戻る トップページへ

Classical Studies



Classic Study  9月19日の朝出勤すると、日本語を選択している Year 13 の生徒が数名日本語教室にやってきて、ちょっと着替えたいので(日本語教室の)コンピュータ室を貸して欲しいと頼みに来ました。手にはなぜか手作り風のケーキや飲み物を持っています。Year 13 は最上級生なので、けっこう自由にやりたいことをやっています。だからパーティーか何かをするのかなと思っていました。
 ところが、着替えを終わって出てきた彼女たちの姿は右の写真のようなものでした。もう、びっくり!

 話を聞いてみると、彼女たちは Classical Studies つまり「古典研究」という科目も選択していて、今日はその科目の生徒のお祭りだと言うんです。古典研究ではギリシャやローマの古典文学や歴史などを習うそうで、この日は全員が古代ローマ人風(?)の衣装で一日を過ごすんだそうです。そこで写真を撮らせてもらいました。(^^ゞ
 授業で着てみるというのではなくて、他の授業も含めて一日中この格好でいるという点がユニークです。あとで校舎の間ですれ違って気づいたんですが、何と、担当の先生もこの手の服を着ていました。
 この日の古典研究の授業ではケーキを食べて、古代ローマ人的な思索にふけったそうです。(笑)

 ちなみに、かかとの部分にもベルトがかかっていてぴったりフィットする形のサンダルは日本でも夏になるとよく利用されますが、この形のサンダルは英語では roman sandals と呼ばれています。学校では先生もよく履いていますが、生徒の夏服ではこの形のサンダルを履くことに決められています。写真の中で向かって一番左の子が履いていますが、この服によくマッチしていますよね。roman sandals とはよく名付けたものだと感心しました。



戻る