戻る トップページへ

表現に変化をつける

〜 えっ、同じものを指してるの? 〜


 英語の文章では、同じ人をさす場合でも表現をコロコロ変えます。同じ言い方を繰り返すのは拙い表現法だと認識されているからです。この点をあまり意識しない日本語とは大きく異なります。
 したがって、同じ人物のことが文中で「英語教師」、「このニュージーランド人」、「オークランド出身者」、「学校の人気者」、「35 才の陽気な男」、「ラグビーファン」、「二児の父」、「元羊飼い」などと呼ばれてしまうわけです。

 あるときラグビー雑誌を読んでいたら、このことを実感する文章を目にしたので、ちょっと紹介します。
 Rugby News という雑誌の No.33 October 9-15 2002 p.13 で、ニュージーランドのプロラグビー(NPC)2部リーグの準決勝プレイオフ展開予想記事の一部分です。最初の3行は見出しです。

--------------------------------------------------
Div II Semi-finals Sunday October 13 Preview
Counties Manukau v Manawatu
Growers Stadium, Pukekohe

 The biggest difference between the second and third placed teams on the NPC second division ladder is their offensive records this season. Counties Manukau have one of the most dangerous backlines in the competition and under new coach Bruce Robertson the Steelers have shown they can score tries from anywhere on the field.
 The Pukekohe-based side has scored 282 points (which is still well short of Hawke's Bay's tally of 344) this season while Manawatu has only managed 181. However, the green and whites have conceded fewer points than Counties Manukau --- 142 against the Steelers' 166.
 The key for the visiting side will be their defence --- especially when it comes to stopping blockbusting wing Sitiveni Sitivatu.
--------------------------------------------------

 いかがでしょうか?
 下線部はすべていずれかのチームを指しているわけですが、混乱せずに理解できたでしょうか。背景知識がないと、理解するのは大変だと思います。難しいですね。

 以下が正解です。

Counties Manukau(チーム名) = the second placed team(今シーズン2位), the Steelers(チームのニックネーム), they, The Pukekohe-based side(Pukekohe が本拠地), their

Manawatu(チーム名) = the third placed team(今シーズン3位), the green and whites(ユニフォームの色が緑と白), the visiting side(アウェイ側のチーム)



戻る