戻る トップページへ

銀 行



銀行の ATM  ニュージーランドでの滞在が短期間であれば、日本でトラベラーズチェックを作って、それを持ってくるのが便利だと思います。
 ニュージーランドでは、銀行とホテルや一部の観光施設を除けば、基本的にトラベラーズチェックは使えません。しかし、かといって現金を持ち歩くわけにもいきません。結局、トラベラーズチェックを持参し、銀行等で少しずつ両替することになるでしょう。

 長期の滞在になると、銀行を開設しなければなりません。ニュージーランドの主な銀行は、ANZ BANK、Bank of New Zealand、National Bank、Westpac Trust Bank、ASB BANK の5つです。この中でも、日本人にとっては ANZ BANK (Australia & New Zealand Bank) が便利だと思います。

 なぜ便利なのかというと、ANZ BANK の場合は日本にいながら現地口座を開設できるからなんです。ニュージーランドだけでなくオーストラリアとカナダにも開設できます。しかも、郵便と電話だけで全ての手続きが済んでしまいます
 ANZ BANK は東京と大阪に支店を持っています。現地口座を開設するためには、まずどちらかに連絡を取って申込書類を送ってもらいます。書類に必要事項を記入して送り返し、現地口座に入金するお金を指定された銀行の口座に振り込みます。しばらくすると現地での口座番号が連絡されますので、これで準備完了です。ここまでの手続きはすべて東京または大阪の支店とのやりとりですので、当然すべて日本語でOKです。したがって、疑問点があって問い合わせをする場合でも非常に楽です。なお、2週間ぐらい時間がかかるとの案内がありますが、ニュージーランドの口座に関してはもっと速くできるそうです。わたしのときは数日で完了しました。
 ニュージーランドに着いてからキャッシュカードを受け取ります。ニュージーランドでの口座はすべて Christchurch 支店になりますが、どの支店で受け取るのかを指定することができます。都合のいい支店を指定しておいて、そこに受け取りに行きます。このとき、口座番号を連絡するときに送られてきた書類に、口座番号だけでなく口座の名義人も書かれていますので、これを持っていくと見せるだけで済むので話が早いです。

 日本にいる家族などから送金してもらうのも、ほぼ同じ手続きで可能です。日本の支店とのやりとりで済むので、英語ができない場合でも心配ありません。
 詳しくは ANZ BANK のホームページ(http://www.anz.co.jp/top.html)で確認してください。

 以上のような手続きで開設できる口座は Saving Account という口座で、普通預金口座に当たります。ニュージーランドではこのほかに、小切手用の口座である Cheque Account や定期預金口座に当たる Term Deposit があります。必要に応じて選びます。

 ニュージーランドの銀行のキャッシュカードは、どこの銀行の ATM でも利用可能なので大変便利です。しかも 24 時間、365 日利用できるんです。その上、エフトポス(EFTPOS)というサービスも受けられます。エフトポスについては、こちらのページへどうぞ。


 もうひとつ便利な別の方法は、シティバンクを利用することです。シティバンクで口座を開設して手に入れたキャッシュカードは、Cirrus と提携している銀行であれば、世界中どこの銀行でも使えます。そのほか、トラベラーズチェック発行手数料や海外送金の手数料のサービスもあるようです。  



戻る