フィジー旅行記トップへ トップページへ

フィジー旅行記・4日目午後


マナ 2日目 午後



サウスビーチ  お昼ご飯のあとはサウスビーチ(右の写真)に行きました。ところがちょっと波が強くって泳げるような雰囲気ではありませんでした。マナ島ではノースビーチかサウスビーチのどちらかで波が高ければ、もう片方では穏やかな海なんだそうです。どうやら逆を選んだようでした。(^^;)
 いずれにしても日本の海水浴場とは違って、珊瑚礁が間近に迫る海ですから、のんびり泳ぐというものでもないようです。そこでスパイボートというのをやってみました。これはマナ島では無料で貸してくれます。ビート板を大きくしてゴツゴツさせたようなもので、これに上半身を乗せてうつ伏せになって遊びます。ちょうど顔の真下の位置が透明のアクリル板になっており、すぐ下の海が見られるというしくみです。シュノーケリングよりも手軽と言えば手軽ですが、それほどきれいに見えるものでもありません。ちょっとがっかり。

プール  カミさんと交代でスパイボートをやっていると、子どもたちがプールに行きたいと言い出しました。波も高いし、あまり遊べそうにないのでプールに移動しました。この頃は、子どもたちはまだあまり泳げなかったので、プールの方が楽しかったようです。プールは足が届かない深さなので、当然浮き輪が必要です。プールサイドにはバーがあって、ここもやはりサインだけでビールが飲めます。
 さて、今日は夕方の4時からのアクティビティにカバkaba)を飲むというのがありました。これが面白そうだったので3時半頃までプールで遊んで、そのあとは部屋でシャワーをあびました。そして4時にはアクティビティ・ブレという名前の小屋に行きました。マナアイランド・リゾートの人たちは、さすがに観光業らしく時間をきちんと守ります。フィジータイムとか言うものもあるようですが、少なくともこの島では日本と同じ程度には時間が守られていました。ちなみにニュージーランドでもキウィタイムとかいいますよね。

カバ  さて、カバというのはフィジー独特の飲み物なんですが、これは古い伝統を持ってるそうです。人々が集まって儀式をするときに飲まれるそうで、その飲み方も儀式的です。カバを振る舞う側は、島あるいは部族の長老ということになるそうで、このアクティビティではおじさんふたりがそれららしい民族衣装を着て準備してくれました。参加者は車座になって座ります。この日は20人ほどいたでしょうか。
 右の写真のように、おじさんたちは専用の臼のようなものでカバを作ります。カバのもとになる粉末を布袋に入れて、その袋を水の中で揉んで溶かすわけですが、水の容器がペットボトルというあたりがいいかげんです。(笑)  この粉末は売店で買うこともできました。できあがった液体をお椀のような木の容器ですくって、そのお碗を参加者に差し出します。このときみんなで手をたたいたり、なんだか声をあげたりします。そしてググッと飲み干します。飲み干すとお椀をおじさんに返します。おじさんはこのお碗にもう一杯くんで、次の人に差し出します。こうやって車座になっている全員が順番に飲ませてもらいました。わたしも飲みましたが、あまりうまいものではありませんでした。ちょっと刺激のある味ですが、それほど辛いというわけでもありませんでした。

 このあとは、またしてもビンゴをしました。もちろんハッピーアワーの半額ドリンクを飲みながらです。ビンゴの抽選は、商店街の福引きのようなカゴから数字の書いてあるボールを取り出す方式なんですが、この係のおじさんが面白い人でした。うちではひそかに(?)「ビンゴおやじ」と名付けていました。たとえば 15 を引いた場合、大きな声で「フィフティーン。ワン、ファイブ。」などと言うんです。我々の方はビンゴカードを睨みながら、これを聞いているわけです。でもビールも飲まなきゃいけないし、子どもがワイワイ言ったりするので、なかな忙しいです。このビンゴおやじはときどき日本語で「じゅうご」などとも言ったりするので、それがまた楽しかったです。さらに数字を言う前に「クリスチャン・カレンの番号」などと言うクイズっぽいことも言ったりするので、とても盛り上がります。ちなみにカレンはオールブラックスのフルバックで、背番号はもちろん15です。この日も残念ながらビンゴになりませんでした。(T_T)

 ハッピーアワーのあとは夕食です。この日のバッフェはロボlovo)料理でした。これはニュージーランドのマオリの料理で言えばハンギ(hangi)に相当するものです。半年後にクック諸島に行ってわかったんですが、クックでも同じようなものがあって、あちらではウム(umu)と呼ばれていました。ようするに、地面に穴を掘って肉や野菜を入れ、熱した石とヤシやバナナの葉で蒸し焼きにするというものです。ママヌザレストランのすぐ近くにロボを作る穴があり、6時に料理を掘り出すということでしたので、行ってみました。多くの人が見物に来ていました。なぜか生バンドのミュージックつき。

ロボ1   ロボ2   ロボ3

 左上の写真のように表面には土がかけられていますので、まずこれを取り除きます。土の部分を掘るとヤシやバナナの葉が出てきます(中央の写真)。最後にこの下にあるお肉や野菜を取りだして、右の写真のようにテーブルに準備されるというわけです。
 お肉はビーフ、ポーク、ラム、チキンがあり、野菜もジャガイモ、サツマイモ、タロイモ、タマネギをはじめたくさん調理されています。食べた感想としては、ロトルアのマオリツアーで食べたハンギより美味しかったです。もちろん料理は食べ放題ですが、このロボ料理以外にも肉料理やサラダ、デザートなどが豊富にありました。

メケショー  この日の締めくくりは夜9時からのメケショー(無料)でした。メケ(meke)というのはフィジー伝統の戦いなどのダンスです。民族衣装を着た人たちの迫力あるダンスを見ることができました。




午前に戻るフィジー旅行記トップホームページ翌日に進む