フィリピン国内への送金およびフィリピン国内で引き出す技

上記ATMカードは日本国内は勿論海外でもATM機を使って引きだす事のできる日本国内国際兼用カードである。
上記左側のカードは
「みずほ銀行」右側は「新生銀行」の其々のカードである、その他UFJ銀行・CITIBANK・三井住友銀行・東京三菱銀行などがあり、各々フィリピン国内ATM機で引きだしする事ができる。
また、フィリピン国内に本支店を持つ
「メトロバンク」「PNB(フィリピン・ナショナル・バンク)」などが日本国内大都市に其々支店を持ち、これらの銀行をご利用しての送金もできる。
これから記す方法はフィリピン向けの所謂海外送金と言うよりも、国際ATM機を利用した代用送金の様な方法となる、その様な訳でPNBやメトロバンクの様な本格的海外送金には当らず、どちらかと謂えば日本で開いた自身の口座へ入金する事によって結果的に、カード種別が国際キャッシュカードと言う事でフィリピンでも海外でも十分引き出す事が可能となることだ、そのカード自体をフィリピンに住む家族や兄弟等に持たせれば、フィリピンATM機から現地ペソに変換して引きだしができる、極めてリスクが少ない上実質の送金では無い為開設した口座に入金すればフィリピン側で瞬時に引きだせる点が素晴らしい。
これは
フィリピンATM機から国際電話回線を通じて最寄の日本側口座開設銀行のサーバーへアクセスして出金が行なわれる、その様な訳で極めて早い出金が可能となる。
しかし、日本の銀行なら何処でも良い訳じゃない、幾つかの条件をクリヤーしている銀行に限り、最低でも
インターネットバンキング操作が可能な銀行であること、国際ATM機が利用できる国際兼国内キャッシュカードを合わせ持っているカードでなければいけない。以上の点を最優先に考えて口座開設をすると今の所日本のどの銀行でも良いと言う事には当らない。

※ 尚各銀行カードについての挿入操作及び引き出し時のカードの向き、又はダブル口座が付帯している場合の海外ATM利用時に使用いたす口座及び引き出し時のキャッシュカードの方向などは事前に最寄の銀行窓口で操作手順(
みずほ銀行など)を念入りに尋ねておく事、仮に間違えると非常に面倒となる場合も御座います。



送金方法について
@ 口座開設 A ATMカードをフィリピン家族へ送る B フィリピン家族にATMカードが着いた事を確認する C 確認後ご自身の口座へ入金 D 入金連絡をネット上からフィリピン携帯にテキスト、又はフィリピン側のパソコンへメールする E フィリピンATM機で引き出しする 
Dのテキスト方法については当ホームページTOPのChikkaUSAヤフーメッセンジャー、又はICQなどを通じてフィリピン携帯へ無料テキスト送信が行なえる、また相手にインターネットができればメールを送るか、フィリピン側パソコンがネットへ接続していればメッセンジャーからボイスで会話を行なえばよい。
●送金時間は日本国内の各銀行・郵便局・ネットバンキングの各々から自身の口座へ入金さえすれば、即座にフィリピン国内ATMで引き落とす事ができる、だから殆ど送金手数料が発生しない、そしてフィリピン国内にいながらにして極めて早い引き出しが可能となる。
●PNBやメトロバンクの日本国内支店を利用した場合、日本国内支店までの振込料+フィリピン国内までの海外送金手数料などが発生し、しかもフィリピン側で受け取るまで半日以上かかる。

フィリピンATM機について


@ フィリピンATM機には大きく別けると左側の「シーラスマーク」右側の「プルスマーク」に大別される、口座開設する銀行によってはどちらに該当するか大きく左右される。
例えば、新生銀行はプルスに該当し、みずほ銀行はシーラスに該当する。
A フィリピン国内ATM機を利用した人はお判りかと思われるが圧倒的にシーラス系ATM機が多い事に気づく、プルスなどはPNBなどのATM機が対応しているが地方都市まででないと見かける事がない、一方シーラス対応ATM機はフィリピン田舎にまで浸透しており利便性が高い。

各フィリピン銀行引き出し額について
@ 通常フィリピン国内で口座開設した場合1日24時間内に引き出する最高額が各々の銀行によって違ってくることだ、そして1回(1操作を)1工程のATM利用で引き出せる最高額も決っていることだ、日本と比べ自身の口座にあるだけATM機から引き出せる訳じゃない、
A 注意したい点は1操作でATM機から引き出せる最高額である、日本の国際ATMカードは1操作ごとに引き出し手数料がかかる銀行とかからない銀行(新生銀行・CITIバンク)、そして場合によっては利用するフィリピンATM機械の使用料が発生すること、これは引き出した後にネットバンキングから操作して引き出し額を確認閲覧して見ないとどのフェリピン銀行のATM機が機械使用料を取るのか全く判らない。
但し銀行敷地内に併設して設置されているATM機では殆どATM機械使用料は発生していないようである。
以前私がCITIバンクカードを持っていた頃メトロ圏パサイ市のBPIファミリーバンクで引き落とした時はATM機使用料は発生しなかった。
B 基本的に日本にある銀行で口座開設されて作った国際カードをフィリピン国内に持ち込んでフィリピン国内のATM機で引き出す場合、1日の引き出し最高限度額はない様です。
↑ある程度預貯金がないと試せないので不明でしたが行なった方の話に寄れば日本円に換算して100万らしいです、つまり50万ペソの様です、私自身が直接確認致しておりませんので信頼性がある訳では御座いません。


銀行名 1日最高額 1操作最高額 系列 在店舗数 ATM機操作度
メトロバンク 限度なし p4000 シーラス系 非常に多い  ◎ 使いやすい
PNB 限度なし p4000 プルス系 地方都市まで ○ 使いやすい
BPIファミリー 限度なし p10000 シーラス系 非常に多い  ◎ 使いやすい
ランドバンク 不明 p4000 シーラス系 非常に多い  ◎ 使いやすい
CITIバンク 限度なし 指定額要求可能 プルス系 殆どない    △ 使いやすい
チャイナバンク 限度なし p4000 プルス系 地方都市まで ○ 使いやすい
アライドバンク 限度なし p4000 プルス系 比較的多い  ◎ 使いやすい
エクエアブルPCI 限度なし 指定額要求可能 プルス系 非常に多い  ◎ 使いにくい
HSBCバンク 限度なし 指定額要求可能 プルス系 殆どない    △ 使いやすい
※ エクエアブルPCIバンクのATM機ご利用には十分注意をして下さい、他銀行の操作方法と異なります、自身のもてない人などは避けて下さい

フィリピン一般銀行ATM機の簡単な引き出しの説明 
@ カード挿入 APIN(暗所番号)ナンバー入力 Bウイドロキャッシュの選択 C引き出し額の選択 Dキャッシュを受け取る Eカードが排出される Fレシートが排出される

エクエアブル銀行の操作説明
@ カード挿入 A挿入後自動的にカード情報を読む B数秒でカードが排出される C引き出し金額をタイプする DPINナンバーを打ち込む Eキャッシュを受けとる Fレシートが排出される

日本の国際カードを作る場合のめあす

@ 1操作の引き出し手数料有無・1操作の引き出し手数料額・口座維持手数料の有無・シーラス系かプルス系か・本人以外に家族にも同じ口座を利用した国際カードができるのか?
こう言った点を注意して口座を開いた場合、今のところは「新生銀行」が優れている様である(2004年10月から他銀行へ振り込み手数料発生)、またフィリピンで引き出す銀行はプルス系の銀行である為若干少ないが、口座維持手数料が無料であり、その上フィリピンATM機引き出し手数料も無料対応となっている。
A一方、少しくらい引き出し手数料を払ってもフィリピン国内田舎でも対応しているシーラス系カードを作るなら「みずほ銀行」が良い様である、この場合口座維持手数料は無料だが、フィリピンATM機からの引き出し手数料が発生する、そういう訳で1操作で比較的大きい額を引き出せるフィリピンATM機の方が手数料が少なくて済む事になる。
B他「CITIバンク」も現地ATM引き出し手数料は発生しないが、口座そのものに常備30万円以上の預金維持をしないと、
月に2100円の口座維持手数料が発生してしまい、年額に直すと25200円もの多額がかかってしまう、これなら「みずほ銀行」の口座維持手数料の無料の方が多少の引き出し手数料を支払っても断然有利となる。
※CITIBANK経営に問題が生じているようです関係箇所で良く調べてから手続きをお勧め下さいます様お願い申し上げます。

金額調整が容易である
@ 国際カードをフィリピン側に送った場合、幾つかの災難を耳にした事がある、それはカードをフェリピンATM機に入れたまま出て来なくなった、所謂カードが飲まれたと言う事例がある。
A 国際カードが破損したりATM操作を誤って磁気記憶が消えてしまったと言う例もある。
B 国際カードの磁気記憶を読み取られ乱用されるなどもある。
C フィリピンATM機の誤動作による異常額の引き出し
D 
@のカードが飲まれると謂う現象ですが、これは飲まれると言うよりも3回連続して誤った暗所番号(PINナンバー)を打ち込んだ場合日本国内では磁気記憶が抹消されますが、フィリピンATM機の大半がカード自体をATM機内にてシュレッダーにかけて仕舞う様な装置が付いているようです、ですから行員を呼んでも取り出す事は不可能な様です。

上記を含め不自然と感じた場合は即座にインターネット上から各銀行のネットバンキングにアクセスして預金全額を他銀行へ移動したり、「みずほ銀行」などの様に1カードに普通預金口座と海外で引き出す貯蓄預金口座を併用するカードもあり、ネットバンキング上から口座振替を無料で幾度でも行なう事ができる、また新生銀行などは他銀行への自分名義口座や他人名義口座へも全て無料(2004年10月から有料)で送金ができる。

以上ここまでが主な解説である、しかし近年日本の対応銀行も日々変化をとげている為何時システムがより利便性高く変化するか想像もつかない、一昔前であれば地方銀行から或いは地下銀行等を通じて送金したと言う、正規方法で送金しても多額の送金手数料が発生したり、フィリピン側まで送金完了するのに10日以上もかかったと言う、一方地下銀行などは翌日現地受取人へ円支給する素早さと言う、しかし1割もの高額な送金手数料を取っているなどと噂を耳にした事があった、また、国際EMSに現金を紛れ込ませフィリピン側のEMS職員等に幾度も現金を抜かれたと言う被害も後を絶たなかった、この場合にしてもEMSそのものが荷物専用扱いである為、現金が無くなっても泣き寝入りするしかなかったのであった、その後日本の大都市にフィリピンに本店を持つPNB(フィリピン・ナショナル・銀行)やメトロバンクなどが次々と日本国内にOPENし、暫く送金そのものに取って替わっていたのであった。
今日インターネットが世界的規模に普及をはじめ送金方法が根底から変化をとげ、より明快に個々が簡単に瞬時に送金できる様になったのである。

最後にこれらの方法を応用して犯罪行為に使われたり、或いは非合法的使用をして公的機関へ逮捕・告訴を受けても口座開設者各人の自己責任となります、また如何なるトラブルが起き様と当方サイトは一切の責任を追う者では御座いません、改めて各人の自己責任に置いて合法的に手続きを行い健全な使用をされます様改めてお願い申し上げます。

                                    
2004.09一部改正 2005.05一部改正 2005.08一部改正

ビデオ特集 掲示版 フィリピン地図 OPM TOPページ 見ると絶対お得