戻る トップページへ

Secret Admirer



Cookie Time  春休みに入る直前の 3 学期最終週に、PNGHS の職員の間で Secret Admirer というイベントというか、お遊びがありました。簡単にいってしまえば、匿名で同僚とプレゼント交換するというものです。日本にはこんな遊びはないので、楽しく思いました。
 まず、職員全員に自分の好きな色・食べ物・場所・趣味などの質問用紙が配布され、参加希望者はそれに記入して Assistant Principal (AP)(副校長か教頭に相当)に提出しました。AP は集まった用紙を適当にシャッフルし、参加者に1枚ずつランダムに配りなおします。参加者はもらった用紙の記入者に対する admirer (=ファン)となり、1週間毎日プレゼントをしたり仕事を替わってあげたりするんです。そのために、用紙に記入してある相手の嗜好を参考にするわけです。
 しかしあくまでも secret ですので、絶対に誰だか知られないようにしなくてはいけません。プレゼントはこっそりと個人用のレターケースに入れたり、生徒に頼んで渡したりします。

 もちろん、わたしも参加しました。
 わたしがプレゼントする相手は、日本食・チョコレート・クッキータイム(ニュージーランドのチョコクッキー、右の写真)が好きだと書いてあったので、そういったものをプレゼントしました。ただしあまり本格的な日本食をあげると誰だかばれてしまうおそれがあるので、輸入食材スーパーで手に入る日本製カップうどん(輸出用)にしておきました。ついでの割り箸もつけて。
 一方わたしの方は、ラグビーとビールが好きだなどと書いておいたら、ずばりビールやオールブラックスの旗などがもらえました。
 最後の金曜日(学期末)の放課後に行われたミーティングの席上で全員の Secret Admirer があかされ、アフタヌーンティーをしながら、お礼を言ったりプレゼント談義をしたりして盛り上がりました。



戻る