廃墟展出展写真一覧





今回、初めて写真展に写真を出展しました。
    
 「彩珈楼ギャラリー」で行われている「廃墟展」です。
    
    
     この「廃墟展」は大阪で開催されているので
    
     遠くの人はなかなか見に行けないと思います。
    
     そこで自分の送った写真くらい他の地域の人が見れるように
    
     サイトでUPする事を唐突に思いつきました。
    
    
     ちなみに「廃墟展」での掲示作品は、12枚です。
    
     彩珈楼ギャラリーには、参考に20枚送りました。
    
     行った方も掲示されていない写真もあります。
    
     コンデジで撮った写真なので画像は良くありません。
    
     構図も滅茶苦茶ですが、見て頂けたらと思います。
    
    
    
    
    
     ちなみに写真をクリックして貰えれば大きく表示されます。
    
    






   

麻生炭鉱跡[福岡県]

福岡県某所で、場所は筑豊ではありません。
    良い炭田ではなかったようで、18年間だけ採掘を行ったそうです。
    (現地の聞き込んだお年寄り談)
    近所にあった商店、公民館は取り壊されてしまいました。

   

龍○鉱業採石所跡[福岡県]

川沿いに残る巨大採石場跡です。
年々、草が茂っていくのが自分の写真でも実感できます。
砂利を貯めるタンクには今回の撮影時に初めて行きました。
鉄骨が弱くなっている個所が多々あるので危険です。

   

万田炭鉱跡[福岡県、熊本県]

県境にある廃炭鉱跡です。
多くの写真雑誌にも出ていますので説明不要と思います。
見学の依頼をすれば、中にも入れます。
中にある巻き上げ機は、一見の価値があるます。

   

軍艦島[長崎県]

ここも説明不要の聖地、軍艦島
写真は、島中心部の住宅アパートより、
炭鉱施設があった島南東部を見ています。
真中にドルシックナー(凝縮槽)があります。

   

軍艦島[長崎県]

こちらは住宅地域です。
25号棟(職員住宅)と31号棟(鉱員住宅)の間です。(確か・・・)
良く65号棟や小中学校、病院は出てるのであえて外しました。
この頃は、まだ朝から夕方まで滞在が可能でした。

   

大島蛤診療所跡[長崎県]

この病院は、炭鉱時代の結核患者の隔離病棟跡と言われています。
大島工業所病院と呼ばれている時期もありました。
初めて行った時から、木造の廊下が揺れており、床をみると、
下の川が隙間から見えるとの素晴らしい環境にありました。

   

崎戸炭鉱跡[長崎県]

こちらも有名炭鉱の崎戸炭鉱跡です。
炭鉱夫独身寮の平和寮です。バトルロワイアル兇了1鴇貊蠅任發△蠅泙后
数年前に完全に取り壊すつもりだったのか、一部が取り壊されました。
現在の平和寮の一部は真新しいコンクリなので似合っていません・・・

   

崎戸炭鉱跡[長崎県]

三菱の崎戸炭鉱変電所跡です。
初めて行った(6年前位)の時点で既に草に埋もれていました。
時期が良ければ、中に入れるかもしれません。
とても綺麗な赤煉瓦の建物です。

   

N刑務所跡[長崎県]

日本の五大監獄のひとつです。
まあ、普段は絶対に入りたくない場所ですね。
この時限定になってしまった隊員の情報のおかげで潜入成功しました。
一言、「凄かった・・・」

   

N刑務所跡[長崎県]

同じ五大監獄です。
中は、歴史を感じさせる煉瓦作りと木造です。
崩落が激しく、又、足元不安だったので、
独房の2階廊下は歩けませんでした。

   

N刑務所跡[長崎県]

五大監獄靴任后
こちらは、作業所です。
木造の作業所の各所には、標語が多数書いてありました。
こういう物を見ると軍事施設跡を思い出します。

   

豊後森機関区操車場跡[大分県]

鉄道ファンにはお馴染みの豊後森操車場跡です。
ここは、写真が取りたくなる場所なので一時期はよく行ってました。
コンデジでは、手前にピントを合わせて奥をぼかすような事は無理のようで、
狙ったらはずしてしまった典型的な写真です・・・でも気に入ってます。

   

豊後森機関区操車場跡[大分県]

こちらは、冬に来た時の豊後森操車場跡です。
自分の写真には、窓と廊下が良く出てきます。
窓から射す明かりや廊下の向こうに見える明かりが好きです。
でも、ぼけぼけ多し・・・

   

ホテル○明荘跡[大分県]

ここは、捜しに行って偶然見つけた廃墟です。
撮影に2回行った後に、テレビで温泉ホテルの経営が特集されていました。
その時に偶然に映ったのがこのホテルでした。
狭いながらも露天風呂が充実しておりました。

   

尾平鉱山跡[大分県]

こちらも何度か撮影に行った尾平鉱山跡です。
鉱山では、まだ廃水処理を行っています。
事務所の人に一声掛けて行く方が良いでしょう。
近くには、廃村、廃校等がまだ残っています。

   

廃洋館跡[鹿児島県]

海沿いの道を車で走らせると
海に向かって入口が存在し、道を下ると西洋館が崖沿いに建っています。
海の眺めが良いこの西洋館の最大の敵は多分、台風でしょう。
ここから見る、海に沈む夕日は、とても綺麗でした。

   

中○高原ホテル跡[沖縄県]

伏字にしても意味がない程、有名な物件です。
今回はあえてあまり見ない視点の写真を出展してみました。
でも、はっきり言って自分が見ても一瞬どこか判りません。
今回、出展した中で一番の失敗作だと思っています。

   

廃木材工業所跡[山口県]

超マイナー物件です。
これこそホントの偶然で見つけた廃墟でした。
見つけた当時は、知っている人がいませんでした。
そろそろ表に出しましょうかと思ってます。

   

廃木材工業所跡[山口県]

続いて同じ木材工業所跡です。
この廃墟、森の中にあるので道路からは見えません。
ある場所に寄らないと見つける事ができません。
寄っても気が付かない人が大多数ですがね。

   

自由が丘アーバンリゾート跡[山口県]

今は解体されなくなってしまいました。
山口県防府市にあったアーバンリゾートです。
施設として、レジャープール、テニスコート、パターゴルフがありました。
特にプールにあったウォータースライダーは見物でした。





TOP