戻る トップページへ

郵 便


郵便ポスト  郵便に関しては、日本の郵便局に当たる New Zealand Post のサービスを利用するのが一般的です。ただし、1998年に法改正されて他社の参入が認められてから、一般企業で郵便サービスを行う会社がいくつか出てきましたので、選択肢は複数あります。
 New Zealand Post のポストは、右の写真のような白・赤・黒の3色のポストです。このほかに、別の会社の緑色のポストもあります。

 手紙の料金は、普通郵便(Standard Post)の場合、市内は 35 セント、市外は 40 セントです(パーマストン・ノース市の場合)。もちろん、速達(Fast Post)、書留(Registered Post)、小包便(Post Parcels)、宅配便(Courier Post)などのサービスもあります。

 日本へのエアメールの料金は、ハガキがサイズに関係なく $1.50、手紙が Medium サイズで $2.00 です。これでも2001年になって値上げされた料金なんですが、安いです。郵便局に行くと International AIR POST と書かれた青いシールが(好きなだけ)もらえるので、それを貼って出すのがキウィ流です。(絵)ハガキを出す場合には、小さめのシールと小さめの $1.5 切手のセットがあるので、それを利用するといいでしょう。あとはポストに投函するだけです。投入口が2つある場合は、よく見て FAST POST / AIR POST の方へ入れましょう。(運がいいと?)5日間ぐらいで日本に届きます。
 なお、小包を日本へ送る場合の料金も、日本から送る場合に比べてかなり安いです。

Post Shop  さて、ニュージーランドの郵便局は POST SHOP という名前です。左の写真にあるような、赤い封筒のマークの看板が目印です。平日は5時までの営業で、土曜日も午前中のみ営業しています。
 切手はもちろんですが、封筒・便せん・絵ハガキ・各種カード・梱包用品なども売っていて、文房具屋さんのようです。さらにお菓子や雑誌まで売っている場合もあります。この点は、日本の郵便局とはちょっと違いますね。
 でも、電気やガスなどの支払いも、ここでできます。このあたりは、日本の郵便局とちょっと似ていなくもないです。
 また、自動車登録・名義変更POST SHOP でできます。



戻る