フィジー旅行記トップへ トップページへ

フィジー旅行記・5日目 お昼


マナ 3日目 お昼



 この日も気持ちのいい朝でした。波の音が心地いいんです。
 身支度をして朝食に出かけました。すると今日も客室係のマラマさんに出会いました。わたしたちは「ブラー」と挨拶を交わしました。恥ずかしがって逃げる息子を捕まえて、マラマさんはキスをしました。どうやら相当のお気に入りのようでした。(^^)
 朝食は毎日同じです。卵料理の列に並びながら「今日は何にしようかな〜。目玉焼きかな!」などと考えていると、目の前に並んでいる日本人がなんだか英語で悪戦苦闘中。コックさんに「メダマ?」とかなんとか日本で助け船を出してもらって、やっと注文できたようでした。「う〜ん、日本人の英語はタマゴの焼き方も注文できないくらいなのか...」と、(本職)英語教師としては寂しくなりました。オムレツ(omelet)だけでなく、片側だけの目玉焼き(sunny-side up)、ひっくり返して両面焼いた目玉焼き((tipped) over, turn over, over-easy など)、スクランブルエッグ(scrambled eggs)ぐらいはぜひ覚えておきたいですね。それから、オムレツ用に用意されている具を全種類入れて欲しいときは、everything と言ってくださいね。半熟が嫌なら overcooked と、油を少な目にしてほしければ Less oil, please. と、言えばいいでしょう。
 ところで両面焼いた目玉焼きは(少なくともわたしのまわりの)ニュージーランド人は食べないようで、「不良品」だとしか思えないそうです。うちのカミさんは大好きなんですが。(^^;)
 どうでもいいことですが、息子がオレンジジュースを飲む時にグラスを落として割っちゃいました。ゴメンナサイ。

マッサージ  午前中はまずサウスビーチに行きました。キッズクラブのアクティビティとして桟橋付近での魚の餌付けというのがあったからです。しばらくビーチで遊んでいると時間になり、子どもたちを引き連れたマークさんがサウスビーチにやってきました。そこで我が家もその一団に合流し、桟橋まで行きました。マークさんはあいかわらず子どもたちのヒーローです。幼稚園の先生風というよりは、みんなのリーダーといった感じです。残り物のパンを魚たちに投げてやると、もう恐ろしいほどの魚が寄ってきてバクバク食べていました。楽しかったです。
 ビーチに戻ると、ちょうど誰かがマッサージ(右の写真)をしてもらっていました。これは有料のサービスで、ビーチでも客室でもやってもらうことができます。
 その後、例によって子どもたちはプールに行きたいと言い始めたので、プールへと移動しました。プールで遊んでやるのは大変なんですが、プールサイドで飲むビールは格別です。(笑)

 お昼は今日もBBQランチ。のんびりと食べました。それから絵ハガキを買って、ニュージーランドの自分たち宛に出しました。

 午後は、マナ島の西のはずれにあるサンセットビーチに行ってみることにしました。ノースビーチとサウスビーチは非常に便利がいいんですが、このサンセットビーチに行くにはちょっと歩かなければなりません。歩いていってもよかったんですが、この暑さの中で子どもがうんというとも思えませんし、ちょうどこの日の無料アクティビティとしてサンセットビーチへのトラクタによる送迎があったので、それを利用することにしました。何と言っても子どもはこの手の乗り物が大好きです。うちの子も、ネイピアのガネット見学ツアーのトラクタ、クライストチャーチの国際南極センターのハグランド、オタゴ半島のペンギン見学ツアーのアーゴなどですっかり気に入っていたので、喜んで乗りました。


トラクタ   サンセットビーチ

 左上の写真のようなトラクタに引かれて、ガタガタゴトゴト行くわけです。ビチ・レブ島から飛行機でマナ島に来た人たちは、飛行場からレスプションまでこのトラクタで送迎されます。また、島内で結婚式を挙げる場合の移動にもこのトラクタが使われるようです。
 トラクタはジャングル(?)の中を進み、途中で教会や飛行場を通っていくのでなかなか楽しいです。歩いてサンセットビーチに向かう人たちを追い越すときに手を振って挨拶するんですが、揺れをこらえるためにしっかり手すりにつかまっているので、あまり余裕がありませんでした。(笑)
 サンセットビーチ(右上の写真)は人が少なくて静かなビーチでした。ただし、潮の関係なのか風の関係なのか、波がメチャクチャ速かったです。ちょっと泳げそうにありませんでしたが、やどかり探しサンゴのかけら拾いをして遊びました。いっしょにトラクタに乗って来たカップルは、日没までいて夕陽を楽しみ、それから歩いて帰ると言っていました。うちはもちろん、2時間後に迎えに来てくれたトラクタで帰りました。(^^;)

夕陽  部屋に戻ってシャワーを浴びたあとは、ハッピーアワーのビール&ビンゴです。ちょうど夕焼けがきれいでした。この夕焼けはサンセットビーチで見るともっときれいなんだろうな〜、あのカップルも今頃見てるのかな〜、などと考えていたら、なんとそのカップルが隣りに座ってビンゴをやっているではないですか。聞いてみたら、暇をもてあましたから夕陽の前に帰って来ちゃったんだそうです。
 ビンゴおやじは今日も絶好調でした。ビンゴおやじに日本人かと聞かれたので、ニュージーランドに住んでいる日本人だと答えました。すると、Oh, New Zealand Japanese! Japanese Kiwi! などと、わかったような、わからないようなことを叫んでいました。例によって番号を発表するときにラグビー選手の背番号をヒントにクイズを出します。あるニュージーランド人が答えられなかった番号をわたしが当てたら、「日本人でさえ知っているのに...」と、そのニュージーランド人をいじめていました。
 さて、この日は、みごとビンゴを完成させました! でも、同時に多数の参加者が達成したため、たったの2ドルしかもらえませんでした。しかも、その2ドルでもう1ゲームしたため、結局やられました。

 このあとは夕食で、それから楽しみにしていた「やどかりレースCrab Race)」がありました。詳しくは次回。乞うご期待。




前日に戻るフィジー旅行記トップホームページ夜に進む