アキバ神社で初詣−−2003/01/03

「秋葉原」の駅名、地名は「秋葉神社」に由来します。
でも、秋葉神社ってどこにあるのでしょう? 現在の電気街に、そんな神社はなさそうですが…


秋葉神社(台東区)
秋葉原に位置するわけではありませんが、その地名の由来になった「秋葉神社」に一度は参拝したいと思い、2003年の「初詣」のつもりで1月3日、秋葉神社に行ってきました。

この日(1月3日)は雪が降ってとても寒く、他にお参りしている人は誰もいませんでした。参道も境内も狭く、住宅街の真ん中にある神社でした。

 

秋葉神社の由来が書かれた案内板です。それによると明治半ばまで秋葉原に鎮座していた秋葉神社ですが、鉄道駅(貨物駅)の設置のため、明治21年に現在地の台東区に移転、駅名の秋葉原は秋葉神社に由来する、と記されています。

神社の住所は「台東区松が谷3-10-7」、JR上野駅から徒歩10分です。

<写真大きくなります>

秋葉神社とは関係ありませんが、神社から300mほどのところに位置する営団地下鉄の工事事務所。その入口前(上野学園のお隣)に安全祈願のカッパ様が祀られています。矢印方向に進むと、カッパ橋本通りがあるためです。
柳森神社(千代田区)
秋葉原にある神社は「柳森神社」です。JR、日比谷線の秋葉原駅から徒歩5分、神田川沿いに位置します。ご本尊は「おたぬきさん」。境内には富士塚や力石など、千代田区指定文化財があります。

神社へ行くには、ワシントンホテル手前の橋を通って神田川を渡ります。

おたぬきさんの由来が書かれたコピーが貼られていました。

 
境内にはタヌキの立像や坐像が置かれています。
 


※ブラウザの「戻る」でお戻りください。