Dungeon by KOEI ダンジョンの取説だよ。
はじめに モンスター
ダンジョン紹介 アイテム
ザルゴス島MAP Topに戻る
地下迷宮B1F 攻略Topに戻る
地下迷宮B2F
地下迷宮B3F
地下迷宮B4F
地下迷宮B5F


今さら『ダンジョン』をプレイする人もいないと思いますが、そんな素敵な方のために、このゲームの基本的な操作などについて、ここでは紹介します。
しかし、このページを見たからってプレイするかなあ(汗

あ、そうそう。こんな感じで紹介します。

  1. はじめに−タイトル画面からゲームの開始まで
  2. ゲームの操作方法について
  3. エル・ドラドを求めて旅するひとたちに

では、みなさんよろしく。




1.はじめに−タイトル画面からゲームの開始まで

ダンジョンを起動すると、タイトル画面の次にこんな感じのメッセージが出ると思います。

n)ew or o)ld?

nはキャラクターを新しく作ってゲームをすること、
oは以前にセーブしたキャラでゲームの続きをすることです。
今回は新規作成ということで、「n」を選びます。

続いて、キャラクターの職業を選択する画面になります。
以下の5つの職業から選ぶことになります。

Fighter 戦士 耐久力、攻撃力があり、武器、装甲とすべての物が買えます
Magician 魔法使い 耐久力、攻撃力とも少ないのですが、すべての呪文を教わることができます。
Priest 僧侶 すべてに平均的ですが、寺院での待遇が違います。
Thief 盗賊 器用さが特徴。盗みがうまい。
Ninja 忍者 耐久力もあり、機敏さにすぐれています。敵の攻撃もかわしやすい。

ここで注意ですが、迷宮内で拾った武器は、全ての職業で使えます。
つまり魔法使いでも、迷宮内で強力な武器があれば使用可能なのです(ええ!?)
ただし防具は迷宮内には落ちていません。そういったことも頭に入れて、職業を選びましょう。

職業を選ぶと、次は能力を決定します。
能力は光栄おなじみの、スペースキーで決定システムです(^^;
ここで重要なのは、耐久力以外の能力は、レベルが上がっても増えない、ということです(ええ!?

耐久力 モンスターに攻撃を受けたりすると減ります。耐久力がゼロになるとゲームオーバーです。
攻撃力 モンスターに与えるダメージに影響があります。
機敏さ この数値が大きいと、モンスターの攻撃をかわしやすくなったり、こちらの攻撃が成攻しやすくなります。
器用さ 呪文や盗みの成功率に関係します。
カリスマ 相手の対応が違ってきます。

たぶんカリスマはいらないと思います(汗

耐久力は重要そうに見えますが、実は低くても大丈夫です。
ゲーム開始後、最初に街につくまでに保てばそれで充分です(汗
能力については、職業にあったものを強化すればいいかと思います。
足りない能力は、「チェンジ」で補えばいいのですから・・・。

あとは5ポイントのボーナスポイントを振り分ければ、そこはもうザルゴス島です。
さあ、エル・ドラドを探し求める旅に出ましょう!



2.ゲームの操作方法について

画面はこんなかんじです。
ダンジョンの画面です。
1.メイン画面。
2.ザルゴス島の地図です。地上にいる時は自分の位置が表示されます。
3.メッセージ画面。戦闘の状況などもここに表示されます。
4.耐久力。0になればもちろんゲームオーバーです。
5.経験度。モンスターと戦うと増えます。5000あれば、どこかでレベルを・・・
6.食料。移動すると減ります。0になると耐久力がものすごい勢いで減ります(汗
7.所持金。お金はいくらあっても困りません(^^;

ゲームの進行は、半リアルタイムです。何もコマンドを入れないと、パスしたとみなされます。
パスになる時間は、街や城では長く、戦闘中は短いです。注意。

地上では2.4.6.8のキーで移動します。
それ以外のコマンドは以下のとおりです。
Attack 敵に攻撃をしかけます。攻撃中のコマンドはこちらを見てください。
Cast 呪文を唱えます。事前に[R]で準備するのをお忘れなく。
Drop 装備している武器を捨てます。一度捨てた物は拾えませんので注意。
Enter 街や城、地下迷宮に入ります。
Get モンスターの落とした武器を拾います。
Inventory ステータス画面を表示します。セーブもここで
Out 街や城、地下迷宮の出口にいる時、外に出ます。
Ready 武器や呪文を装備します。
Steal ドロボウします。人の前ですると、ダンジョン直行です(泣
Transact 人やモンスター(!)と会話します。
Pallet モノクロモニター用に、パレットを変更します(^^;
eXchange ダミーキャラと「チェンジ」します。要「チェンジ」。

ダンジョン内も基本的には変わりませんが、移動キーが少し変わります。
8キーで前進、4,6キーで左右を向く、2キーで後ろを向く、です。
下に降りるときは「E」キー、
上に上がるときは「O」キーです。はい。

続いて、戦闘シーンのコマンドです。
ワイトと戦うの図。グラフィックがキレイですね。
4,6,8キーは戦闘時も移動キーとして使います。
モンスターは常に正面に現れてくれるわけではありません。モンスターの方を向くとき、
そしてモンスターから逃げるときにも、移動キーを使用します。

戦闘は、自分>>モンスターの順にターンが進みます。
自分のターンに攻撃、モンスターのターンに防御コマンドが選択できます。
移動やその他のコマンド(TransactやReadyなど)はいつでも選べます。

攻撃 <> 防御
チョップ ブロック
突き刺す RET さがる
振りまわす かがむ
切り下ろす サイドステップ
攻撃コマンドは、対応する防御コマンドで避けることができます。
ただ、実際にはそんなの分からないですが(汗

戦闘に勝つと、経験値とお金、あとモンスターによっては武器を落としていきます。
武器にはとんでもないガラクタもありますので注意。




3.エル・ドラドを求めて旅するひとたちに

ゲーム開始直後は、とりあえずガンピュールの村を目指して下さい。
食料屋と神殿を完備した、旅の拠点となる街です。
というか、なぜ全ての街にこのふたつの施設がないのか、とも思うのですが(T_T)

ゲームの序盤は、ひたすら街の上で「A」キーでも押して、経験値とお金を稼ぎましょう。
移動しなければ食料が減りません。序盤ではこれが結構重要です。

ある程度余裕ができてきたら、ザルゴス島を歩いてみるのもいいですし、いきなりダンジョンに潜るのもいいでしょう。
ダンジョン地下1階にいるスケルトンは、剣を落としてくれます。
これは市販では最強の武器です(魔法使いも装備できますよん☆)。
また、売れば500gpになります。

多様な種族が生活するザルゴス島を旅することも楽しいかと思います。
点在する街や城の人々との会話は、とても当時のゲームとは思えないほど多様です。


ゆっくりとプレイしようじゃないですか。
『ダンジョン』は、今では古きよき時代のゲームのひとつ、なのですから。