戻る トップページへ

パーマストン・ノースの朝市



朝市  毎週土曜日の早朝に、主に中国系の人たちがたくさん集まってそれぞれにお店を出す朝市(サタデー・マーケット)があります。普段はあるお店の駐車場になっているところで、フリーマーケットのようにお店が並ぶんです。
 場所は、市内東部の Albert Street と Church Street の交差点で、毎週土曜日の早朝に行われています。お店の数も多いですが、お客さんの数もかなりのものです。

 お店を出している人は中国系の人が多いため、スーパーでは売っていない中国(あるいはアジア)系の野菜が手に入ります。正体のよくわからない野菜に混ざって、大根・白菜などの日本の野菜も売られています。
 野菜以外でうれしいものは、豆腐や厚揚げでしょうか。中華風なのか、やや日本のものとは違う気もしますが、十分おいしくいただけます。キムチを売っている人もいます。
 いいものは朝早く行かないと手に入りません。8時になると混んでくるので、わたしはいつも7時半頃行っています。夏場に朝早く行くと、潮干狩りで取れるような(つまりみそ汁の具になるような)貝も手に入ります。

 スーパーマーケットで手に入らない日本食材があるだけではありません。新鮮な野菜・果物・タマゴなどを安く買うことができます。また、魚・日用雑貨・パン・デザート・花なども安く売られています。

 そのほかに、主に中華料理の屋台がいくつか出ています。ほかのお店を出している人たちが結構食べています。中華風焼きそば・春巻き・唐揚げ・チップス・肉団子・串焼きの肉などが定番メニューです。
 買い物のついでに屋台の料理で朝ご飯まで調達できるというわけです。

 また、ときどき高校生が fundraising として、お菓子などを売っていることもあります。朝早くからたいしたものです。(fundraising については、こちらのページもどうぞ)

 なお、日曜日には別の場所(Cook Street)でも朝市がありますが、土曜日のマーケットの方が、ものがいいそうです。わたしは日曜日のマーケットには行ったことがないので、詳しいことはわかりません。



戻る