日用雑貨を買う-サント・ドミンゴ




アスンシオンで生活している人はどこでどんなものを買っているのでしょうか?勿論スーパー・マーケットや街角のお店、日本食品店などで買い物をしているのですが、それ以外の買い物に関して、紹介して行きたいと思います。




日用雑貨を買う-サント・ドミンゴ(2004年 1月 3日)


日用雑貨に関しては、メルカード4の中、ペテロッシ通り沿いに在る「サント・ドミンゴ」が一番でしょう。ペトロッシ通りの終わり近く、通りがエウセビオ・アジャラと変わる直前の右側にこのサント・ドミンゴはあります。2階建ての建物で、上は駐車場で下が売り場になっています。何を売っているのか?と言いますと、日用雑貨、玩具、電化製品、服、靴などが売られており、早い話がミニ・エステ市と言った感じです。ごちゃごちゃと色々な商品が売られています。店のオーナーは中国人、韓国人が多く、そのせいか商品の並べ方もいたって東洋的と言いますが狭いスペースに大量の商品が並んでいます。客は地元のパラグアイ人、パラグアイに住んでいる東洋系などに混じりブラジル人などの外国人買い物客も居ます。



(写真:サント・ドミンゴが在るペテロッシ通り)

アスンシオンに縁あって越して来た方はここである程度生活に必要な雑貨類を取り揃えるのも一策でしょう。



(写真:サント・ドミンゴ内部の様子−01)

両側に溢れる商品が通路まではみ出しています。売り子は現地の人でその奥にオーナーの中国人もしくは韓国人が座っているというのが普通です。これらの人は本国から来てそれ程経過していないのか余りスペイン語は上手では無く、自国語の新聞を読みながら売り子を監督し、お金は自分が管理するというのが普通のようです。中国グルメのお店はこのすぐ近くに在り、昼食時ともなるとこれらの食堂からお弁当が届けられるわけです。



(写真:サント・ドミンゴ内部の様子−02)

日本人がよく利用するのが韓国人の子供服のお店です。韓国から持ちこんだ商品の品揃えは大変なもので、ほとんどの子供用品がここで揃います。靴、下着なども所狭しと並べられています。デザインも日本のものと似ているのも好まれる要因なのでしょう。この向いには韓国人・靴屋がありこちらも大量の韓国製の靴が並べられています。現地の靴ですとどうも日本人には細長いように感じますが、ここでは体型も似ている韓国人用ですので、比較的足に合ったものが手に入るように思います。



(写真:サント・ドミンゴ内部の様子−03)

中国人は日用雑貨、玩具などを主に扱い、韓国人は服・靴、電化製品を扱うという一種のすみわけがあるように思います。それぞれ本国の得意分野なのでしょうか?上の写真は中国人経営の雑貨店でこのような店が沢山あります。傘、バックを中心に細々したものが並んでいます。

韓国人・電化製品店も多く並んでいます。セントロ地域で買うよりもかなり安く買うことが出来ますのでまとめ買いには適しているように思います。作者は何時もここでビデオ・テープを購入するのですが、ソニーもしくはTDKの製品が10本入りで45,000グアラニ、約2200円です。日本で買うよりも安いくらいではないかと思うのですが?勿論テレビ、ビデオデッキなども置いてありますが、概してセントロなどで買うよりもかなり安く買えるように思います。製品は韓国製品と日本製品がほとんどですので、品質には問題は無いと思います。


次のページ(ショッピング・センター) へ このホームページの目次に行く

綜合目次に行く*作者作成HP綜合目次