HOME

■ 数量・形式・表現・形容の違い

紅茶(ストレート・ティー)の淹れ方の様々な紹介例

田中蓉子 協力:日本紅茶協会 西東社「紅茶」 熊崎俊太郎 旺文社「もう迷わない紅茶のの本」 山田詩子 NHK出版「ERIO」
1.やかんに水を汲み、お湯を沸かす
水は新しく汲んだものを沸かす。水の量はポットとカップを温める分や紅茶の葉が吸いこむ分、蒸発分も含めておく、できあがり1カップ130ccが標準だが、吸いこむ分などをみて1カップ150ccが必要量。

2.お湯が沸いたらポットとカップにいれ、温める(やかんはそのまま沸かしつづける)温めるだけなので、ポットいっぱいにいれなくてもかまわない。少量いれ、回すようにしてポット全体を温めればよい。やかんはそのまま2〜3分沸かし続ける。

3.紅茶の葉を量ってポットにいれる。ポットを温めていた湯を捨ててから、葉をいれる。1カップに1ティースプーンの割合。紅茶の葉が大きいときはティースプーンに山盛り、細かい葉の場合は中盛りとする。

4.お湯が完全に沸騰したらポットをやかんのそばにもっていき、沸騰したお湯をポットに勢いよく手早くいれる。湯気が出ているだけではだめで、完全に沸騰すると、5円玉くらいの泡がボコボコと出てくる。ポットをやかんのところまでもっていく
のは、沸騰させたお湯の温度を下げないうちに注ぐため。

5.すぐにポットにふたをし、蒸らす。お湯を注いだら、すぐにふたをして香りが逃げないようにし、おいしい紅茶ができるのを待つ。大きな葉のときは3分以上、細かい葉のときは2分30秒〜3分が目安。葉がポットの底に沈んでいる、葉が開いていることも蒸らし具合の目安となる。

6.蒸らし終わったら、茶こしでこしながらカップに注ぐ。スプーンで静かに1〜2回葉を起こすようにかき回してから、注ぐ。ポットのなかでは上のほうが薄く下になるほど濃くなっているので、均一化するためにかきまぜる。

1.水は汲みたてを、大きな泡がボコボコ出てから約30秒 (水質が悪いときは2分)沸騰させる

2.ポットとカップは熱湯で温めておく

3.ポットの湯を捨て、ティースプーン2杯のの茶葉を入れる。茶葉はBOPなので中山盛り。

4.ティーポットに沸騰している湯をカップ2杯注ぐ ポットやかんのそばに持っていき、湯が冷めるのを防ぐ

5.約3分蒸らす。ポットマット(鍋敷きでもOK)を下に敷きティーコジーを被せる。葉はポットの中でジャンピング。

6.ポットを軽くゆすり、茶漉しを使ってカップに注ぐ。最後の一適はゴールデンドロップ。これが入ると風味がしまる

1.湯を沸かし、ティーポットとティーカップにそれぞれ3/1の高さくらいまで熱湯を入れて温める。

2.ティーポットの湯を捨て、ティーメジャースプーン2杯の茶葉 (ここではディンブラ)をはかり入れる。

3.やかんに湯を沸かし、ボコボコとコイン大の泡が出てきたら 1〜2分間沸騰させる。

4.ティーポットにマットを敷き、沸騰した湯をすぐに約300ccほど勢い良く注ぐ。 ティーポットの蓋をしそのままおいて2分30秒蒸らす。

5.ティーカップの湯を捨てポットをスプーンで軽く1回混ぜ、ティーストレーナーで濾しながら最後の1滴までカップに紅茶を注ぐ
  *茶葉はすべてフルリーフだと山盛りブロークンだとすりきりにする。

仁田大八 東京書籍「英国紅茶の館」 佐藤忠臣 晶文社刊「世界の紅茶ふだんの紅茶」 堀江敏樹 南船北馬社「紅茶の本」
1.ミルクパンに一カップ当たり一八〇ml位の汲みたての水を入れて火をつけます。同じ量の容器でも、口の広い物で煮立てると蒸発量が大で水がより多く必要となり、口の狭い物で煮立てると水は少なくて済みます。コイン状の泡が出始めて約3分間煮立てます。この間、決して蓋をしてはいけません。(水に溶け込んでいるカルキ臭やその他の不要な成分
が適当に気化します)

2.三分間煮立てたら火を止めて、一カップ当たり次の量のティーの茶葉を湯の中に投じます。
リーフ・タイプの茶葉
五mlの軽量スプーンに最大盛り一杯(計算すると約四.五gとなります)
ブロークン・タイプの茶葉
五mlの軽量スプーンに小山盛り一杯(計算すると約三gとなります)
茶葉を入れたらミルクパンに蓋をして、砂時計を作動させます。

3.茶葉を熱湯の中で蒸らします。
リーフ・タイプは四.五分間
ブロークン・タイプは三分間
蒸らす時間は、砂時計で正確にチェックしてください。

4.ティーポットに移す。時間が来る少し前にミルクパンのふたを取りマドラーかスプーン等で軽くかき混ぜて、茶こしを通して、熱湯で熱くしたティー・ポットに移します。
但し本物の銀製ヒント洋銀製のティー・ポットは、温める必要がありません。

5.保温
客にポットでサービスする場合は、冷めないように、ティー・コジィをかぶせて保温します。寒い季節は、さらにティー・マットか、コルク製の台にポットを乗せれば保温性は一層高くなります。

1.まず、朝一番の水道の水は出しっぱなしにする。 紅茶をいれる水は、新鮮な空気を含んだ水道水がいい。汲み置きした水や湯冷ましは厳禁。汲みたての水をやかんにたっぷり入れて沸かす。

2.沸騰した湯をポットに注ぎ温める。その間やかんをもう一度火にかけておく。 2、3分沸騰を続けた湯で紅茶を入れるのがいいので、後の準備は手早くする事が大事。

3.ポットが温まったら湯を捨て、茶葉をティースプーンで、1人分なら2杯入れる。 『ワン・フォー・ミー、ワンフォー・ポット』なんて言いかたがあるけれど、茶葉は人数分プラス1杯というのが一応の決まり。ティースプーン山盛り1杯にするか中ぐらいにするかは茶葉の等級 によっても変わるけれど僕は山盛りが好きです。

4.ポットにカンカンに沸いたお湯を勢い良く注ぐ。ティーカップ2杯半くらいが1人分。熱湯を注ぐと茶葉がジャンピング(ポットの中で茶葉が回転する事) します。お湯を入れたらすぐ蓋をするので、ジャンピングを見る事は実際はないけれど。

5.ジャンピングにかかる時間が、いわゆる蒸らし時間。 おいしさを引き出す秘密です。落ち着いたら軽くステア(かき混ぜる)して温めたカップに注ぐ。

1.水道の蛇口から新鮮な水をとり、沸騰させる。

2.お湯が沸いたら、まずポット、カップ、ミルクジャグを温める

3.温めたポットに茶葉をいれる。BOPで約6g、OPで焼く10gが目安。

4.沸騰したてのお湯をカップ2杯分(360cc)、ポットに注ぐ

5.スプーンで軽くかき回して茶葉が開くのを促す。蒸らした後もかき回しておくと、濃度のムラがなくなり味が均一化する

6.じゅうぶんに茶葉が開くまで蒸らす。BOPで約3分、OPで約5分が目安。ティーコジーを被せておくと熱が逃げないので便利

7.茶こしを使ってカップに注ぐ

8.濃くなりすぎたら、お湯を差して好みの濃さに調節する。写真のようなホット・ウォーター・ジャグ(お湯差し)があれば便利