戻る トップページへ

トンガリロ国立公園

Tongariro National Park


トンガリロ国立公園


 トンガリロ国立公園は北島の中央部にある、ニュージーランドで最も古い国立公園です。古くからマオリの聖地であった山々が国に寄進され、国の管理によって自然が保たれてきました。世界遺産にも指定されています。
 火山活動が続いている地域ですが、登山・スキーが楽しめます。しかし、わたしはただ通っただけです。(^^ゞ

 デザート・ロード    北島の最高峰




■デザート・ロード

 国道1号線はオークランドとウエリントン方面を結ぶ主要国道ですが、トンガリロ国立公園の東側を通る部分は Desert Road と呼ばれています。1号線の大部分が羊や牛の牧畜が行われている地域であるのに比べると、たしかに名前の通り、このあたりだけは荒涼とした景色です。
 冬の間は、雪や凍結のため通行止めになるそうです。道路のところどころに通行止めの情報掲示板がありました。





■北島の最高峰

Mt. Ngauruhoe  この山岳地帯には3つのピークがあります。
 一番北にあるのがトンガリロ(Mt. Tongariro)で標高 1,986m です。
 その南側が、ナウルホイ(Mt. Ngauruhoe)で標高 2,291m です。ちょうど富士山のような見事な円錐形の、美しい山です。右の写真は、このナウルホイを東の国道1号線側から撮ったものです。
 一番南端にあるのがルアペフ(Mt. Ruapehu)で、これは標高 2,797m あり、北島の最高峰です。



戻る