後の時間割
 少年と少女のポルカ:::好き。

【 姫野カオルコ 】
 喪失記
 受難

【 服部まゆみ 】
 この闇と光
 ???:::比較的薄い本で、黄色の表紙。題名忘れたけど、面白かったはず。

【 北川歩実 】
 僕を殺した女
 模造記憶:::畳み掛けるようなどんでん返しの応酬はカタルシスすら感じたね。読んでみて。

【 梅原克文 】
 二重螺旋の悪魔:::ただ、この人書くたびにつまらなくなっていくんだよな。
 ソリトンの悪魔:::昔行った沖縄海洋博の海に浮いてる建造物を思い出しました。

●●【 ローラ・インガルス・ワイルダー/大草原 シリーズ 】個人的には、プラムクリークと、シルバー湖がよいと思います。
●◎【 マーク・トウェイン/ハックルベリ・フィンの冒険 】
●●【 中原昌也/マリ&フィフィの虐殺ソングブック 】中原昌也だけは飽きずに読める。似た感じの作家がいたら教えて下さい.
●●【 ヒュー・ロフティング/ドリトル先生 シリーズ 】
◎○【 トニー・パーソンズ/ビューティフル・ボーイ 】ちょっと切なくてじんわりくる。カバーもきれいでいい。
◎◎【 ジェームズ・クラベル/二十三分間の奇跡 】被侵略国の小学生が洗脳される過程を描いた話。
●●【 リチャード・ジェサップ/摩天楼の身代金 】
●●【 マーク・ヘルプリン/ウィンターズ・テイル 】
●◎【 ロバート・R・マキャモン/スワン・ソング 】第三次世界大戦勃発。生き延びた人々を待っていたのは
●◎【 ジーン・ウェブスター/あしながおじさん 】まだ読んだことのない女の人におすすめ。
●●【 大塚ヒロユキ/APE LITTLE FOOL 】読み終えた後、しばらく焦点を失ったようにぼーっとしてしまった。
●●【 ロバート・メイスン/戦闘マシーン・ソロ 】邦題がこうなので子供向けの話のような感じがしますが、大人向けです。
●●【 トーベヤンソン/ムーミン谷 シリーズ 】熱くなる訳ではないですがアニメと違って意外に読ませてくれます。
◎◎【 アルフレッド・ベスター/虎よ、虎よ! 】屁理屈ぬきで、って言うとこれにつきる。
◎◎【 石田いら/池袋ウエストゲートパーク 】ジャニーズでドラマ化って聞いて「ケッ!」なんて思ってたんだけど
●●【 アーシュラ・K・ル=グィン/ゲド戦記 】4巻目は翻訳を待ちきれず、原書で読んだが、涙を抑えられなかった。
●●【 車谷長吉/赤目四十八瀧心中未遂 】は、どや?
●◎【 マリオ・プーヅォ/ゴッド・ファーザー 】ご存知コッポラ監督の映画の原作ですが、これが面白い!
●●【 リチャード・ベン・サピア/謎の聖杯 】オハイオから出てきた実業家が「黄金の塩壷」を売ろうと。だが、
●●【 岩井志麻子/ぼっけえ、ぎょうてえ 】
●●【 素樹文生/上海の西、デリーの東 】旅行記ってあんまり好きじゃないけど、これはおもしろくて2日で呼んだ。
●●【 古川日出男/13(サーティーン) 】人に貸しては返ってこず、もう5冊くらい買っている。
◎◎【 H・F・セイント/透明人間の告白 】妙にしゃれた透明人間がいきいきとしてておもしろかった。
○○【 ルシアン・ネイハム/シャドー81 】何も言わずに読め。絶対に損はさせないから。
●○【 黒柳徹子/窓ぎわのトットちゃん 】子供のとき読んですっごい面白かった。この間久しぶりに読んで、やっぱりはまった。
◎○【 梨木香歩/西の魔女が死んだ 】児童文学ですが、最近文庫化されました。最後の3ページで泣けます。
○○【 石原慎太郎/青春とはなんだ 】
◎○【 竹本健治/ウロボロスの偽書 】全く知らない作家の作品だったのに、本屋でオーラを放って私を誘惑してくれていた。
◎◎【 ダレン・シャン/ダレン・シャン 】これこそ屁理屈抜きでオモロ。
◎◎【 ハリー・クレッシング/料理人 】誰かお願い読んで〜。謎の料理人が領事の家に住み込んで…っていう話。
○○【 ホセ・ドノソ/夜のみだらな鳥 】フリークス祭!
●○【 エラリー・クイーン/Yの悲劇 】Xよりもおすすめ。
●●【 マルグリット・デュラス/愛人 】音楽のようにスルスルと心に入ってきて楽しめる!
●○【 佐伯一麦/ア・ルースボーイ 】屁理屈ぬきで一番面白かった。なんか青春の甘く切ないって感じがとてもイイ!!
●◎【 宮沢章夫/彼岸からの言葉 】理屈抜きで笑えます。くすっ。とかではなく。電車やバスで読むと、より危険。
●●【 黒武洋/そして粛清の扉を 】 そんな過激なあなたには黒武洋などはいかが?>309>313
●●【 辻邦生/背教者ユリアヌス 】
◎◎【 保坂和志/プレーンソング 】好き嫌いはハッキリ別れると思う。
●◎【 西澤保彦/七回死んだ男 】笑える
◎◎【 白井喬ニ/富士に立つ影 】手に入らないかも。
●◎【 ジョヴァンニ/冒険者たち 】「ガンバの冒険」だが、アニメとはだいぶ違う。
●◎【 タニス・リー/銀色の恋人 】他の作品よりかなりおすすめ。あ〜ファンタジーでせつなくなりたいーという人的中
●◎【 モーパッサン/女の一生 】
◎◎【 山本弘/空想科学読本 】
●○【 広瀬正/マイナス・ゼロ 】
◎○【 森下一期/ぼくとナイフ 】です!!http://www.ba.wakwak.com/~buddha/ring/knife.html
●●【 三田正誠/いちご同盟 】
◎◎【 奈須きのこ/空の境界 】同人誌だけど、非エロ・非やおい小説。並の商業作家の書くものよりは数段おもしろい。
●●【 井上雄彦/バガボンド 】しかし、ひょっとしてこれはまだ完結していないのでしょうか・・・・。
●●【 井上尚登/T.R.Y. 】ルパンV世みたいな小説が書きたかったと中吊り広告で見てこれは!と思って読んだ。
●◎【 津本陽/下天は夢か 】長いんだけど、それを感じさせない面白さ。
◎◎【 海音寺潮五郎/孫子 】
●◎【 五木寛之/青春の門 】馬鹿にしてたけど、読み出したらとまらなかった。
○○【 高野和明/13階段 】理屈ぬきで面白い。読み応え十分。大満足。
●◎【 作者不詳/西遊記 】
●◎【 妹尾河童/少年H 】本を読むと賢くなるって実感できたのは少年Hだけだなー、俺は…
●●【 ミルトン/失楽園 】
●●【 中勘助/銀の匙 】
●◎【 武田泰淳/富士 】
○○【 首藤瓜於/脳男 】怖い。
●◎【 幸田文/きもの 】
○○【 小笠原慧/DZ 】パラサイト・イブ、天使の囀りなど同系列の本を圧倒的に凌駕しているby俺の超主観。

〓〓〓 1票 〓〓〓

【 イサベル・アジェンデ/エバ・ルーナ/エバ・ルーナのお話/精霊たちの家 】
【 ソルジェニーツィン/がん病棟/イワン・デニーソヴィッチの一日 】
【 ジャン・ボートラン/パパはビリーズキックをつかまえられない 】
【 リチャード・アダムズ/ウォーターシップダウンのうさぎたち 】風景描写がすごい。
【 獣木野生+伸たまき/フランケンシュタインは僕に言った 】
【 ウィリアム・S・バロウズ/シティーズ・オブ・ザ・レッドナイト 】
【 ジュリアン・バーンズ/10と1/2章で書かれた世界の歴史 】理屈をこねればいくらでもこねられるのだろうけど、
【 リードバンクス/リトルベアー・小さなインディアンの秘密 】ファンタジー小説の傑作。
【 デイヴィッド・ハンドラー/フィッツジェラルドをめざした男 】を推しておきます…。屁理屈抜きではないかもしれないけど
【 レイモンド・カーヴァー/傑作選−carverVs dozen− 】短編集だけど、読みやすくてお薦め。
【 ローレンス・ノーフォーク/ジョン・ランプリエールの辞書 】
【 ジョン・ウィンダム/トリフィド時代−食人植物の恐怖− 】20年ぶりに読み返して堪能しました。SFというより大叙事詩。
【 笹沢左保/タクシードライバー夜明日出夫の推理日誌 】悩みを抱えているところに人間臭さが出ていて面白かったよ
【 服部哲丈/ファイア・トルネード―ボクは何も望まない 】最近では一番、面白かった。
【 マイクル・コーディー/イエスの遺伝子/クライム・ゼロ 】おいおい、何で誰も「イエスの遺伝子」を挙げないんだ?
【 パーネルホール/私立探偵スタンリーヘイスティング 】のシリーズもいいですよ。最近刊行のペースが落ちてきてるみたいですが。
【 D・エディングス/ベルガリアード・マロリオンシリーズ 】
【 セオドア・ローザック/フリッカー、あるいは映画の魔 】(文春文庫)壮大なホラ話。
【 大沼安正/人を好きになってはいけないといわれて 】小説ではないし屁理屈をこめたくなるが
【 リチャード・F・バートン/バートン版アラビアンナイト 】これが出てないじゃない。
【 瀬川ことび/厄落としもあっけらかんとして面白い。 】
【 マルグリット・ユルスナール/ハドリアヌス帝の回想 】ユルスナールといえばやっぱりこれもおすすめ。
【 スティーブン・グルード/ジャンパー/ワイルドサイド 】
【 ディビッド・ファインタック/銀河の荒鷲シーフォート 】主人公の不幸っぷりは目をみはるものあり
【 リチャード・パワーズ/舞踏会へ向かう3人の農夫 】次作「囚人のジレンマ」の邦訳はまだですか、柴田さん。
【 ジャン・ジオノ+フレデリック・バック/木を植えた男 】が好きです。すごくすごく好きです。絵本だったんですが
【 ジェイ・マキナニー/ブライト・ライツ、ビック・シティ 】
【 ダイ・シージエ/バルザックと小さな中国のお針子 】文革時代の下放青年の話だけど、とても新鮮だった。
【 ロバート・ホワィティング/東京アンダーグラウンド 】オレがプロレス好き、アウトロー系の本好きという事もあるのだが
【 ウィーダ(ルイズ・ド・ラ・ラメー)/フランダースの犬 】
【 沢井鯨/P.I.P.― プリズナー・イン・プノンペン 】カンボジアには行きたくなくなった。
【 バーナード・コーンウェル/エクスカリバーの宝剣 】
【 ジェローム・チャーリン/パラダイスマンと女たち 】殺し屋ホールデンはおいらにとって最高の男。
【 上温湯隆/サハラに死す/サハラに賭けた青春 】
【 マリー・ルドネ/シルシー/ローズ・メリー・ローズ 】
【 J・ティプトリーJr/たったひとつの冴えたやり方 】
【 エニド・ブライトン/おちゃめなふたご シリーズ 】女子寮にマジあこがれた
【 宇江佐真理/髪結い伊三次捕物余話シリーズ 】
【 クライヴ・バーカー/イマジカ/ウィーヴワールド 】
【 ヤロスラブリ・ハシェク/兵士シュベイクの冒険 】今は版元品切れ。スマソ
【 ティム・オブライエン/本当の戦争の話をしよう 】
【 ジェームズ・ヘリオット/ヘリオット先生奮戦記 】
【 ロバート・パーシグ/禅とオートバイ修理技術 】面白かった。混沌としていた様々な価値観が整理されていく感じ(?)でした。
【 スザンナ・ケイセン/思春期病棟の少女たち 】
【 積木京介/誰かの見た悪夢(誰かが、かも) 】
【 ピーター・キャメロン/ママがプールを洗う日 】夫との仲が冷めてしまったお母さんが落とした結婚指輪を息子が一生懸命探すの
【 マイケル・ブレイク/ダンス・ウィズ・ウルブス 】
【 チャールズ・ディケンズ/クリスマスキャロル 】
【 プロイスラー/大どろぼうホッツェンプロッツ 】
【 佐木隆三/曠野へ − 死刑囚の手記から 】最初にタネを明かしてしまおう。実はこの本、死刑囚川辺敏幸との共著である。
【 クライブ・カッスラー/ダークピット シリーズ 】面白いと思うんだけど。「大統領誘拐の謎を追え」とか。
【 ダニエル・デフォー/ロビンソン・クルーソー 】とても感動した。大人になった今、再読しようと思っている。
【 中嶋博行/違法弁護/検察捜査/司法戦争 】
【 V・C・アンドリュース/屋根裏部屋の花たち 】
【 A・E・ヴァン=ヴォクト/宇宙船ビーグル号 】
【 代々木忠/マルチエイジ・レボリューション 】二重人格AV女優のドキュメンタリー。
【 ダグラス・クープランド/ジェネレーションX 】が好き。
【 ライアル・ワトソン/アフリカの白い魔術師 】
【 ウィンストン・グルーム/フォレスト・ガンプ 】
【 ロバート・ジョーダン/時の車輪 シリーズ 】
【 スタニスワフ・レム/ソラリスの陽のもとに 】
【 ルースレンデル/ロスフィールド家の惨劇 】あ、題名カタカナのとこ少し違ってるかも。
【 メアリー・W・ウォーカー/神の名のもとに 】ハリウッド映画のような展開
【 アンネ・フランク/アンネの日記(完全版) 】
【 バルガス・リョサ/世界終末戦争/緑の家 】
【 イヴリン・ウォー/ブライヅヘッドふたたび 】
【 ジェームズ・レッドフィールド/聖なる予言 】
【 中村勘九郎/ひとりがたり/とはずがたり 】
【 ジョン・ダニング/死の蔵書/幻の特装本 】古書通にはたまらない面白さ。
【 E・W・ヒルディック/マガーク少年探偵団 】
【 クレスマン・テイラー/届かなかった手紙 】話題ものだけど
【 ミスター高橋/流血の魔術・最強の演技 】屁理屈抜きで面白かった本は、今年に限定して言うとコレ。
【 イアン・マキューアン/セメント・ガーデン 】
【 アクセル・ハッケ/ちいさなちいさな王様 】かわいいファンタジーで癒し系を求めるならなどよろしいかと。
【 M・コナリー/ハリー・ボッシュ シリーズ 】
【 佐藤多佳子/しゃべれどもしゃべれども 】
【 P・D・ジェイムズ/女には向かない職業 】
【 トム・レオポルド/君がそこにいるように 】
【 ウィリアム・ギブスン/ニューロマンサー 】でも今から読むと、突っ込み所だらけだが。
【 ピエール・ド・マンディアルグ/海の百合 】孤独な少女の恋の行方は・・・ラストがとっても感動的。
【 クレイグ・ホールデン/夜が終わる場所 】
【 ドナルド・E・ウェストレイク/ホットロック 】
【 メアリー・リノルト/王は死なねばならぬ 】
【 アンジェラ・カーター/夜ごとのサーカス 】国書刊行会
【 ジョナサン・スウィフト/ガリバー旅行記 】小人の国だけでなく、巨人の国や馬の国に込められた悪意にガキの頃驚いた。
【 日下圭介/木に登る犬/鶯を呼ぶ少年 】
【 アースキン・コールドウェル/小春日和 】素敵な青春(少年時代)小説。
【 ジム・キャロル/マンハッタン少年日記 】
【 ピーター・ストラウブ/ゴースト・ストーリ 】
【 上遠野浩平/ブギーポップは笑わない 】なめてかかってたけど面白くてビックリ。
【 寺山修司/赤糸で縫いとじられた物語 】これも児童文学。寺山は著書が多いですが、外れは無いです。
【 C・S・フォレスター/駆逐艦キーリング 】
【 皆川ゆか/ティーパーティー シリーズ 】・・・。これをあげる自分、逝って良し?
【 ビッグマネー原作/波のうえの魔術師 】
【 クレイグ・ライス/時計は3時に止まる 】名前:書店員:自分の理屈ぬきは「時計は3時に止まる」でしょうか。
【 睦月三日生/島川AZ/バトルヒーター 】リア厨の時に読んだ本。最近、部屋から出てきて読んでみたら下らなくて面白かった。
【 アレクサンドラ・リプリー/スカーレット 】「風と共に去りぬ」には及ばなかったと思うけど、面白かった。
【 グレアム・グリーン/ブライトン・ロック 】これもかなり面白いと思うのですが。
【 トミー・アンゲラー/すてきな三人ぐみ 】
【 佐藤正明/F1地上の夢/ホンダ神話 】モータースポーツ側からのホンダ像(ホンダ技研)を見ることができた
【 アンダスン/ワインズバーグオハイオ 】
【 田辺聖子/お目にかかれて満足です 】
【 鯨統一郎/邪馬台国はどこですか? 】歴史ミステリーの連作短編。女教授のばかさに目をつぶれば楽しめる。
【 ハンナ・アーレント/全体主義の起源 】
【 ラ・ファイエット夫人/クレーヴの奥方 】
【 アンリ・トロワイヤ/女帝エカテリーナ 】
【 ブラム・ストーカー/吸血鬼ドラキュラ 】言わずと知れたドラキュラなんですが、原典読んだことある人は意外と少ないはず。
【 ベニ−松山/隣り合わせの灰と青春 】今読んでもつまらないと思いますが、
【 柏木幸子/霧のむこうの不思議な町 】「千と千尋の不思議な国」のモデルと思われ。
【 神林長平/あなたの魂に安らぎあれ 】
【 フランク・コンロイ/マンハッタン物語 】ユダヤ人の恩師が死ぬ所で泣きました。
【 エルモア・レナード/ゲット・ショーティ 】
【 殿山泰司/三文役者 あなあきい伝 】この人の文体ってシビレルのよウヒヒヒ。ニッポン低帝国万歳!!
【 メアリ・H・クラーク/誰かが見ている 】
【 末永直海/100円シンガー極楽天使 】ハーバード大卒のポン引き兼いんちき演歌歌手健ちゃん(・∀・)イイ!!
【 須賀しのぶ/キル・ゾーン シリーズ 】これ・・・コバルト。ホントに買うの恥ずかしい。
【 リチャード・フッカー/M*A*S*H 】
【 マーク・フロスト/リスト・オブ・セブン 】はらはらどきどき。
【 ラヴクラフト/ラヴクラフト全集1〜6 】
【 ラッセル・ブラッドン/ウィンブルドン 】
【 テリー・マクミラン/ため息つかせて 】映画はイマイチだったけど・・・
【 リング・ラードナー/アリバイ・アイク 】
【 ドナ・タート/シークレット・ヒストリー 】貧しい主人公が入りこんだ名門の大学での物語。
【 森奈津子/西城秀樹のおかげです 】★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 凄まじい破壊力だ。
【 鷲沢萌/大統領のクリスマスツリー 】映画は良くなかった。
【 シオドア・スタージョン/夢見る宝石 】石が夢を見る事で色々な物体が作られるのだが、あるとき人間を作り出してしまう
【 イタロ・カルヴォイーノ/木登り男爵 】一生を木の上で過した人の話。かっこよく、切なかった。
【 W・P・キンセラ/シューレス・ジョー 】映画も良かったけど
【 ダスタイェフスキイ/死の家の記録 】ダスタ氏は人間を書くのがとてもうまく、読んでいてひきこまれます。
【 小林恭二/ゼウスガーデン衰亡史 】めちゃめちゃ好きな本なので、とっくに挙がってると思ったんだけど出てないなあ。
【 リリーフランキー/女子の生きざま 】
【 シノ・ボルタフタノリ/大いなる幻影 】
【 高千穂遥/ダーティペア シリーズ 】読め。
【 アンソニー・ホープ/ゼンタ城の虜 】
【 庄司薫/赤頭巾ちゃん気をつけて 】
【 ビュルガー/ほらふき男爵の冒険 】も面白かった。
【 アレックス・ガーランド/ザ・ビーチ 】旅行が好きなので、
【 谷甲州/航空宇宙軍史 シリーズ 】部屋を整理してたのに読みふけってしまったじゃないか・・・・・
【 チャイナ・ミーヴィル/キングラット 】
【 湯本香樹実/夏の庭/ポプラの秋 】
【 藤本ひとみ/ハプスブルクの宝剣 】オーストリア継承戦争から七年戦争前後の話。まじで面白かった。
【 フォレスト・カーター/リトル・トリー 】インディアンを通して自然と人間の調和をうたった本です。素敵な本でした。
【 内田百/冥途/サラサーテの盤 】鈴木清順の映画「ツィゴイネルワイゼン」の原作になった
【 マルタン・モネスティエ/自殺全書 】
【 川崎ぶら/雨の日はいつもレイン 】
【 東郷隆/定吉七番は丁稚の番号 】
【 爆笑問題/爆笑問題の日本言論 】
【 ミロラド・パヴィチ/ハザール事典 】
【 マーガレット・ミラー/ミランダ殺し 】が近年では一番オモロだった。
【 キム・ニューマン/ドラキュラ紀元 】
【 デズモンド・バグリー/ハリケーン 】
【 リチャード・バック/イリュージョン 】
【 コンラッド・ローレンツ/鏡の背面 】
【 戸梶圭太/牛乳アンタッチャブル 】なんか漫画みたいな感じだけどおもろい
【 リンダ・ラプラント/凍てついた夜 】警部補だった女が売春婦にまで落ちて。さあ…この後がおもしろい。
【 ヴァン・デル・ポスト/影の獄にて 】いいっす。戦場のメリークリスマスの原作
【 マイクル・パーマー/沈黙の病棟 】
【 ロマン・ロラン/ジャン・クリストフ 】誰も挙げないのは時代なのか。新潮社。大判活字での発行きぼーん。
【 交通安全協会(編)/交通安全本 】真のベストセラー。
【 東海林さだお/たこのまるがじり 】
【 大塚英志/多重人格探偵サイコ 】漫画のサイコを読んでる人は小説版読むともっと面白くなるよ
【 アラン・コルバン/においの歴史 】>257の小説の元ネタになったこれもよろしく。香水がもっとおもしろく読めます。
【 キャサリン・ハーヴィ/バタフライ 】かなりマイナーですが
【 ベン・ライス/ポビーとディンガン 】装丁が気に入って買ったら、中味もよかった
【 小池一夫+小島剛夕/子連れ狼 】
【 F・P・ウィルソン/ナイトワールド 】
【 灰谷健次郎/兎の目/太陽の子 】毎年読書感想文に使ってました
【 平中悠一/ゴー・ゴー・ガールズ 】こんな学生時代送ってみたかった。
【 デイヴ・バリー/ビッグ・トラブル 】笑い転げた
【 ブコウスキー/町で一番の美女 】駄目人間万歳の人には是非。
【 藤川桂介/宇宙皇子 シリーズ 】ヲタ厨房の頃夢中で読みふけった。ハズカスィ…でももう一度読んでみたい気も…
【 野田秀樹/当たり屋ケンちゃん 】演劇「小指の思い出」の原作。小説も演劇もお勧めです。
【 アーサー・マッケン/怪奇クラブ 】オムニバス形式。ひとつひとつがちゃんと怖くて、かつ全体の筋に不気味さが漂う名作。
【 ジェフ・アボット/図書館の死体 】ジェフ・アボットも負けてませんよ。推理だけでなく、人間関係も複雑で面白い。
【 ジュンパラ・ラヒリ/停電の夜に 】
【 松浪健四郎/もっとワルになれ 】
【 ダンク編集部/見返りにっぽん 】知る人ぞ知るって感じの人たちのロングインタビューがあって、見応え満載だった。
【 桜井亜美/イノセント・ワールド 】女にウケると思う
【 向田邦子/のエッセイいろいろ 】
【 ラブクラフト/インスマウスの影 】
【 レイ・ブラッドベリ/火星年代記 】
【 田村隆一訳/我が秘密の生涯 】開高健、丸谷才一氏、絶賛。19世紀:::英国エロ紳士の告白録。
【 カトリーヌ・アルレー/わらの女 】
【 ソウヤー/フラッシュフォワード 】
【 舞城王太郎/煙か土か食い物 】とにかく凄まじくて衝撃的だった。本にマンネリを感じてきた頃に読んだから尚更。
【 松本侑子/光と祈りのメビウス 】コレ読んで、環境問題に目覚めた人も多いと思われ
【 吉村萬壱/クチュクチュバーン 】
【 ゴールス・ワージー/林檎の樹 】
【 ミネット・ウォルターズ/氷の家 】
【 ジム・トンプスン/ポップ1280 】ノワール小説最高峰
【 フェイケラーマンー/水の戒律 】面白かった〜。
【 坂田靖子/君よ知るや南の国 】#ゲーテでしたか(小学生で?)
【 谷山浩子/悲しみの時計少女 】
【 谷俊彦/東京都大学の人びと 】「That`sカンニング」という映画の原作がすごく面白かった!
【 北森鴻/花の下にて春死なむ 】
【 都築道夫/猫の舌に釘を打て 】
【 谷川俊太郎/楽しむということ 】http://homepage2.nifty.com/mazzn/319.htm
【 リザ・スコットライン/逃げる女 】
【 井上夢人/オルファクトグラム 】設定がいい。よくできてるね
【 スティーブン・オルテン/MEG 】早よ映画化しろ
【 バリー・サドラー/永遠の傭兵 】泣いた。でも多分もう絶版です
【 土木学会(編)/土木学会論文 】卒研につかえるぞ
【 ゲッツ板谷/板谷家馬鹿三代 】抱腹絶倒!!!!!!!!西原理恵子さんのイラストが目印。
【 シエイマス・スミス/Mr・クイン 】頭が良くなった感じがした。言う事ナシ!!
【 鶴見済/完全自殺マニュアル 】
【 戸板康二/グリーン車の子供 】
【 グレック・アイルズ/神の狩人 】ブラッククロス
【 なだいなだ/おっちょこちょ医 】小学生の時に読んで大人になった今でも本当に好きな本。
【 乙一/GOTHリストカット事件 】どなたか読みました?最後の章だけ意味がわからんのです。
【 ダイアンアーバス/炎のごとく 】
【 和久峻三/裁判長のたくらみ 】裁判長の心理描写が、ぐっと来る。人間て弱いなあ。
【 ウィルキー・コリンズ/月長石 】
【 トマス・ブロック/超音速漂流 】これも止まらない。
【 グロリア・マーフィー/??? 】ほんと怖くて一気読みしたよ。
【 R・キャンベル/鮫とジュース 】ペーソスで展開していくテンポの良さは絶品です。
【 石井代蔵/相撲風雲児列伝 】相撲に少しでも興味ある人はぜひ読んでみな。ちょーいいよ。
【 カズオイシグロ/日の名残り 】面白かったですね。映画化にもなりました。映画も面白かったです。私的に。
【 中村恵理加/ダブルブリッド 】て小説がかなり好き。知ってる人いるかな?
【 ジャック・フィニィ/愛の手紙 】ぐっど!
【 スコット・トゥロー/立証責任 】映画化された「推定無罪」と同じ著者です。法廷モノがお好きな人ならおすすめ。
【 仲村高/天国から来た人々 】理屈っぽいけど屁理屈ぬきの不思議な本です。http://www5d.biglobe.ne.jp/~TENGOKU/
【 マックス・マーロウ/フェイス 】
【 ジーンブルーワー/k−pax 】心温まるストーリー。映画化。
【 小川良/妖雲 大内太平記 】なんだか、ホモ時代劇の王道って感じの本でした。
【 務台夏子/覚醒するアダム 】理屈抜きでおもしろく、怖すぎ。激おすすめ。
【 宮崎駿/風の谷のナウシカ 】(漫画だけど)
【 ディヴィッド・ブリン/−−− 】
【 佐藤哲也/ぬかるんでから 】不思議な世界にトリップしつつ一気読みでした。ああ、うっとり〜〜。
【 デルモンテ平山/超怖い話 】面白かった、いや本当にさ!そのへんのミステリーより面白いってば!だめ?受け付けないかな
【 ナンシー・プライス/??? 】DQNの作家亭主がラリっている間に、代わりに小説書いてあげてた妻が、…タイトルは何だっけ?
【 那須正幹/ズッコケ三人組 】消防の頃の「ズッコケ」シリーズか。「マガーク少年探偵団」シリーズとか。
【 久世光彦/恐い絵/謎の母 】
【 ボリス・ヴィアン/日々の泡 】
【 志水辰夫/いまひとたびの 】 7年位前になるでしょうか、若かった私は涙を流して読みました。
【 アイラ・レヴィン/死の接吻 】
【 トマス・クック/超音速漂流 】
【 ラヴゼイ/偽のデュー警部 】
【 ロバート・ラドラム/暗殺者 】記憶喪失の男が自分が誰なのかを調べていくと、命を狙われる。
【 五味康祐/喪神/桜を斬る 】
【 森昌子/聖女のふりをして 】
【 バリー・モロー/レインマン 】著者わすれました
【 森雅裕/歩くと星が壊れる 】 これお勧め。
【 飯田譲治+梓河人/アナン 】
【 モンテスキュー/法の精神 】
【 山田悠介/リアル鬼ごっこ 】
【 リチャード・レイモン/浴槽 】 こーいう結末は予想しなかった。未だ自分は鬼畜度が足りないと反省した。
【 さいとうたかを/ゴルゴ13 】
【 ジョゼフィン・テイ/時の娘 】も結構何度も読み返すな。
【 高樹のぶ子/光抱くともよ 】
【 井上裕美子/五王戦国誌 】中央公論社ノベルで全8巻。十二国記が好きな人にもオススメ。
【 井田真木子/小蓮の恋人 】話としては面白く読める。著者の方も最近亡くなられたので…。
【 稲垣足穂/一千一秒物語 】
【 宮澤賢治/銀河鉄道の夜 】
【 石川英輔/大江戸神仙伝 】シリーズ。
【 大下英治/小説東急王国 】
【 中井英夫/虚無への供物 】
【 劉慶一郎/一夢庵風流記 】…にしとこ。良い意味で若い文章って感じた…。
【 鈴木清剛/男の子女の子 】 始めにこの文章が載ってた文藝のなかで一番面白かった
【 冨樫義博/幽☆遊☆白書 】
【 プレヴォ/マノン・レスコー 】
【 オースティン/自負と偏見 】も中学生以来何度も読んでる。
【 福田和也/作家の値打ち 】
【 風間一輝/男たちは北へ 】どっぷち、風間ワールドにはいっちまいました。
【 ロアルド・ダール/来訪者 】(文庫タイトルじゃなくてそこに収録されてる短編)
【 野田正彰/喪の途上にて 】
【 山上龍彦/それいけ太平 】
【 バルザック/ゴリオ爺さん 】
【 ル・クレジオ/愛する大地 】初期のころのル・クレジオは実に感動的な作品をわれわれに提供してくれた。
【 柳美里/ゴールドラッシュ 】主人公は厨房だったが読んだとき自分も厨房だった
【 西村京太郎/D機関情報 】
【 あさのあつこ/バッテリー 】
【 マンスフィールド/短編集 】
【 石川啄木/ローマ字日記 】
【 松井計/ホームレス作家 】
【 本橋信宏/フルーツの夜 】この初連作短編集はお薦め。せつない。
【 田中康夫/ぺログリ日記 】 かなりぺログリってたところがお気に入り。
【 シェイクスピア/オセロー 】
【 川上弘美/センセイの鞄 】
【 斉藤洋/なん者ひなた丸 】これは、著者がやりたい放題です。杉浦茂好きはとくにはまると思います。。
【 吉田音/Think/Bolero 】
【 上前淳一郎/読むクスリ 】が大好きッス。めっちゃためになるぅ
【 ハイデガー/存在と時間 】理屈抜きに楽しかったな〜。もう大爆笑に次ぐ大爆笑で腹がいたくなったよ。
【 山之口洋/オルガニスト 】理屈ぬきに楽しめる、楽しむべき本だと思う。
【 津島祐子/笑いオオカミ 】いかにも純文学なんで、ちょっと取っつきにくいかなと思ったが、
【 チャペック/山椒魚戦争 】 まじでのけぞってしまいました。
【 バーネット/秘密の花園 】
【 スワガー/ブラックライト 】
【 鳥山明/ドラゴンボール 】
【 アントニオ猪木/ぽえむ 】
【 デュ・モーリア/レベッカ 】
【 岡本綺堂/半七捕物帖 】
【 海老沢泰久/美味礼賛 】
【 見沢知廉/囚人狂時代 】読む電気ショックです。刺激を求めて何回も読んでしまた。
【 高木彬光/白昼の死角 】火車読むくらいならこっち読んどけて。
【 堺屋太一/平成三十年 】http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7553/
【 三谷幸喜/古畑任三郎 】
【 室井佑月/作家の花道 】単に読みやすくておもしろいから。離婚した今となっては結構寒いが。
【 小川勝己/彼岸の奴隷 】やりすぎ。登場人物全員が狂っていて、まともなやつは出てこない。
【 織田無道/霊界革命児 】ノンフィクションらしいけど、マジ?んなわけないよな、と思いつつ一気に読了。
【 生島治郎/黄土の奔流 】冒険小説
【 陳舜臣/小説十八史略 】
【 林真理子/戦争特派員 】
【 中井拓志/レフトハンド 】笑えるし、毒があっても下品じゃ無い。大森望氏の解説もよかったですし
【 山川惣治/少年ケニヤ 】
【 高行健/ある男の聖書 】2000年度ノーベル文学賞を受賞した作家の自伝的小説。
【 干刈あがた/黄色い髪 】「何でも<嘘よ>って言うんだね。口癖?」「タテワリモクドウなんて強制労働や!」
【 市川たくじ/Separation 】せつなすぎて電車で泣いた。宮本輝好きにはいいかも。
【 W・コツウィンクル/ET 】映画のノベライズ?そうだがこれは上出来なんだな。
【 梅田みか/愛された娘 】
【 新美南吉/ごんぎつね 】かな?
【 田中小実昌/ポロポロ 】連作短篇、全部読んだ後にじわ〜〜っと。。。
【 渚水帆/ガラスの鼓動 】(>267>268 なんだこいつ?馬鹿? >286>287>288>289>290>291>292>298)
【 留門ハジメ/高い場所 】
【 永山則夫/なぜか、海 】
【 ユゴー/レ・ミゼラブル 】7歳のとき読んで、未だ、あのときの感動を超える本には出会っていません。
【 神坂一/スレイヤーズ 】ですが何か?
【 プイグ/蜘蛛女のキス 】男性より女性が読んだ方が面白いかも。
【 レーニン/国家と革命 】
【 濱田順子/Tiny tiny 】
【 ボブ・グリーン/17歳 】もよかった。
【 平賀元気/キリスト屋 】面白くて、最後泣ける。
【 キプリング/消えた光 】は夢中になって読んだな。理屈とか屁理屈とか、そんな問題は別に、貪るように読んだというのが適当かな。
【 スタンダール/赤と黒 】23歳までに死にたいな〜。それ以上年とると醜いわ。なんて思っていた私。ハハハ。
【 末長徹/メイクマネー 】
【 D・W・バッファ/弁護 】昨日読み終えた。久しぶりに痺れた
【 阿川弘之/志賀直哉 】いろいろ言われているけど、上手いよこの人
【 永井荷風/墨東奇譚 】
【 塩崎利雄/極道記者 】がオモロイ。コレを超えるギャンブル小説は未だ無し(同著者の次作は眼をつぶれ!)
【 吉川潮/江戸前の男 】“春風亭柳朝一代記”芸人としての破天荒な「男」としての生き方が興味深い。
【 幸田真音/日本国債 】マニアック(w。だけどおもしろいよ。
【 佐々木丸美/崖の館 】
【 樋口有介/八月の船 】マイナーだけどいいよ。青春物
【 富野由悠季/−−− 】板違いかもで。小説の方が凄いです。
【 蓮見重彦/陥没地帯 】映画の中で上映されている、もう一つの映画を見ているような感覚。
【 山田克哉/原子爆弾 】なんて言ったらいいんだろう?感傷ではない、怒りでもない、奇妙な感動
【 森巣博/無境界の人 】
【 千秋寺亰介/怨霊記 】が面白かった。用心棒日月抄と魔界転生もよかった。
【 幸田露伴/少年時代 】
【 大鋸一正/春の完成 】
【 鐸木能光/黒い林檎 】
【 山川健一/ROCKS 】ストーリよりちらちらと織り交ぜられたフレーズがかっこいい。
【 会田誠/青春と変態 】スカトロとのぞきの青春小説。天才ってこういう人をいうのだなーと。
【 鷺澤萌/川べりの道 】帰れぬ人々のおまけ
【 トマス・ピンチョン/V 】
【 横森理香/ぼきちん 】
【 折原みと/時の輝き 】
【 高楼方子/ココの詩 】児童文学、あなどるなかれ!ですよね。メルヘンなんだけど絶妙にリアルなんです。
【 デュマ・フェス/椿姫 】
【 岡田斗司夫/フロン 】最近のでは結構良かった
【 テツナー/黒い兄弟 】
【 吉田修一/パレード 】
【 瀬川ことび/お葬式 】
【 佐藤正午/ジャンプ 】読み終わったら「東京ラブストーリー」だなこりゃ、と思ったけど。
【 マキャベリ/君主論 】
【 大塚えいじ/まだら 】
【 ツルゲーネフ/初恋 】
【 梶尾真治/短編集 】割と外れがない。味がある。せつない
【 菊池寛/真珠夫人 】借金のかたに成金オヤジの後妻になった貧乏華族の娘のドロドロ愛憎劇。
【 吉田満/戦艦大和 】
【 古処誠二/未完成 】本格ミステリーだから暇つぶしのつもりで読んだが、ラストが切なくて涙が出た。
【 香納諒一/幻の女 】
【 真樹日佐夫/兄貴 】
【 仁木悦子/赤い猫 】
【 清少納言/枕草子 】
【 石沢英太郎/視線 】
【 船山馨/石狩平野 】私は札幌在住だから特に面白く感じる。
【 曾根綾子/塩狩峠 】何度読んでも良い
【 椎名桜子/−−− 】
【 島尾敏雄/死の棘 】作者の自伝的赤裸々小説。次第に精神を病んでいく奥さんの描写に迫力がある。
【 平岩弓枝/女の河 】悲しい悲しい運命を背負った者達の物語です・・・・
【 麻生幾/宣戦布告 】
【 友成純一/獣儀式 】
【 立原正秋/冬の旅 】今時こういうのは流行らないだろうし、「こんなヤツいねえよ!」ってツッコミたくもなりましたが(笑)、
【 引間徹/19分25秒 】
【 ナボコフ/ロリータ 】もうロリロリですわ
【 ホメロス/イリアス 】怒りを歌え、女神よ。ペレウスの子、アキレウスの怒りを。意外に面白かった
【 奥泉光/葦と百合 】
【 ガルシン/赤い花 】ええ話、って認識してる。たとえ周りがどう思おうと、主人公が世界を救おうとしたのは事実。
【 福本伸行/カイジ 】(w
【 ブロンテ/嵐が丘 】
【 趙昌仁/カシコギ 】
【 森絵都/カラフル 】
【 加賀乙彦/宣告 】
【 夏樹静子/量刑 】法廷劇がお好きな方はぜひ!
【 岩明均/寄生獣 】・・・活字でもきっと良かったはず。言い訳。
【 宮尾登美子/蔵 】
【 原百代/武則天 】
【 戸川幸夫/牙王 】わが人生における二大号泣オオカミ物でしたな。
【 荒俣宏/私の家 】シムフースイなるモノで妖怪?と戦う突飛な話です。
【 榊暎一/魔数字 】ロスの猟奇連続殺人鬼を追う。
【 雫井脩介/虚貌 】オビに惹かれて買ったんだが、おもろかった。お薦めだよ。
【 青来有一/聖水 】
【 石川淳/狂風記 】
【 矢口敦子/償い 】
【 牧野修/マウス 】あまり知られてないけど、マジで面白い!!これ映画化してほしいんだけど
【 カント/−−− 】おいおい!笑いたいなら、カントだろう。
【 管野響/兄妹 】絶対感動するよ。これを読んだことのない人は不幸だと思う。「良い本が必ずしも売れない」という典型だね。
【 宮崎学/血族 】十五年戦争前後の時期に抗日運動等で活躍をした中華マフィアの話です。
【 松山巌/日光 】
【 東直己/悲鳴 】東直己も後で評価されるオソ咲きか

【 ???/金田一少年の事件簿3 】
【 ???/おけやのゆめ 】
【 ???/楽園の開放 】
【 ???/華叢萬壺 】
【 ???/女体盛り 】
【 ???/症例A 】
【 ???/慟哭 】

【 このスレ(ぽっ) 】





◇◇◇ 雑談 part.1 ◇◇◇
【 さぁスタートですょ 】
>1 あなたがいままでで、一番時間を忘れ夢中で読んでしまった小説を教えてください。一番といっても、複数あってもかまいません。
>10 宮本輝「道頓堀川」喜怒哀楽の向こう側にある透明なもの、それが豊かさ …
>11 語ったらあかんがな(笑
>15 いえ(笑)語ってくれてうれしいです。「こんなもん一番ていうと恥ずかしいかな」と心配されないように「屁理屈ぬきで」としました。
>38 1 はバカ。「屁理屈ぬき」ではなく「理屈ぬき」じゃ、ぼけ! ハンドルの広辞苑が泣くぞ。
>45 「理屈抜きでおもしろい」は常套語だけど、単なるすごくおもしろいの意味にとられるから。

>178 このスレでくらい、推薦本けなしてからむのやめないか? 叩きたいなら他のとこいっぱいあるだろ…
>186 激しく同意。 「屁理屈ぬきに」おもしろかった本なわけだから。 おもしろく感じるのは人によるんだろうし。。。

>298 既出とかカタイことは考えずにいろいろ教えてくださいね。かえって同じ本が出たほうが、面白本探しには選びやすいかも・・。

>402 いろいろ読んでみたいので、ちょっとしたあらすじも書いていただけるとうれしいのですが。

>475 スレッド名に「一番」と入っているけど、レスではない書き込みは、みなさん1回しかしないのかな・・・?
>476 複数でもいいって書いてあるし、どんどん紹介してよろしいのではないかと。


【 宮本武蔵とバガボンド、両方読むのが御勧めです 】
>214 吉川英治「宮元武蔵」結末は読む前からとっくにわかってるのに、最後の8巻に入ってからは、もう涙涙で活字がかすんで見えない。
>216 同意同意同意!!!。俺の持ってるのは大河ドラマになった時に出た全1巻の巨大な本なんだが、今でも大切に持っている。
>217 おれも同意! 最近バガボンド(漫画化)読んで、思わず8冊再読した。
>219 あたしも同意! 217 にも同意!っていうか私も同じ事しました。8冊再読。バカボンド良いです。
>225 216:「バガボンド」は吉川英治の小説とは別物だと思われ。でもけなしてるわけじゃないよ。むしろ、絶賛したいくらいだ。
>227 すごい好評のバガボンドとかいうやつ。なんでしょう、それ。漫画?
>228 漫画雑誌「モーニング」に飛び飛びで連載中の漫画。原作は吉川英治「宮元武蔵」なんか結構すごい賞をもらってるはずです。
>382 ここで好評だった「バガボンド」を今日10巻一気に読みました。(私はマンガのほうを選びました)面白いです。
>383 バカボンドは完結してないですよお。完結するまでかいましょう。あれは面白いよね!


【 集計:part.1の1〜714 】
>715-733 名前:広辞苑 投稿日:2001/08/15(水) 04:38
長い間スレッド占領してすみません・・。
皆さん、いろんな面白本を紹介しくれてどうもありがとうございました。
そろそろスレッドも終りに近づいてきたので、この辺で私が勝手に集計をとらせて頂きました。



◇◇◇ 雑談 part.2 ◇◇◇
【 スレ趣旨の再確認ですょ 】
>7 万歳パート2!既出OKも継続でしょうか?。
>9 既出もOKでいいと思います

>480 このスレがもっともっと良スレになる方法があるよ。@簡単でも要約をしてあげる。A批判をしない。
>483 同意。
>486 要約は読むのがダルいので3行とか5行以内ってのはどうです?
>497 要約ある方がそそられますわ。
>500 まぁ、ね。長くなければね。3行くらいでお願いします

>508 ミンナほんとに面白いのかなァ?
>510 推薦文の質などで、レス者の読書力を判断しましょう。

>524 あくまで自然科学で説明できるタイプの小説だけなのかな。スーパーナチュラルな作品は駄目なのか?
>525 いいんじゃないですかね?

>796 名前:煽りじゃないが、これは理解して欲しい:人によって読書の趣味、味わうポイント、などの差が大きい

>894 結局このスレで一番得したのは中島らもだったな。
>895 「いちばん面白かった」なのに、昨日読んで面白かったーみたいなのしか最近出てないしな。
>896 じゃぁ「屁理屈つきで一番面白かった小説は?」てのはどう?。5行くらいの推薦文が必須なスレッド。
>897 俺はこのスレ非常に参考になると思ってるから「最近面白かった小説は?」でいいんじゃねーの?
>898 賛成!。個人的にはこのスレのおかげで本好きになったといっても過言ではないです

【 集計:part.1の1〜949 】
>18-27 名前:E9905@経営学板 投稿日:01/10/20 16:53
すいません。Part1の949までのデータ集計してみました。
一票のみの書籍はここでは割愛して 20のURLに置いています。
数が膨大なので書き込まないでおきました。


【 至言 】
≫47 投稿日:2001/04/06(金) 12:44
「リング」を読んだら「らせん」を読まずにいられなかった。
「らせん」を読んだら「ループ」を読まずにいられなかった。
「ループ」を読んだらどうでもよくなった。
≫49 同意。
≫72 激しく同意!!読まなきゃ良かったって思った。
≫57 そのあと「バースデイ」を読んでしまった


【 罪と罰、最後まで面白く読めたか? 】
≫125 な〜んかつまみ食いばっかりしてる漏れは逝ってヨシですか?
≫126 そんなことないだろうYO!研究者じゃないならいいんじゃないの?
≫127 それにしても、罪と罰を最後まで読んだのはすごいね。漏れは途中で飽きて止めちゃったよ
≫131 125じゃないけど「罪と罰」を途中で止めれるのもすごいよ。あれは一気呵成に読んでしまうと思うのだが。
≫132 おれも「罪と罰」途中でやめちゃった。頑張って読もうとはしたけど・・・本当に文句なしで面白かった?
≫152 心に病んだ部分のある人でないと無理かも。
≫133 カラマーゾフの兄弟と罪と罰に、現代人の抱える精神的やまいがって大学教授が逝ってたけど、漏れにはサーパリだった
≫135 私なんて、本屋で見てあまりの分厚さに気分が萎えて、読む前からあきらめたよ<カラマーゾフの兄弟etc
≫142 まあいいんでないの?「面白い」なんて感情は人それぞれなんだから。


【 聞きたいんだけど、村上龍ってなんでよく叩かれてるの? 】
≫178 聞きたいんだけど、村上龍ってなんでよく叩かれてるの?
≫180 多分、「外見が暑苦しい」「言動が暑苦しい」「小説のノリが”またかよ”ってのが多い」からじゃないですか?
≫181 ついでに、「難しい漢字をワザと使う」「しかもルビを振らない」からだとも思います。
≫182 じゃあ絵國香織みたいに漢字をワザとひらがなにしてるのってどう?
≫183 ひらがなはいいのだが、難しい漢字をルビ無しで使われると「テメェらはこんな字は読めないだろ?って言われてる様で


【 ドグラ・マグラって、どんな話なんでしょうか? 】
≫274 夢野久作全集でしか読めないのかな?文庫、ハードカバー出てない?
≫275 ベトナムで生まれたドグラ、マグラという腹違いの兄弟の話なんですがね、このお兄さんというんが…
≫277 274:どーもです。今、春樹の「世界の終りと〜」読んでるんで、これ終わったら読みますね。
≫278 だ、騙されるな>>274
≫280 274:あれ?俺、騙されてますか?ってかスレあったんですね。

≫471 夢野久作「ドグラ・マグラ」ってどんな本?。簡単にあらすじを教えて下さい
≫472 ドグラ・マグラのあらすじ…?
≫473 むかーし読んだな。既知外の独り言がえんえんとって感じだったとおもう。
≫475 俺もむかーし読んだけど印象に残ってるのは、あんぽんたんぽたん君(?)の独白くらいかな。

≫490 夢野久作「ドグラ・マグラ」ってどんな本ですか?教えて下さいませ・・・
≫501 ネットで調べれば判る事をきくな。
≫547 夢野久作のドグラマグラの内容についてレスがつかないのは、あの小説は一応ミステリーなので、…
≫551 文庫本2冊だけれど別に分厚くはないよ。内容は精神科の病棟に入院している、記憶を失った少年の話。
≫552 551:ア、少年じゃなくて青年だった。確か九大生だったと思う。
≫553 『ドグラ・マグラ』は高校生の頃に読破してるんだが、チャカポコあたりからわけわかんなくなってきて、…

≫554 個人的にはドグラマグラは「屁理屈ぬきで一番おもしろかった小説」とは言えないな
≫562 ドグラマグラは結局解釈論になっちゃうんだよな


【 筒井康隆のお薦め代表作ってありますか? 】
≫458 一回読みたいんだけど・・・。
≫459 初期中期の角川文庫がいいんじゃないの?『日本列島七曲り』『農協月へ行く』とか
≫460 時をかける少女でいいんじゃないの?
≫464 筒井では「大いなる助走」が好きだな。

≫462 筒井はどうしても読めん。時間の無駄としか思えない。
≫463 そういえば「これ」というおもしろいのはない気がする…
≫468 筒井は短編しか読まないなぁ。長編読もうとしても、なんか疲れちゃうんだよね

≫465 458:今日、本屋に行ってきました。結局「村上龍映画小説集」買ってきました。
≫470 459:一応、もと大ファンということでマジレスを。一番心底から楽しめたのは『馬の首風雲録』
≫474 458:どーもです。「村上龍映画小説集」はまだ読んでないです。次は筒井読みますね。
≫488 遅レスですが、筒井さんのお薦め、書かせて下さい。「俗物図鑑」「男達の描いた絵」「家族百景」「私説博物誌」
≫493 459:そうだ! あなたの挙げた作品はみな最高だった。読み返してみたい。
≫503 488:同意ありがとう。488 を書いてるうちに、私も筒井さん再読したくなってきました。


【 ナポレオンちゃんと遊ぼう → 『ブラックダリア』映画化! 】
≫605 ナポレオン:ヘッセ『春の嵐』それまでの太宰の世界が無くなった。読んで生き方が変わった。
≫606 『…』と言う意味かな?
≫609 ナポレオン:そういうことです。説明不足でスマンネ☆。でも『メロス』が太宰が人間不信の時ってのも、らしい。
≫611 ナポレオンちゃんが面白いので、606氏の真似をしてみる。『…』という意味ですか?
≫614 ナポレオン:うんにゃ、違いますっ!!っていいたいとこだけど、そういうこと。で,なんでオレおもしろいの?
≫615 いやーナポちゃん無邪気でかわいい。私もファンになりそう。
≫618 ナポレオン:ニャロ、ちゃんづけとは!?フランス皇帝に煽りですか?
≫619 618:まじはてしなく切なくなって軽い恐怖を伴なう小説ってある?読書年齢16歳くらいです。

≫624 『ブラックダリア』ジェームス・エルロイ、文春文庫なんてのはどうだね?≫ナポ野郎
≫625 僕も一票。デビット・フィンチャー監督による映画化は、あの濃厚な文体を写し撮れるか、みものですね。
≫630 え?映画化すんの?スレ違いかもしれんが嬉しい。殺害現場での対決のトコなんかネッチリ描いてほしい
≫631 624:私も映画化の話は知らなかった。観てみたいな。


【 最近読んだ本とその感想をまじめに教えてください。ちなみに高校入試面接用です。 】
≫696 もう面接明後日なので聞きます。読んでなくてもいいので中学生が読みそうな本とその感想を頼む。
≫697 だが断る!!。自分に合った本を選んで書店に行く。短編集の中から一つ選んで読め。30分もかからんと思うぞ。
≫698 星新一はどうだ?。短編集ばかりだし、どれも面白いから小学生でも一時間くらいで読めるよ。
≫699 696 の内容を、そのまま書店の店員に言ってみなされ。当然、面接に臨むつもりで言葉を伝えること。
≫700 太宰治「しゃよう」っていってみ。「ほろびゆくはかなさとかなしさをかんじましたぁ」とか
≫706 中学生なら山本有三(やまもとゆうぞう)の「路傍の石」。ここの下の方に粗筋がある。
≫707 あ、それと、「この言葉に感動しました」とかそういうアピールする言葉も考えて当然つけろよ。
≫718 お前らはなんて不親切な奴らなんだ。夏目漱石「こころ」『えーとこの作品はー、…』を暗記しなさい。
≫722 不親切ってあんた・・・。そういうあんたも相当鬼だな(w


【 ガダラの810 】
≫810 いくら『屁理屈抜き』と言っても最近マジで名前が上がる作品のレベル低いな。
≫812 『810の自伝』
≫817 『810のガン闘病記』
≫818 『810の経営哲学』
≫819 『810を抱いてそしてキスして』
≫820 『810をインストール』
≫821 『「810を好きになってはいけない」といわれて』
≫822 『ああ、810』
≫823 『100万回生きた810』
≫824 『鞄に810だけ詰め込んで』
≫825 『810哀史』寒村から安手の労働力として狩り出された810。親は口減らしができたと大喜び。
≫827 『ガダラの810』
≫828 『810はかく語りき』全4部からなる本書は、主人公810が語った、様々なぶっちゃけ話である。
≫833 『猛スピードで810は』
≫834 『だから、あなたも810』
≫837 810の『破獄』


◇◇◇ 雑談 part.3 ◇◇◇
【 18 は受験もガンガレ 】
>>18 18:宮本輝の「青が散る」は読む価値ありますか?
>>19 気になったら読むのがいいと思う
>>20 18:なら屁理屈抜きで読んでみることにします
>>22 22:個人的には面白かったと思います。ただ、青春一直線のお話なので好みが分かれると思います
>>23 18:真摯なレス有難う御座います。今自分は大学生と高校生の間の存在なので、読むのが一層楽しみになりました。
>>28 18:今日、「青が散る」読み終えました。まず若い時に、何か一つでも真剣に取り組みたいと思いました。
>>29 そんなに良かった? 俺も読もうかな・・・
>>30 18:好みは分かれると思います。自分は年齢的に同年代の物語だったので、感情移入が容易にできました。
>>61 22:おおっ読み終わりましたか・・・ あと受験がんばれよぉ〜
>>64 18:22さん。勉強しないとだめなんですけどね・・・、意欲がわいたのでプラスになったと都合よく考えることにします


【 42 と 44 のファン増加運動 】
>>42 42:伊井直行「草のかんむり」
>>44 44:伊井直行なら、「濁った濁流にかかる橋」のほうが折れには面白かった
>>46 42:それも面白かったけれど、初期の頃の青臭さが好きなの。うふ。
>>47 44:青臭さなら、「パパの伝説」も負けてない。と思う。うふふ
>>48 42:そうそうその頃最高。「本当の名前を…」も好き。こうやって作品並べるとファンが増えるかな?
>>50 44:ファンは置いておくとしても、「服部さんの…」はきっと駄目なんだろうなぁとさりげなく売名行為.


【 宮本輝さんが書いた著書で、林真理子をラストで痛烈に批判したような事が書いてある本の題名が知りたいんです 】
>>81 ここは宮本輝さんの事を詳しそうな方がいらっしゃるので質問したいのですが、。
>>252 「焚き火の終わり」に祇園の芸者が御茶屋遊びをする肥満した女流作家のことを貶すシーンがある。


【 99 は腹を切れ 】
>>99 お前らプリズンホテルをまず読め!!つまらなかったら腹切って詫びてやる。
>>101 私ももおすすめすよ。つまらなかったら腹は切らねど詫びてやる。
>>142 ≫99 プリズンホテルたいして面白くなかった。腹切って詫びれ。


【 どなたか5冊ほど推薦してください お願いします 】
>>114 夏休みに読書しようと思ってます
>>115 『全体主義の起源』『群衆と權力』『君主論』『国家と革命』『法の精神』
>>116 政治学にはあまり興味が無いです。しかも小説じゃないし・・・

>>124 『青春とはなんだ』『五稜郭残党伝』『みんないってしまう』『坊ちゃん』『時の輝き』
>>125 『仮面の告白』『宴のあと』『潮騒』『愛の渇き』『春の雪』
>>118 「彼岸過迄」「罪と罰」「虐げられた人びと」「坂の上の雲」「クォ・ワディス」

>>120 罪と罰は最初の3ページで挫折するほうに100ペリカ
>>122 あんな読みやすいの挫折する奴 この板にいるのか?
>>123 後半は読み易いが前半はたるい。そして結末はヌルい。
>>422 今読み終わったんだが、後半、心臓ドキドキいってたよ。ヌルイとか言ってる人がいるが、それは違う気がするなぁ
>>555 同じような体験をしたことがある


【 日本でも公開してほしいですなぁ…「ブラックサンデー」映画版 】
>>230 「ブラックサンデー」は映画もたいへん面白いが、日本では、その生々しい内容ゆえ、劇場公開が中止された。
>>247 面白いですね〜。ジョン・フランケンハイマーという、その筋では相当有名な男気監督が撮ってます。


【 書店員さんのお店に「屁理屈抜きで面白い本」コーナーを作ってホスィ 】
>>275 書店員:文庫売場担当者には非常に有益なスレでありますよ
>>276 275さんのお店の人気ナンバー10(小説編)を教えてYO!!
>>284 貴方の店でこのスレに上がっている本で固めた「屁理屈抜きで面白い本」コーナーを作ってみたら?
>>294 書店員:マジでやるかも。逝きつけのお店で見かけても指差さないでくださいね


【 めっちゃ長くて面白い小説教えてひまだから 】
>>491 めっちゃ長くて面白い 小説教えてひまだから
>>505 とりあえずハイペリオンシリーズは長い。続編にして最終巻が明日発売されるらしい。
>>492 オモシロイかどうかは別として グインサーガでも読めば?
>>493 エミール・ゾラのルーゴン=マッカール叢書は? 個人的には外れがないと思う。
>>500 >318 を読みナ
>>503 妖星伝は全7巻と長いので、伝奇SFに抵抗がなければ ≫491 さんにもオススメ
>>494 文学好きだったら『失われた時を求めて』。と言うか、この小説は読むこと自体が、記憶に残るイベントになる。


【 集計:part.3の1〜553 】
>>563-586 名前:part.3 投稿日:02/12/11 01:48
part.3 部分のまとめを御用意させて頂きましたので、御笑納下さいませ。


【 名前難しすぎ。漢字の正答率は40%を切ってるんじゃないか 】
>430 作者わすれたけど「閉鎖病棟」
>431 ハハキギホウセイですね 帚木蓬生
≫479 箒木蓬生←なんて読むん?
≫487 箒木蓬生←ははきぎよもぎう と、読んでいる国文の友人がいた。至極当然だと思った。本当は『ははきぎほうせい』
>>164 ところで「閉鎖病棟」って誰が書いてるの? 作者の名前も書いて( ゜д゜)ホスィ…
>>166 帚木 蓬生 (はききぎ ほうせい)