戻る トップページへ

一日の日課


 ニュージーランドの学校の日課は、日本の学校とはかなり違います。
 授業と授業の間の休み時間はありませんが、モーニングティーの時間があります。これは幼稚園・小学校でもちゃんとあるんです。さすがイギリス文化の国だという感じですね。モーニングティーの時間帯は、もちろん職員もお茶を飲んで休憩します。ランチタイムも日本よりやや長いです。
ティータイムとランチタイムについては、こちらのページもどうぞ。

 日本と同じようにホームルーム担任が決まっていて、朝のショートホームルームがあります。これを Form Time と言います。また、月曜日と水曜日の始業前、及び金曜日のティータイムに職員連絡会があります。

  Form Time 8:50 〜  9:05
1時間目 9:05 〜  9:55
2時間目 9:55 〜 10:45
  ティータイム10:45 〜 11:05
3時間目11:05 〜 11:55
4時間目11:55 〜 12:45
  ランチタイム12:45 〜 13:40
5時間目13:40 〜 14:30
6時間目14:30 〜 15:20

 木曜日は朝の Form Time をカットして 8:50 から 1 時間目をはじめ、ティータイムの直前に全校(あるいは学年)集会を開きます。学校長訓話などのほか、表彰伝達や選挙演説などに利用されます。
 おもしろいことに、集会が延びてもティータイムは短縮されません。時間を遅らせておいて、ランチタイムで調整します。

 帰りは Form Time はありませんので、生徒は 6 時間目が終わると先を急いで帰ります。教員も多くの人はすぐに帰ります。つまり 3 時 20 分でもう帰っていいわけです。もちろん、わたしも遅れるわけにはいきません。(^^ゞ
 早く帰る理由のひとつに掃除があります。掃除は毎日業者がやって来てします。したがって、残業すると掃除の邪魔になるんです。
 とは言っても、残って仕事をする人はやはりいます。ただし、日本の教員のように遅くまで残ることは、まれのようです。



戻る