戻る トップページへ

新 聞


ニュージーランドの新聞  日本と違って、ニュージーランドには有力な全国紙がないため、日刊紙は基本的に地方紙だけしかありません。また、朝夕の両方発行される新聞はないそうなので、どちらか一方になるようです。日刊紙は、普通日曜日は休刊です。そのかわり、日曜日だけ発刊される新聞があって、この中には全国紙もあります。
 購読申し込みして配達してもらわない場合でも、スーパーマーケットなどで買うことができます。

 パーマストン・ノースでは Manawatu Evening Standard 紙(右の写真)がメジャーな新聞で、わたしもこれを購読しています。夕刊のみですが、月々 $16.74 です。ニュージーランドの新聞は、どれもとても安いです。なお、この新聞も日曜日は発行されません。ところが、パーマストン・ノースでは、日曜日だけ発行される別の新聞 The Tribune が無料で配達されます。(^^)

 土曜日の新聞は、ページ数が多くなり、各種の特集があって読み応えがあります。特に classified という求人や売買の情報ページが面白いです。ガレージセール(フリーマーケット)の情報も、この欄に掲載されます。

 ニュージーランドの新聞で特徴的なことは、不動産広告がとても多いということです。住宅の売買や賃貸の情報が新聞にたくさん載ってくるんです。特に土曜版では毎週数ページの広告案内が写真付きで入ってきます。ニュージーランドでは、家族構成が変わったり、気に入らなくなったりした場合に家を変えるのは、よくあることらしいです。日本とは家に対する考え方が、全く違うわけです。
 住宅のほかに、自動車関係の広告も多いです。これは日本と同じですね。

 面白いことに、日本の新聞と違って、折り込みのチラシは入っていません。ちょっと残念(?)です。ただし、スーパーマーケットやディスカウントショップの広告チラシは店頭に置いてありますので、お店に行けば目玉商品はわかります。



戻る