信和中心(Sino Centre)
●地下1階、地上1階〜4階までの5フロア構成です。
●完璧にオタクビルと化しています。秋葉原の「ラジオ会館」的雰囲気の商業ビルです。
●日本のアニメ、アイドル、ドラマ、キャラクターグッズが中心です。
●中文版のコミックスや中文字幕のアニメDVD(音声日本語)も売られています。
●18禁のビデオCD、DVDソフト専門店(もちろん海賊版)は相変わらず存在します。
 → 2005年5月下旬の集中取締りで、海賊版ショップは壊滅状態。
 → 3〜4階は空き店舗ばかり目立ちます。
●最寄駅は地下鉄の「旺角駅」です。
●香港のメインストリート、彌敦道(ネイザンロード)に面しています。

<以下は2005年6月時点の情報> <2002年1月時点の情報>

信和中心、海賊版の取締りで壊滅状態/2005年6月時点
信和中心のこの外観写真は2004年9月に撮ったもの。下の写真と比べ、看板のデザインが変更されています。 2005月下旬の集中取締りで、海賊版ショップが多かった3〜4階フロアは軒並み閉店に追い込また模様。 店舗のシャッターに貼られた地元警察の警告書。アニメや18禁DVDの海賊版取扱店が取締り対象に。

旅行ガイドに「オタクビル」として紹介されている信和中心は、地下1階〜地上4階のフロアのうち、3〜4階は18禁DVD(もち海賊版)が中心のエロビルになりつつありました。2005月下旬の海賊版取締りで、海賊版アニメDVD、18禁DVDショップは摘発によって商品が押収され、2005年6月下旬の時点でかなりの空き店舗が目立つ状況です。

シャッターが下りた店舗には、地元警察の警告書とともに、テナント募集の案内も貼り出されています。営業しているお店は、合法ショップだけ(台湾からの正規版輸入店やアニメグッズ店など)になりましたが、この先どうなることやら・・・。

香港税関のWebサイトには、取締り対象店舗、押収品目などが公式発表文(PDF形式)として掲載されています。

香港税関  http://www.customs.gov.hk/ → 英語、繁体など、言語を選択
 <英語>左フレームのNotice Boardから※Copyright Ordinance, Cap.528を選ぶ。
 <繁体字>左フレームの報告板→檢取通知書から※528章、版權條例を選ぶ。

 ※ 途中でDisclaimer、 免責聲明が出たらAccept、接受を選べば閲覧可能。
 


<以下は2003年1月時点の情報、撮影>


香港最大? オタク系ショッピングセンター
彌敦道に面した「信和中心」のビル。 1階の正面入口。いつも大混雑。 店舗配置図。1階を除く地下1階〜地上4階は似たフロア構成です。
観光ガイドブックにも載っている著名なオタク系ショッピングセンター「信和中心」。PCソフトの海賊版ショップはすでに営業していませんが、相変わらず18禁のDVDソフトやアニメDVDなどの海賊版ショップは健在です。4階のフロアは完全に18禁DVDソフトの売り場と化しています。18禁DVDは1枚20〜30香港ドルが相場。アニメDVDはBOX売りが目立ちます。
100店舗を超す専門店が営業中
フロアの様子。女の子のお客さんも多いです(写っていないケド)。 秋葉原の「ラジオ会館」も、こんな感じですね。 アニメDVDショップの店頭。ほとんどが全話収録のボックス売りです。
新作アニメ、旧作アニメの全話収録ビデオCDボックスがずらり。 こちらはDVDボックス。真ん中は「まほろまてぃっく」・・・。 空き店舗や工事中のお店が何軒かありました。

アニメの品揃えは豊富です。美少女戦士セーラームーン(美少女戰士)、クリィミーマミ(我係小忌廉)、とっとこハム太郎(哈姆太郎)など、マニアックなタイトルも売られています。 「橙路」って何だか分かりますか? 「気まぐれオレンジロード」のことでした・・・。


※ブラウザの「戻る」でお戻りください。