北米に残されたフランスの漁業基地

サンピエール島&ミクロン島

フランス領

1520年 ポルトガルの船が「発見」。「1万1000人の処女の島」と命名
1536年 フランス人ジャック・カルティエが上陸。サンピエール島と命名
1713年 ユトレヒト条約でイギリスに帰属。ただしフランスは沿岸での漁業権を認められる
1763年 パリ講和条約でイギリスがフランスへ割譲。
1778〜1783年 イギリスが占領
1793〜1816年 イギリスが占領

 

ST PIERRE & MIQUELON の位置 カナダの右端です

子供の頃、「アメリカ大陸を最初に発見した人は誰でしょう?」「コロンブスだろ」「ば〜か、コロンブスの船の見張りだよ!」という屁理屈が流行ってましたが、実際にはアメリカ大陸を最初に発見した人はそこに住んでいたインディアンやインディオの祖先のはず。ま、それはともかくとして、「西洋人でアメリカ大陸を最初に発見した人」も実はコロンブス御一行様ではなく、アイスランド界隈に住んでいたバイキングが西暦1000年ごろには居住地を作っていて、バスク地方(フランスとスペインの国境一帯)の漁師たちの間でも、古くからカナダ東部は漁場として知られていたのだそうです。

さて、カナダ東海岸のケベック州といえば、かつてはアメリカにおけるフランス植民地の中心地。現在でもフランス系の住民が多数を占め、フランス語を公用語にしたり、はたまた「カナダから独立するか否か」で住民投票を実施しているような地域ですが、ケベック州のさらに東、ニューファンドランド島の沖合にサンピエール島とミクロン島という今もフランス領の島があります。サンピエール島は面積25平方kmで人口6500人、ミクロン島は面積205平方kmで700人が暮らす。住民の多くはバスク系フランス人で、「ミクロン」という島名もバスク語起源らしい。

今でこそ北米の大部分は英語圏だが、17世紀から18世紀半ばにかけてはフランスも大きな勢力を持ち、ケベックを中心としたカナダから五大湖沿岸、ミシシッピー川一帯にかけて、イギリスより広大な地域を支配していた。ただし、入植者の数はイギリス人よりずっと少なく、インディアンと同盟を結んでイギリスと対抗していた。農場を作ってインディアンの土地を収奪していったイギリス人に対し、フランス人は毛皮取引や漁業が中心で、インディアンたちの恨みをかうことが少なく、「反英」で手を携えることができたというわけ。

しかし、スペイン継承戦争後のユトレヒト条約(1713年)で、カナダのハドソン湾沿岸やカルディア、ニューファンドランド島がイギリス領となり、1756年から始まったフレンチ=インディアン戦争で北米のイギリス支配は決定的なものになる。「フレンチ=インディアン戦争」というのはイギリスから見た命名で、フランスとインディアンの同盟軍は緒戦ではイギリスを圧倒したものの、イギリス軍にケベックを奇襲されて降伏。63年に結ばれたパリ講和条約では、フランスは北米の植民地のうちミシシッピー川以西とニューオリンズを除いてイギリスに割譲。また戦争に加わったスペインがイギリスにフロリダを割譲させられた代償として、残りの植民地はスペインへ譲渡され、北米におけるフランスの植民地は消滅した・・・と思いきや、この条約で逆にイギリスからフランスへ割譲されたのがサンピエール島とミクロン島だ。

この2つの島が割譲されたのはフランス漁民の避難港としてで、島には50人の警官以外に兵力を置いてはならず、漁業用の建物以外は建ててはならないという条件付き。この地域一帯はフランス漁民の漁場だったが、先のユトレヒト条約でニューファンドランド島とともにイギリス領となった。ただしこの時、フランス漁民の漁業権は認められ、セントローレンス湾(ケベック州とニューファンドランド島との間の海)の領有権やニューファンドランド島の北岸で魚を干すために上陸する権利は認められていた。パリ講和条約ではフランスはケベックとともにセントローレンス湾の領有権を失い、沿岸での漁業も禁止されて小さな島2つだけ与えられたというわけで、フランスにとってはやはり大損。

またこの時には、同時並行的にインドでもイギリスとフランスの戦争が行われたが、北インドではフランスはベンガルの太守と同盟を結んだがプラッシーの戦いで敗北し、南インドではハイデラバード藩王国と結んだがやはり敗れ、インドにおけるイギリス支配が決定的なものになった。しかしパリ講和条約では、ポンディシェリーシャンデルナゴルなど飛び地状の小さな植民地が、非武装を条件にしてフランス領として残されている。

イギリスはケベックなどに住むフランス人に対し、カトリックなどの信仰の自由やフランス民法の適用などを保障して残留するように呼びかけたが、「イギリスの国王に忠誠を尽くして暮らすなどまっぴらゴメンだ!」というフランス人も少なくなかった。サンピエール島へも一時は難民が押し寄せたがさすがに定住した者はほとんどいなくて、「イギリスよりはスペインの方がまし」だとミシシッピー川を下ってスペイン領になったルイジアナへ移住した。ルイジアナはルイ14世に、ニューオリンズ(New Orleans)もフランスのオルレアン公にちなんで付けられた地名だ。ルイジアナは1800年にナポレオンがスペインから取り戻したが、ヨーロッパでの戦費調達のため1803年にアメリカへ売却した。しかし現在でもルイジアナ州ではナポレオン法典が民法で使われ、100万人のフランス語人口がいる。

その後、アメリカ独立戦争をフランスが支援したり、ナポレオンがヨーロッパを席捲するたびに、イギリスは報復措置としてポンディシェリーやシャンデルナゴルとともに2つの島を占領している。イギリスが北米とインドでわざと小さなフランス植民地を残したのは、「ルイ14世の面子を立てたため」とも言われるが、いつでもフランスへの外交圧力として使えるからだったわけで、さすが狡猾な「腹黒紳士」ことイギリス人のやりそうなことですね。第二次世界大戦中にはナチス・ドイツの占領下で成立したフランスのビジー政権に対抗して、英米が支援したドゴール将軍率いる自由フランス政府の基地にもなっている。

サンピエール島とミクロン島の産業は、アメリカの禁酒法時代にアルコール密輸の拠点として一時的に栄えたことを除き、何百年にもわたってタラ漁を中心とした漁業がほとんど。しかし1994年から発効した国連海洋法条例で沿岸から200海里の排他的経済水域が公認されるようになると、フランスとカナダで争いになった。

フランス政府はサンピエール島とミクロン島から200海里の経済水域を主張したが、その大部分はカナダの経済水域とダブってしまうので、カナダ政府はフランスの領海12海里しか認めないと反論。枯渇しつつある漁業資源や将来有望な石油資源の確保を狙ってお互い一歩も譲らず、国際司法裁判所に持ち込まれることになり、結局フランスは12海里の領海と24海里の接続水域、そして島から南へ幅20km、長さ375kmの海のチリ(南米のチリのように細長いから)と呼ばれるアヤシイ形の経済水域を確保したのでした(※)。

領海とは領土と同じように扱える水域で、国連海洋法条約によって海岸から12海里。接続水域は密輸や不法入国の取締りができる水域で、海岸から24海里。排他的経済水域とは天然資源や漁業資源を独占できる水域で、国連海洋法条約によって海岸から最大200海里まで設定できる。そしてその外側がどこの国にも属さない公海
●関連リンク

ST PIERRE & MIQUELON - C. et L. MARCINIAK 島の写真がウジャウジャとたくさんあります(英語)
映画紹介 さ   『サンピエールの命』というフランス映画の紹介があります
ABLOS   カナダとフランスの経済水域紛争について。アヤシイ形の経済水域の地図もあります(PDFファイル 英語)
 
 

『世界飛び地領土研究会』トップへ戻る