「旅行の情報」メニューに戻る トップページへ

ミルフォード・サウンド・ツアー 2



 「ミルフォード・サウンド・ツアー 1」の続きです。

 ティアナウ・ロード    ミラー・レイク
 ホーマー・トンネル    キャズム




■ティアナウ・ロード(Te Anau Road

羊渋滞  ティアナウからミルフォード・サウンドまでの道路はティアナウ・ロードと呼ばれています。数々の見どころがあり、ところどころで停車してくれるので写真を撮るチャンスも多いです。
 途中、偶然に道路を移動中の羊の大群に出会い、珍しい光景を目にすることができました。しかも、2度も会ったんです。そのたびに、バスは徐行し羊をさけるわけですが、乗客にとっては絶好のシャッターチャンスとなりました。右の写真がそのときの様子です。

 以下で項目を立てて紹介しているところ以外にも、ニュージーランドだけにしかいない植物を見たり、や美しい山々原生林の景色を楽しむことができました。「マイルドセブンのCMに使われた山」なんていうのも、教えてもらえました。
 さて、左下の写真を撮影した地点では、雪をいただいたきれいな山を見ただけでなく、少し歩いて小さな川を見に行きました。その川の水は飲むことができるということで、みんな飲んでいました。(^^)
 このとき、道路上にキーア(kea)という鳥がいました。右下の写真です。この鳥はオウムの仲間でニュージーランドにしかいない種類なんだそうです。お調子者で、ときどき観光客をつついたり、持ち物を奪ったりすることもあるので、注意してください。

山   キーア

 コースの後半にはディバイドThe Divide)と呼ばれるところを通過します。これは日本語の「分水嶺」に相当するもののようで、ニュージーランドのサザンアルプス(Southern Alps)の分水嶺では最も標高が低いそうです。





■ミラー・レイク(Mirror Lakes

ミラー・レイク  ティアナウ・ロードでもっとも有名なポイントがミラー・レイクです。この湖は水がたいへんきれいなため、山の景色が鏡のように湖面に映るというわけです。「逆さ富士」のようなものですね。
 道路のすぐ脇に湖があり、10分ぐらいの散歩コースが作られています。バスを降りて、この歩道を歩くことができます。湖が姿を現すまで、ちゃんと鏡のように見えるのかどうか、ちょっとドキドキしました。
 さて、この風景を見るためには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。まず、晴れていること。そして、風がないこと。ちょっとした変化で、すぐに鏡ではなくなってしまうそうです。
 わたしが行った日には、右の写真のように、まずまずの状態だったようです。

逆さ文字  面白いことに、湖の向こう側に立ててある看板には Mirror Lakes の文字が反対に書かれています。つまり、湖面に映った状態で正しく読めるようになっているわけです。





■ホーマー・トンネル(Homer Tunnel

ホーマー・トンネル  ニュージーランドの道路にはトンネルがたいへん少なく、国中のトンネルを合わせてもひと桁しかないはずです。このホーマー・トンネルはそのうちのひとつです。長さは 1219m あり、ミルフォード・サウンド側に向かって 10m につき 1m の割合で下っています。
 内部は日本のトンネルとは違って真っ暗です。運転していないのに、ちょっと不安になるほどです。

 このトンネルは、むかしホーマーさんという人が提案したものだそうですが、当時はこんなところにトンネルを作ることなんか不可能だと、誰も相手にしなかったそうです。それが、100年以上もたって本当にトンネルを建設することになったときには、このホーマーさんの考えた位置に決まったんだそうです。





■キャズム(The Chasm

 ミルフォード・サウンドまでの道のりで最後の観光ポイントはキャズムです。名前どおりの谷を歩いていくと、奥には滝と川があります。
 散策コースを歩く時間は 15 分ほどですが、ガイドさんにコースを外れないように注意されました。歩いてみると、たしかに迷い込むのは避けたい場所だとわかります。滝に至るまでの林はジャングルという感じですし、奥の川に落ちるのも勘弁してもらいたいという感じです。
 ニュージーランドでも特にこのあたりは雨が多く、生えている植物も独特です。熱帯のように暑くはないんですが、巨大なシダ類の生い茂る雨林になっています。左下の写真のように、木になっているシダが特徴的です。  奥にある川では、急流の影響で曲げられて、さらに穴まで開いている(右下の写真)が奇妙な景観を作り出しています。

原生林   奇妙な石






「ミルフォード・サウンド・ツアー 1 〜ティアナウまで〜」
「ミルフォード・サウンド・ツアー 2 〜ティアナウ・ロード〜」 (このページ)
「ミルフォード・サウンド・ツアー 3 〜ミルフォード・サウンド〜」
「旅行の情報」メニューに戻る