戻る トップページへ

ショッピングの常識



 ニュージーランドではすべての買い物に GST (Goods and Services Tax) という間接税がかかります。これは日本の消費税のようなものですが、ほとんどの場合内税式になっているので、意識することはあまりありません。
 税率は 12.5% ですので、日本に比べれば高率です。ただし、全般的に物価は日本より安いので、「税金が高い」というような気にはなりません。

 日曜日にショッピングをしようと繁華街に行くと、お休みの店が多いのでびっくりします。大型店舗はたいてい日曜日も営業しますが、個人経営の店はまずお休みです。それどころか土曜日も休みだというところもあります。これでも土日も営業する店は以前より増えたてきたんだそうですが、まだまだ少ないです。
 日曜日に営業しているとしても、営業時間が短いということがあります。スーパーマーケットやディスカウントストアのような大きな店でも、週末の営業時間は平日とは違うことがよくあります。
 ちなみに、スーパーマーケットでは FOODTOWN、PACK'N SAVE、New World、Woolworths、ディスカウトショップでは WAREHOUSE、K-mart、Farmers、BRISCOES などが全国的に店舗を持っており、週末も営業しているようです。

 また、ニュージーランドでは、エフトポス(EFTPOS)というシステムが利用できます。これは、銀行のキャッシュカードで支払いをするシステムで、現金を持つ必要がないのでたいへん便利です。詳しくは、こちらのページへどうぞ。



戻る