戻る トップページへ

日本からぜひ携行したいもの



 ニュージーランドである程度の期間滞在する場合に、ぜひ日本から持ってきたいものをリストアップしてみました。これらは、ニュージーランドでは手に入りにくい物、あるいは実際に生活していて不便に感じる物などです。

コンセントの
変換プラグ
 日本とニュージーランドでは電圧が違いますので、基本的には日本の電化製品は使えません。どうしても使いたい場合は変圧器が必要ですが、変圧器はニュージーランドの電気屋さんでも簡単に手に入ります。
 海外対応になっていて、240V で使用可能な製品であれば、ニュージーランドで使うこともできます。ただし、この場合は、コンセントの変換プラグが必要です。これは、コンセントの形状が異なるためです。これは日本の大型電気店や旅行用品のお店で買うことができます。ニュージーランドは「O型」です。充電して使う物は、海外対応になっている物が多いので、確認されることをおすすめします。
 電気関係については、こちらのページもどうぞ。
ノートパソコン  ある程度以上の滞在であれば、パソコンがあれば便利です。インターネットに接続できる環境があれば、情報収集だけではなくて、チケットなどの予約や通信販売もできるからです。もし英語に不安があれば、電話よりも安心してコミュニケーションを取れるので、さらに利用価値は大きいと思います。ネット上のサイトで英語学習のできるところもあります。
 こちらで買うこともできますが、ソフトウェアの面を考えると、日本で買って持ち込んだ方がいいでしょう。パソコンと英語力によほどの自信がないと、英語環境でパソコンを使うことは難しいです。
 パソコンについては、こちらのページもどうぞ。
ソフトウェアの
CD-ROM
 上で述べたパソコンに関連して、絶対に忘れてはならないのは、ソフトウェアの CD-ROM です。Windows などの OS をはじめ、ワープロソフトやウィルスチェックソフトなど全てのソフトウェアの CD-ROM を持って来てください。外国で日本語ソフトを手に入れるのは面倒です。
 パソコンにトラブルがあって再インストールする必要が生じた場合に備えましょう。
デジカメ  これは、本当はどうでもいいんです。でも、ニュージーランドはどこに行っても絵はがきのような景色なので、きっとデジカメが欲しくなるでしょう。(^^)
 ニュージーランドで流通しているデジカメは、ほとんど日本のメーカーの商品ですが、日本ほど機種が豊富ではありません。日本で買っておいたほうが正解です。
炊飯器  これは噂だけで、確かめたわけではありませんが、ニュージーランドで売られている炊飯器では、おいしいご飯が炊けないそうです。お米はオーストラリア産のコシヒカリが手に入りますので、確実においしいご飯を炊きたい場合には、日本の炊飯器を持ち込みましょう。ただし、この場合、変圧器も必要になります。
 念を押しておきますが、ニュージーランドの炊飯器ではおいしいご飯ができないのかどうかは、定かではありません。わたしも日本から持ち込んだからです。しかし、ニュージーランドの電化製品は、どれも非常にシンプルで、「マイコン制御」などという世界からはほど遠い物が多いのは事実です。
電子辞書  何もコメントすることはありません。辞書は絶対の必需品です。携帯のことを考えると、電子辞書が便利だと思います。
日本語と英語
の参考書
 上で述べた電子辞書に関連して、日本語と英語に関する本があると便利だと思います。
 日本語に関しては、まわりに尋ねることのできる人は少ないはずですし、逆に尋ねられることはかなりあると思われるので、ぜひ辞書を用意するといいでしょう。国語辞典のほか、漢和辞典もあると何かと便利です。国語辞典を含んだ電子辞書があると、言うこと無しですね。
 英語に関しては、辞書のほか、自分の英語力に応じて何か参考書を持ってくるといいと思います。文法書や場面別単語集は便利だと思います。
 そのほか、あると便利な本としては、地図帳・料理のレシピ集・ニュージーランド以外で行くつもりの国のガイドブックなどがあげられます。
 ニュージーランドでも薬屋さんで薬を買うのは簡単です。しかし、症状を英語で説明することは、なかなか難しいです。また、箱に書いてある説明書きを正確に理解するのも難しいです。したがって、少なくともニュージーランドでの生活になれるまでは、日本の薬があると助かります。解熱剤・鎮痛剤・咳止め・胃腸薬等は、常備薬を持ち込んだ方がいいと思います。
スリッパ  日本では室内でスリッパを履く習慣がありますが、ニュージーランドで売っているスリッパはちょっと違います。もう少し、靴っぽい感じです。そうでなければ、トイレ用みたいなスリッパです。こだわるのであれば、持ち込んだ方がいいと思います。
便座カバー  日本では、洋式トイレの便座カバーはどこでも簡単に手に入りますが、ニュージーランドではほとんど見かけません。オークランド等の大都会にはあるのかもしれませんが、少なくともパーマストン・ノースでは見つかりません。欲しい方は持ち込んでください。なお、こちらの便座はU型ではなくてO型が多いです。
体を洗うタオル
などバス用品
 お風呂で体を洗うときに、手ぬぐいではなく、それ専用のタオルを使っている方が多いと思います。普通のタオルではなくて、お風呂用の長くてゴシゴシこするためのタオルです。それがニュージーランドでは売っていないんです。痛そうなナイロン製ならあるんですが。
 どうしても我慢できない人は持ち込みましょう。あるいは、日本式の入浴法をやめて、すっかり西洋風にブラシなんかを使っちゃうという手もありますが。
お椀(漆系)  瀬戸物・プラスティックのお茶碗はよく売っています。大きめのドンブリはあまりありませんが、お茶碗はあります。しかし、みそ汁に使うようなお椀がなかなか手に入りません。
 ぜひ持ち込みましょう。
急須  急須もいいものがあまりありません。いろんなデザインの物があって、よりどりみどりなですが、茶こしの付いているものがないんです。つまり、ティーポットならあるけれども、茶こしは付いていないというわけです。ときどき見かけることもあることはありますが、あまり流通していないようです。やはり日本から持ってきた方が無難かもしれません。
包丁  好みにもよると思いますが、日本の万能包丁のような包丁はありません。さまざまなサイズの台所用ナイフがあるだけです。気の利いた台所用品店に行くと、いろんな種類の包丁がおいてありますが、日本の物とはやや違うような気がします。
 こだわりのある方は、日本の物を持ってくるといいかも?
子供用のフォーク  なぜか子供用の小さなフォークはほとんど売っていません。ニュージーランドでは子供でも大人用の大きなフォークを使うんでしょうか(謎)。スプーンなら小さい物もあるようですが、フォークはちょっと困ります。小さなお子さんがいる場合、持ってきた方がいいと思います。


戻る