戻る トップページへ

ネルソン

Nelson


ネルソン市街


 南島の北端にあるネルソンは「サニー・ネルソン」のニックネーム通り、晴れの日が多い季候のよい町です。そのため観光客にも人気があり、周辺の国立公園への拠点に利用されることが多いようです。

 ボタニカル・リザーブ    ニュージーランドの中心
 ファウンダーズ・パーク    クライストチャーチ大聖堂




■ボタニカル・リザーブ(Botanical Reserve

 市の東部にある森林公園です。市中心部の Bridge Street を東に進んでマイタイ川(Maitai River)の橋を渡り、突き当たりを右に曲がって少し行くと左手に入り口があります。そのあたりの森林が保護されているというわけですが、入り口には広い芝生の広場があります。実は、この広場にはラグビーにからんだ歴史があるんです。
 イギリスで生まれたラグビーは 1870 年にニュージーランドに伝えられました。そして、ニュージーランドで最初のラグビーの試合が、1870年5月14日にここで行われたんだそうです。ネルソン・フットボール・クラブとネルソン・カレッジの試合だったそうです。その歴史が、現在のオールブラックスにまで引き継がれているわけです。





■ニュージーランドの中心

ニュージーランドの中心  上で紹介した芝生の広場の奥に進むと、遊歩道ができています。この遊歩道を 30 分ぐらい登っていくと頂上に着き、なかなかの景色を楽しむことができます。このページのトップの写真は、ここから撮ったネルソン市内です。
 さて、この頂上には右の写真のようなモニュメントがあります。これは、この場所がニュージーランドの中心だということを示すものです。つまり、ここがニュージーランドの「へそ」というわけです。
 ちなみに「日本のへそ」は、わたしの出身地の岐阜県にあります。(^^)





■ファウンダーズ・パーク(Founders' Park

ファウンダーズ・パーク  ネルソン市内の北東に、このファウンダーズ・パークがあります。Weka Street から入った Atawhai Drive に駐車場の入り口が面しています。左の写真でわかるように、大きな風車が目印です。
 この施設は、開拓者が入植した頃のカフェ・郵便局・銀行・病院・駅などを再現して展示しているものです。それぞれの建物の内部には家具や道具が展示されているので、ちょっとした博物館のような感じです。日本では愛知県に明治村という施設があって、明治時代の建物や町の様子を知ることができますが、ちょうどそれによく似た施設といえそうです。
 駅で切符を買って、鉄道に乗ることもできます。運転する距離はわずかですが、子供は喜んでいました。古い飛行機の展示もあって、中にはいることもできます。クラッシックカーを集めてある場所もありました。また、集会所のようなところがあって、その中には古い洗濯機やタイプライターなど、貴重な物が展示されています。
 施設内には学校もあります。内部を見たかったんですが、鍵がかかっていて見られませんでした。おかしいと思って貼り紙を注意深く読んだら、何と現在でもこの学校は使われているそうです。





■クライストチャーチ大聖堂(Christ Church Cathedral

大聖堂  市の中心部に大きくそびえ立つ教会が、クライストチャーチ大聖堂です。クライストチャーチ市にある大聖堂の弟分に当たるそうで、 1850 年に建てられました。
 小高い公園の上に建っており、まさにネルソンの中心という感じです。




戻る