戻る トップページへ

商品の特徴



 ニュージーランドのお店で売っている商品について気がついたことを紹介します。


■プラスティック製品
 非常に質が悪いです。スーパーマーケットやディスカウントストアなどで売っているものは、日本の 100 円ショップ以下かもしれません。そのぶん、値段も安いですが...
 ただし、プラスティック製品の専門店に行くと、良い物が売っています。

■パソコンソフト
 なぜか家系図ソフトが何種類も市販されています。単に家系図を作るだけでなく、CD-ROM やインターネット上のデータベースを使って自分の家系のルーツを探す機能や、自分の先祖や家族の情報を記録しておく機能などがあるようです。この分野は欧米では人気のある分野なのでしょうか?

■乾電池
 安いものもありますが、あまり安いものを買うとすぐに電池切れになってしまいます。ちょっと奮発した方が良さそうです。

■タバコ
 高いです。$8 〜 $10 ぐらいします。徹底的に嫌煙社会なので、高くて当然かもしれません。ガソリンスタンドで売っているほか、スーパーでも手に入ります。もちろん自動販売機はありません。
 禁煙社会のわりには、公園や屋外のカフェで吸っている人をよく見かけます。建物の中ではまず吸えませんからね。

■紙製品
 紙製品は何でも高いです。特に、パンツ型の紙おむつは種類が少なくて、しかもメチャメチャ高いです。うちのカミさんは、あまりの値段に買うことができませんでした。
 ティッシュペーパーも高いです。カミさんによると、一番安いもので、1箱 $1.99 らしいです。日本のようなお徳用5箱パックはありません。ちなみに、箱の厚みは日本のものの倍くらいあります。

■ラップやアルミ箔
 日本の物はカッター付きの箱に入って売られていますが、ニュージーランドでは箱に入っていません。したがって、カッターがありません。
 カッター付きのプラスティックケースを買って、詰め替えて使います。

■インスタントラーメン
 たくさんの種類があります。カップ麺もあります。マギーやマコーミックなどの大きな会社の商品もありますし、漢字の書かれたパッケージの商品もあります。値段に関しても、それほど高くない物もあります。ちなみに、カップスパゲティもあります。

■ソーセージ
 酪農国なのにソーセージの味は「?」です。わたしの知り合いの日本人は、みんなそう言っています。何だかすごいハーブのにおいがするんです。キウィには、きっとこのにおいが良いんだろうな〜。

■お菓子
 甘いです。種類は豊富にあるんですが、どれもこれも甘いです。チーズ風味とかテリヤキ風味などは味が濃いです。また、着色されている場合、すごい原色になっています。カラフルですよ。

■ジュース
 果汁 100% のものを除くと、コーラなどの炭酸飲料が主流です。色は原色です。鮮やかなグリーンやオレンジのジュースが普通です。
 また、粉ジュースがよく売られていて、人気のようです。



戻る