戻る トップページへ

名前の発音


 「独特な発音(1)」と「独特な発音(2)」で紹介したような発音が、多くのニュージーランド人の発音です。こういった音の特徴は、当然ながら固有名詞にも当てはまります。
 固有名詞以外ならば、文脈の手助けでたいていは何とか理解できます。しかし固有名詞、特に人名の場合は、音とスペリングを一致させるのがかなり難しいです。もともと人名や地名はスペリングが同じでも違った発音になる可能性は多分にあるわけですが、ニュージーランド英語の発音の場合には、さらに戸惑うことになります。

 まず、アメリカ英語の / æ / の音は / e / になるわけですから、Anna はエナHannah はヘナSarah はセラ(セーラ)になります。ここまでは、たいしたことはありません。ややこしいのは、これからです。Janie は(ジェイニー/ジャイニーでなければ)ジェニーですが、だとすると Jenny はどうなるのでしょう?

 そうです。
 / e / の音は / I / になりますから、Jenny はジーニーと呼ばれます。だから区別がつくわけです、いちおうは。
 しかし、この区別はとても微妙です。人によっても違います。困るんですよ...... (>_<)

 わたしの受け持っているあるクラスに、Janie さんと Jennifer さんがいました。クラスメートが「ジェニー」と呼びかけた場合、どちらをさしているのかを聞き分けてとっさに理解するのは非常に難しかったです。
 そこでわたしは、授業中は Janie は「ジェニーさん」で Jennifer は「ジェニファーさん」と呼ぶルールにしました。つまり、Jennifer のことを Jenny と呼ばせないことにしたわけです。

 さて、Amy はエミーの場合もありますし、/ ei // ai / のルールがありますのでアイミーと呼ばれることもあります。Jaime は、たいていジャイミーです。
 ただし反対に、ジェイナと名乗った子の名前が Gina だったということもあります。やっぱり名前は難しいです。



戻る