戻る トップページへ

エスプラネード



エスプラネード  エスプラネード(Esplanade)は、市の南部を流れるマナワツ川(Manawatu River)沿いの緑地公園です。本来は川沿いの緑地部分を言うんでしょうが、一般には、まわりのいくつかの公園も含めた広い範囲をさすように思います。

 Fitzherbert Avenue から公園に入ってくると、Victoria Esplanade と書かれた門をくぐります。そこは、たくさんの花が咲いている公園になっています。しかし単なる公園ではありません。
 このエリアには、バラ園(バラの数は 5,000 株以上です)、熱帯植物の温室ニュージーランドの原生林を再現したブッシュ、外来種の木を植えてあるコーナーなどがあり、一種の植物園のようになっています。管理と世話のために専門家が勤務しているので、頼めば案内・解説をお願いすることもできます。
 わたしは、一度、日本のある大学の園芸学部がニュージーランドに研修旅行に来たときに通訳を頼まれ、そのときにエスプラネードの植物について説明を受ける機会がありましたが、なかなか立派なものだと思いました。さらに、55 種類以上の鳥も生息しているそうです。
 川沿いやブッシュ内の遊歩道以外にも、数種類のウォーキングコースがあります。

 そのほか、子供が遊ぶ遊具のおいてあるコーナーやプールなどもあり、週末には多くの人でにぎわいます。噴水のある池にはカモやガチョウがいます。また、ミニ機関車も走っていて、ひとり1ドルで乗ることができます。子供と一緒に乗ってみましたが、けっこうスピードがあって、しかもブッシュの中を走ったりするので、楽しかったです。



戻る