戻る トップページへ

マーティンボロー

Martinborough


ブドウ畑


 マーティンボローは、ウェリントンの北東にある小さな町です。特別な観光ポイントがあるわけではない、田舎の町ですが、ワインの産地として有名です。2月と3月にお祭りがあり、このときはたいへんなにぎわいになります。

 お祭り    ワイン・センター    ワイナリー




■お祭り(Martinborough Fair

 毎年、2月と3月の第1土曜日にお祭り(fair)があります。小さな町なのに、この日に限ってはものすごい人出です。ウェリントンからすぐ近くなので、人が多いんだと思います。観光バスも何台か来ていました。現に、わたしも同僚とバスツアーで行ったんです。
 町の中心にある公園とその周辺にわたって、とても多くの露店が出ます(左下の写真)。アクセサリー、雑貨、服、おもちゃ、古本、工芸品など、何でもあるという感じです。ニュージーランドのお祭りにはよくあるパターンですが、本当にたくさんの露店が並びます。ただ歩いて見ているだけでも楽しいですが、やっぱり見ているとつい欲しくなって買ってしまいます。

露店   大道芸人さん

 食べ物を売っているお店もあります。定番のフィッシュ&チップスやホットドッグだけでなく、本場インドのカレーや中華料理、ケバブなどがありました。
 また、大道芸人が何人か芸を見せてくれました(右上の写真)。こちらの人は、芸人さんに誘われると積極的に参加しますし、見終わったあとにはよくお金を出します。ハイスクールの生徒がマオリ語の歌を歌ってご祝儀を集め、 fundraising している姿も見られました。





■ワイン・センター(Wine Centre

 町の中にワイン・センターがあります。販売だけでなく、その場で飲むこともできます。ボトルごとあるいはグラスで買うこともできますが、少しだけテイスティングすることもできます。その場合は、グラス一杯の値段よりもさらに安くなります。

ワイン・センター   テイスティング

 わたしが行った日はお祭りの日でしたので、とてもにぎわっていました。料理を食べながら飲んでいる人もいましたし、何種類か味わって、ボトルを買って帰る人もいました。





■ワイナリー

Te Kairanga Wines  町の郊外にはワイナリーがたくさんあります。わたしたちのバスツアーは、お祭りの露店を冷やかしたあとで、なんと3つのワイナリーをはしごしました!
 最初は、Te Kairanga Wines (http://www.tkwine.co.nz/) に行きました。屋外の広いテラスでワインをいただきました。当日はお祭りだったおかげで、男性2人のブルース・バンドのライブがありました(右の写真)。CDまで出しているプロでした。気分はすっかり野外コンサートでした。生演奏を聴きながら、外でのんびりとワインを飲むなんて、最高です。ここでは、お肉とマッシュルームのバーベキューも食べられました。
 次は、Martinborough Vineyard (http://martinborough-vineyard.co.nz/) でした。ここでは、ちょっとテイスティングをして、ブドウ畑を見物しました。このページのトップの写真は、ここのブドウ畑です。
 最後に、Palliser Estate Wines (http://www.palliser.co.nz/) に行きました。ここはテイスティングは無料でした。メンバーはあれこれテイスティングしたあと、好みのワインをグラスで買って、屋外のテラスでゆっくり飲みました。ここでも、生バンドの演奏がありました。ただし、ちょっと素人っぽかったです。(^^ゞ




戻る