戻る トップページへ

自動車事情

〜 ここは日本? 〜


 日本で国際免許証を取得していればニュージーランドで自動車を運転することが可能です。また、人身事故を起こした場合の補償は国が行うので、自動車保険は対物と自損ということになるので比較的安いです。だからニュージーランドは自動車に乗りやすい国と言えそうです。むしろ、はっきり言ってニュージーランドは rural な国ですから、滞在するのであれば自動車無しではやっていけないと言った方がいいかもしれません。

 日本にいると国産車と外車という区別が常に頭の中にありますが、ニュージーランドにはありません。なぜなら国産車が無いからです。では、どんな車が走っているのかというと、日本車がメチャクチャ多いんです。だから車で走っていると、外国という気が全くしないんです。まるで日本にいるようです。8割ぐらいが日本車なのではないでしょうか。そのほかは Ford などの(小型の)アメリカ車と、オーストラリア製・イギリス製の車をよく見かけます。都市部では BMW やベンツ、ポルシェも走っていますが、日本より少ないと思います。
 日本車の中でも特にトヨタが多いような気がします。まあ、日本でもそうですが...
 ちなみに電化製品も主流は Panasonic、SONY、SHARP、SANYO などの日本のメーカーの製品です。

自動車登録証  車を買う場合に、新車ではなくて中古車を買うのがニュージーランドでは普通のようです。したがって、町で見かける車も古い車が多いです。日本で寿命を終えた車が、こちらでまだまだ現役として活躍することも多々あるようです。新車はとても高いんですが、中古車でもけっこうな値段です。需要があるからなんでしょう。ただし、これは自分の車が古くても売ることができるということも意味します。日本では査定がつかないような車でも売れるらしいです。長期滞在なら、中古を買って帰るときに売ってしまうというのが、ベストのようです。
 ただし、日本から自分の車を個人輸入する手もあるようです。

 車を手に入れたら、REGO と呼ばれる自動車登録をしなければなりません。ディーラーで車を買えば向こうがやってくれますが、個人的な売買の場合は自分でしなければなりません。1年または半年のどちらかで登録し、料金を払います。
 なお、名義変更の費用は $9.2 でした。書類への記入はとても簡単で、しかも日本とは違って郵便局であっという間に手続きが済んでしまい、とても楽でした。
 登録証はフロントガラスに貼っておきます(右上の写真)。

車検証  車検(Warrant of Fitness)は半年に一度しなければなりません。ただし、新車から6年間は1年に1回です。日本と違って頻繁に受けなければならないわけです。しかし、車検と言うよりは6ヶ月点検と言ったほうがいいような簡単な検査のようで、費用は約 $25 です。
 車検が済むと、車検証もフロントガラスに貼らなければなりません(左の写真)。

 ガソリンスタンド(petrol station)はセルフサービスのところが主流のようですが、日本のように店員さんが給油してくれる店もかなりあります。ただし、お金を払うときには必ず車を降りて、店舗の中で支払います。店舗は通常、ちょっとしたコンビニのようになっています。売っているものの値段は高いです。冬になると薪も売ってます。
 最後にひとつ。日本人のように熱心に洗車をする人はあまりいないみたいです。(^^ゞ



戻る