戻る トップページへ

パソコン


DELL Inspiron 5000e  ニュージーランドでパソコンを利用する場合、日本から持ち込む方法と現地で買う方法があります。ただし、インターネットだけを利用したいのであれば、インターネット・カフェへ行くという方法もあります。

 日本からパソコンを持ち込む場合、普通はノートパソコンだと思います。わたしも日本からノートパソコン(DELL Inspiron 5000e)を持って来ました。持ち込む場合には、モデムの形状が日本とはちがうため、モデムの変換プラグが必要になりますが、これはニュージーランドで安く買えるので問題ありません。各国対応のモデムの方が安心ですが、通常の日本のモデムでも使えるようです。
 ただし、電源ケーブルについては特に注意が必要です。詳しくは、こちらのページへどうぞ。

 パソコンを持ち込むときに忘れてはならないことは、自分が所有しているソフトウェアの CD-ROM を持参するということです。パソコンはいつお陀仏になるかわかりませんから、そのような場合に備えることが必要なわけです。Windows やワープロなどのアプリケーションソフトの CD-ROM は絶対に必要です。持っていない場合、あらたに買わなければならなくなります。日本語版の入手は困難ですし、その上もちろん高価です。必ず持って来るようにしましょう。
 わたしは日本から持って来るに当たって、枚数が多いため、箱ごと持ってくるのをやめました。マニュアルは不要だと判断し、ディスクのみ持ってきました。ただし、セットアップに不安のある人やマニュアルの必要な方は、箱ごと持ってきた方がいいかもしれません。

 バックアップ用のメディアも気になるところですが、こちらでは ZIP と CD-R が主流です。日本で一般的な MO は、まずありません。わたしは、ZIP や CD-R を新しく買いたくなかったので、日本から MO ドライブとディスクを持ってきました。
 現在は CD-R のついたマシンが多いと思いますが、CD-R のメディア(ディスク)はこちらでも十分手に入りますので、心配いりません。

 プリンタは、エプソンやキャノン、ヒューレット・パッカードあたりが売れ筋のようです。値段は日本と同じくらいだと思いますし、日本とほぼ同じ機種が売られているようです。プリンタの場合は、外国仕様であっても印刷に問題はありません。特にこだわりがなければ、高い送料を払うより、こちらで買った方がいいでしょう。
 わたしは、こちらに来てから買いました。なお、インクは日本よりも高い気がします。

 さて、ニュージーランドでパソコンを買う場合の注意点です。
 まず、OS は Windows にしても Mac にしても、当然英語版ですので、それが嫌であれば、日本から日本語版の CD-ROM を持ってきて、購入後に自分でセットアップする必要があります。また、インストール済みのソフトがいくつかあったとしても、それらもすべて英語版です。それが困るなら、やはりアプリケーションソフトの CD-ROM を日本から持って来て、インストールする以外にありません。
 パソコンの値段は日本とほぼ同じと考えて良いと思います。したがって、物価の違いを考えると、ニュージーランドではパソコンは高価なものだということになります。パソコンショップではだいたい NZ$2,000(約 10 万円)ぐらいのものが最も安い機種です(2001年10月現在)。これはもちろん、COMPAQ などのメーカー製で、ディスプレイやキーボードもついていて、ソフトウェアも含んだモデルの値段です。

 わたしの場合、カミさん用にもう一台デスクトップが必要だったので、プリンタと同時に購入しました。わたしは、お店が自作してショップブランドのパソコンとして売っているところを見つけて、構成内容を交渉し、次のようなマシンを NZ$1,675(約 8.7 万円)の安値で買いました。

■ATX Mid-Tower Case with 250W Power Supply
■Gigabyte Socket A Motherboard  ■AMD Duron 750MHz Processor
■20.4GB UltraDMA ATA IDE HDD  ■128MB SDRAM PC133
■Integrated 3D Sound Card & Speakers  ■Integrated AGP 3D Graphic Card
■56k V.90 PCI Internet Fax/Data Modem  ■1.44MB FDD  ■48x Speed Fujitsu CD-ROM Drive
■Philips 15" Digital Color Monitor  ■104-Keys Internet Keyboard  ■Microsoft Wheel Mouse Optical
■Microsoft Windows ME(英語版)  ■Corel WordPerfect Office(英語版)

 意外なこと(?)ですが、ショップブランドの自作パソコンを売っているお店はけっこうあるようです。もっと安い値段のパソコンを扱っているお店もありますし、だんだん値下がりしているような気もします。パソコンに詳しい方は、メーカー品にこだわらないのであれば、ショップブランドのパソコンを買ってみるのも安上がりでいいのではないでしょうか。



戻る