戻る トップページへ

University Entrance, Bursaries and
Scholarships Examination 2001



 ニュージーランドのハイスクールでは、年度末の11月の後半の2週間を使って University Entrance, Bursaries and Scholarships Examination という試験を行います。これは最上級生である Year 13 (Form 7) の生徒を対象とした試験で、この結果によって大学入学資格が得られるかどうかと奨学金が得られるかどうかが決まります。
 国内の統一試験ということに関しては、こちらのページもご覧ください。

 外国語としての日本語のテストの内容は、日本語教育関係の方にも日本における外国語教育(たとえば英語教育)関係の方にも参考になると思いますので、ここで紹介します。
 なお、以下の内容は2001年に実施された試験の概要で、試験時間は 180 分です。このうち、聞き取りに関する試験は 45 分間です。また、満点は 160 点です。

番号 分 野 内 容 ・ 形 式 配点
1 READING
(文法)
 400字程度の日本語の文章中の空所を、4択形式で補充させる。空所は10カ所。助詞、動詞の活用形、形容詞、副詞などが出題されている。 10
2 READING  Living with a Japanese family というタイトルの700字程度の日本語の文章を読んで、その内容に関する6つの設問に答えさせる。英問英答。 10
3 TRANSLATION  The Great Outdoors というタイトルの900字程度の日本語の文章を natural English に翻訳させる。 25
4 READING/
WRITING
 日本でホームステイをする生徒のためのガイドブックを作るという設定で、それぞれイラストと1文だけの日本語を示し、その続きの文を日本語で書かせる。日本の家、箸、お風呂、布団、日本食に関する5問。 15
5 SUMMARISING
IN ENGLISH
 旅行における日本人の習慣に関する日本語の文章を読んで、その要点を2点英語でまとめさせる。問題は5問あり、それぞれ70〜130字程度の日本語である。 10
6 WRITING  3つのトピックから1つを選択しそれに関する300字程度(ただし1行20字の原稿用紙で15行以上)の作文を書かせる。それぞれのトピックは、4〜5行の英語による説明で与えられている。 35
7 LISTENING  スポーツ観戦に関する対話をテープで聞いて、その内容をまとめた英語の文章の空欄を補充し完成させる。空欄は16カ所あり、単語ではなく句や節を入れる必要がある。対話は3回繰り返される。 20
8 LISTENING/
READING
 料理番組をテープで聞いて、その内容に関する日本語の問いに対する正しい答えを4つの選択肢の中から選ばせる。設問は5つ。料理番組は2回繰り返される。設問と選択肢の日本語は音声で与えられるのではなく、問題用紙に印刷されている。 10
9 LISTENING  テープで対話を聞いて、問題用紙に印刷されたその内容に関する英語の問いに英語で答えさせる。設問は17問。対話文は3回繰り返される。 25



戻る