浜松市湖西市

*参考資料 『静岡の山城ベスト50を歩く』

宇津山城(湖西市入出)

*鳥瞰図の作成に際しては、『静岡の山城ベスト50を歩く』を参考にした。

 2016年12月23日(金)の山城の日で、野地城の後に訪れたのがこの城である。野地城からここに向かうには、浜名湖レイクラインという道路を使用した。この道はかつては有料道路であったようだが、現在では無料に開放されており、走りやすい道路である。通常の道路に入ってしまうと、道が細いところもあるので、レイクラインを使うのがお勧めである。

 宇津山城は、浜名湖に突き出した正太寺鼻という岬(城山)を利用して築かれている。北側からは洲の鼻が突き出していて、これらの2つの鼻(岬)で、松見ヶ浦の入り口を抑えている。松見ヶ浦の港を守備するには恰好の位置にある。湖上交通を押さえる要所でもあった。

 岬とはいえ、湖面からの比高60mもある小山を利用しているので、なかなかの要害といっていい。この山頂部分と、北東に延びた岬上部分の両方に城郭遺構がみられ、全体が300m×500mほどと、かなり広大な城域を誇っている。

 この山の山麓近くには正太寺という寺院があるのだが、ここにはかつては居館があったものと思われる。
 
 宇津山城を訪れるためには、山稜上にある墓地を目指すとよい。山上には駐車場もあり、「宇津山城散策コース」の案内表示もある。ただし、墓地の造成によって、南側の段々の小郭群は破壊されてしまったようである。

 駐車場のすぐ前面にある土塁が、1郭の土塁であったものと思われる。ここから案内に沿って進んでいくと、すぐに3郭の土塁のところに出る。

 目を引くのは、この土塁の裏側に石垣がびっしりと積まれているということである。この地域では石垣そのものも珍しいが、表側ではなく裏側に積まれているというのも変わっている。ということはすなわち、裏側に垂直に寄り添うように人員を配置することを意識しているということである。

 これについてはワカ殿も言っていたが、鉄砲陣地を意識した構造ではないだろうか。土塁の高さは1.2mほどであり、狙撃手が立って塁上に銃を構えるのにちょうどよい高さとなっているのである。鉄砲狭間の代わり、といったところである。いずれにせよ、この地域にかかわらず、全国的に見ても、珍しい遺構であると思われる。

 鉄砲を意識しているということに間違いがなければ、この部分は戦国後期の成立であったと想定できる。

 この土塁に沿って2段の腰曲輪が配置されている。腰曲輪を登ってくる敵は、土塁上からの銃撃斉射によって、撃ち倒されていくに違いない。

 先の「散策コース」の案内は途中で消えてしまい、ヤブが次第に深くなってくる。それでも、土塁の上をひたすら進んでいけば、一周して最後はスタート地点近くに戻れるようになっている。

 さて、ここから城塁を降りて下の城の方に行こうと思ったのだが、切岸面の傾斜がかなり急峻であったので、無理はやめて、いったん下に降りて回り込むことにした。

 正太寺の東側の脇から、東側の曲輪群に行ける道が続いている。一見、民家の敷地内に入ってしまいそうだが、そのまままっすぐに行くとすぐに3郭の城塁が目に入ってくる。

 城塁の手前には、腰曲輪と堀切がある。ここから3郭内部に進入していく道と坂虎口が付けられている。この道を登って行くと、3郭の西側の土塁の上に出る。3郭は土塁で囲まれている郭であるが、かつて畜舎が置かれていたらしく、改変もされていると思われる。この郭内部はヤブがひどくて入っていくことができなかった。

 2郭の方に進んでいくと、土塁があちこちにみられる。特に北側の奥には、高さ2mほどの土塁が見えている。ここからさらに進んでいった先が1郭ということになるのだが、ここから先はヤブがひどくなってくるので、探索はそのくらいにとどめておくことにした。

 3郭に向かう途中の民家の敷地もかつての郭の跡であると思われる。その上が畑となっているが、ここが4郭に当たる。この郭の両端には堀切があってしかるべきところであるが、埋められてしまったのか、現在ではかすかに痕跡がみられる程度である。

 宇津山城は、このように大規模かつ先進的な城郭である。そして東側の岬上の城郭が古いイメージなのに対して、山上の城郭には先進的な構造物が見られる。もともと東側の部分が城域の中心だったものを、防御上の理由から、後になって山城部分も整備していったのではないかと思われる。

松見ヶ浦の西岸から遠望する宇津山城。こうやってみると、まるで島のようである。 山上1郭の土塁。
3郭周囲の土塁。内側に石垣がしっかりと積まれている。 こちらも3郭周囲の土塁。この辺りは通路状に狭くなっている。鉄砲兵を配置した所であろうか。
岬の方の城郭に降りてきた。3郭に至る通路。右側が3郭。 岬上の2郭に残る土塁。
岬上3郭内部。内部は荒れていて探索は難しい。 岬上4郭は畑となっている。
 宇津山城は、遠州進出を図っていた今川氏親によって、永正3年(1506年)に築かれのに始まるという。城には長池氏・小原氏・朝比奈氏らが城代として相次いで入った。その頃は、東側の岬上の郭を中心とした城郭であったと思われる。

 大永年間には、連歌師宗長がこの城を訪れていることが『宗長手記』の記事から知られる。

 永禄5年以降、徳川家康の遠州進出が始まると、境目にある宇津山城は、徳川氏の侵攻を防ぐための重要な拠点となった。山上の石塁など新しい構造物は、その頃に整備されたものと考えられる。西側から接近する敵を鉄砲で撃ち白ませる塹壕であったろう。

 いかし、永禄11年12月、徳川方の酒井忠次によって攻撃されうと、宇津山城は落城した。その後は、徳川氏の持ち城となったと考えられる。







































大竹屋旅館