春の四万十川ウォーク   (愛媛県松野町〜宇和島市)
                           2004年4月11日
 bR5  bR6  bR7  bR8  Top


1)
今日は万年荘ユースホステルから
左の遊歩道を上って雪輪の滝の
方向に上っていきます。
(ユースホステルの全景)
2)
右手中程が万年荘ユースホステル
八面山に登り、鹿ノコルに出て、
毛山を下ってうわじまユースホステルまでの行程です。
3)
滑床の渓谷の風景。
4)
滑床の渓谷の風景。
5)
滑床の渓谷の風景。
雪輪の滝(側面)
6)
滑床の渓谷の風景。
雪輪の滝(正面)
7)
滑床の清流を使っての鱒の養殖
池です。丸やら四角の池が10数
個におおよそ○○匹。その稚魚も
△△匹・・・・・・。

その管理や餌やりでこれ又、
大変な仕事です。
8)
八面山から下ってくる一行。
木々の間の登山道。
緑の空気を一杯いただいて、
さわやかに。
9)
源流水です。
程良く冷たく、何の癖もなく
一杯が飲めました。
10)
鹿ノコルで一休み。
ここからは宇和島市街や
宇和海が展望出来ます。
が、今日は残念ですが、
霞がかかったように見えます。
11)
みかんやトマトを食べて
鋭気を養う一行です。
12)
ここは車が上ってきます。
道の傍らの丸太を置いた
休憩所です。
13)
毛山から湧き出る「天与水」
それぞれの思いをボトルに
詰めて、これからの下り坂道に
備えています。
14)
私たち一行を迎えてくれた、
子ども達です。
元気盛り、やんちゃ盛りです。
15)
うわじまユースホステルに
ただ今、到着です。
とうとう、たどり着きました。
やれやれ、・・・・。
やっとの思い、・・・・。

でも、元気な勇姿を写真に
撮らせてもらいました。
16)
今までの労を全て忘れたかの
ように、乾杯。
宿毛から70km以上を歩いて来て
野を越え、山を越え、四万十川を
横に見ながら、滑床の山を登り、
・・・・・。この3日間歩いて来たことが
今、脳裏に深く、鮮やかに刻み込
まれようとしています。

トップ このページのTOP