戻る トップページへ

道路事情

〜 左折よりも右折が優先 〜


 ニュージーランドは何と言っても日本と同じ「右ハンドル・左側通行」ですから、日本人にとってはとても運転しやすい国です。しかも、一般的にマナーを守って安全運転をする人が多いようで、比較的安心できると思います。
 交通ルールの中で日本と違うものはわずかしかありませんので、すぐに覚えられると思います。でも、数はわずかでも全く正反対だったりするので、注意が必要です。ここでいくつか取り上げてみます。

ラウンドアバウト  まず第1に、信号がなくてそのかわりにロータリーになっている交差点が多いということがあげられます。このロータリーはラウンドアバウト(roundaboutと呼ばれています。日本にはロータリーはあまりありませんので、最初はとまどいます。ラウンドアバウトで絶対注意しなければならないことは、自分よりも右から来る車の方が優先だということです。
 ラウンドアバウトになっている交差点に進入する際には、必ず右から車が来ないことを確認します。右から車が来たら譲らなければなりません。このことは、路上のペイントや標識で GIVE WAY と表示されています。そして、右から車が来ないことを確認してから、ラウンドアバウトに沿って直進・右折・左折をすることになります。

 次に黄色い停止線にも注意しなければなりません。GIVE WAY を指示する停止線には2種類あって、白い線と黄色い線があります。黄色い線がもっとも優先度の低い立場であることを示します。GIVE WAY はラウンドアバウトに限らず、どんな交差点であっても存在します。

 第3に、ラウンドアバウト以外の交差点では、左折より右折する車の方が優先なんです。これは日本とは全く逆ですので、慣れるまでは不思議な気がしますが、気をつけないと危険です。当然直進がもっとも優先ですが、その次は左折ではなくて右折なんです。右折する対向車がいるのに、先に左折しようとすると事故の元です。逆に、左折する対向車が待ってくれているのに、なかなか右折しないのは迷惑です。

 第4に、自転車への注意があげられます。日本とは違って、ニュージーランドでは自転車は全く自動車と同じように通行します。したがって、よく注意しないと自転車と接触しそうになることがあって、危険です。
 ニュージーランドでは自転車に乗る際はヘルメットをかぶることが義務づけられています。また、自転車競技の選手も顔負けの(本格的な?)ウェアを来て自転車に乗っている人がとても多いです。格好だけでなく、曲がりたい方向を手で指示する人も多いです。

 最後に、制限速度の変化に注意しなければなりません。町中では制限速度が時速 50km ぐらいの道路でも、郊外に出ると急に制限速度が 100km になったりします。逆に 100km で走っていて、町にさしかかって制限速度が変わっているのに気づかずにいると、ものすごいスピード違反をしていることになってしまいます。制限速度が 100km になっている区間をハイウェイと呼ぶようですが、しょせん同じ道路です。ニュージーランドはスピード違反に対して厳しいそうです。道路標識に十分気をつける必要があります。ただし、表示の単位がキロメートルなのが日本人には助かります。
 また大都市及びその周辺では、ハイウェイがそのままモーターウェイになります。この区間には交差点が無く、日本の高速道路のようにインターチェンジで乗り降りします。

 余談です。先日、田舎道を 100km で走っていました。自分の車以外の車がまったく見あたらず、快適なドライブでした。絵はがきの中のような風景の中で、スイスイ走っていました。すると、後ろから急に大型トラックが近づいてきて、バックミラーの中でその姿がみるみる大きくなってきたんです。そのとき何となくドキドキしてしまいました。日本にいるときには全く感じませんでしたが、S・スピルバーグ監督の出世作『激突!』の恐怖が理解できたような気がしました。



戻る