寺田大使への手紙

 

 

作者、チョン・ソンヒョクはこの小説を日本の寺田輝介駐韓大使に送っています。

その時送った手紙の内容がこれです。
  
 
http://www.k-comfortwomen.com/con_db/guestbook/content.asp?idx=526



送ったのはコイツ

 

以下がその翻訳です。                     


寺田輝介日本大使様へ...


こんにちは。
私は小説「百済書紀」−失った根を探して−の著者です。

日本の外務省を代表し、いや日本全体を代表して大韓民国に来られた大使様に正しい歴史の真実と一緒に今後
友好的な日韓両国間の発展的関係増進の為この小説を贈り物として贈ることにしました。
57周年光複節(8月15日)にあわせて意味深い月である最近のワールドカップの爆発的国家愛が衰えていくこの時、
私はより良い大韓民国の力、底力、そして文化の優秀性と歴史的伝統の根をお伝えしたく思いました。そして日帝
時代日本が犯した罪、即ち我々の民族全体を踏み躙り略奪し若い青年達を徴用して連行し、学徒兵として強制的
に連れて行き女子児童を従軍慰安婦として連行して性奴隷にして殺すなど消すことの出来ない暴行を犯したのに知
らぬふりをしてその生き証人が存在するのに、補償はおろか謝罪らしい謝罪もせずに、むしろその事実、軍国主義
に戻ろうとする貴方方(極右主義者達)の破廉恥な策略を見て大韓民国の守護しつつ亡くなられた大韓の護国烈士達
の末裔であって大韓民国の若者として憤怒を禁じえません。
第二次大戦A九戦犯達が安置された靖国神社を日本の総理が参拝する策略、数十年間汚濁の中で貴方がたの誤
った野望で強制殖民統治された被害国の中の一つである我々としては貴方方の眼下無人的行動にあまりにも頭に
来ます。
過去の過ちを悔やんで恥ずかしがるどころか、むしろあえて戦犯達を褒め称え、神聖視する貴方がた...
あなたたちは全く菊と刀で見るように、建前と本音に表現される表と中が他の族属たちと言う言葉ですか?
本当に人として良心が存在するのか気になります。そして言いたいです。過去の三国、即ち、百済の助けで国らしい
国の枠組みを取り揃えた日本だと...
また、百済人が貴方がた日本人を代表する日本の王家の血統的な根であると言ってあげたいです。
明仁日王も昨年末68歳の誕生日に明かした事実ではないですか?

平野神社で開かれている大嘗祭(日本の天皇即位式)やそこで百済人の先祖(聖王、ヒレイ王など...)を祭る日、そし
て新撰姓氏録に記された古代百済王族と日本王家との関係。そして七支刀銘文と広開土王碑操作の真実、(百済
が日本を実質的に支配した)と本当の歴史を...
“日本の天皇家は百済人である”
そして、日本人の根または朝鮮半島から渡ってきた移住民です。勿論大使様も歴史に関心が多く、韓国についてよ
く知っているという思いにこの事実を知っていると信じます。知りながらも日本人の知識人のように知らぬふりをしてい
るのかもしれません。
しかし歴史の真実をはっきり明らかにするもので正しい過去の歴史の清算なしでは、21Cの日韓の友好関係も1段
階の進歩も出来ないでしょう。我々が、近くて遠い隣人で本当に近づく道は、正に歴史の真実を認め、間違った過去
の歴史を恥じて謝罪することが、冷静な日本人の良心の表現で、血統的な根に対する礼遇だと思います。
そして私は日本人がこのような真実を知って悟ることを願う心で、小説百済書紀を執筆することにしました。
小説で、人物と事件に対する誤解があっても思慮深い大使様におかれては、文学の自由だとゆったりとご理解くだ
さると信じます。そして、この仮定または歴史的事実と現背景根拠として、推測したことに興味深く、また驚かれると
思います。
そして最後に浮島丸沈没事件について真相調査とあわせ被害者遺族に補償を要求します。外務省の秘密と十万点
を超える我々の文化財略奪...我々はこのまま黙って見ているだけではありません。たとえこの事をしなければならな
い政府と政治家達が自身の利益(政権維持、大統領選挙)の為、最初から無関心ですが...
我々、大韓民国国民は、ワールドカップ4強神話創造でも見た通り、決して甘い民族ではありません。必ず貴方方日本
人、特に日王が過ぎ去った間違いを悔い膝を折って謝罪する日が来るはずです。いや、必ずそのようにします。

勿論、今になって私が書いた内容を、韓国語が上手くない大使様は読めないことと思います。しかし、日本大使館内
に外国語に精通したお願いして必ずお読みになって、真実を悟られるようお願いします。
そして真の良心を捜すことを日本の代表である大使様に心よりお願い申し上げます。
光複節を控え日本の大使として天安の独立記念館を訪ね謝罪の心を伝え、心から黙祷されることが日本の大使とし
ての道理であり責任ではないでしょうか?
真実の大使様の良心を信じております。

最後に韓国人として、昨年生まれた愛子姫の安寧を心からお祈り致します。難しく生まれた姫であるだけに、健やか
に育つよう、私の小説のように、後々必ず日本の女王になって歴史の真実を明らかにし、謝罪して韓国との友好の為、
掛け橋の役割をされる事と信じて疑いません。
それでは、これで...大使様の健康をお祈り致します。


...

 

えーと...

もう言葉がありません...

 

HOME

著者紹介