今はアジア旅が一番の趣味ですが、小学校の頃から音楽マニアでもあったので、
その経歴を紹介したいと思います。


<音楽にハマったいきさつ>

 小学5年までは「ザ・ベストテン」等音楽番組で、日本の歌謡曲を聞いていたが、 ある日、ガムのCMで外国の歌が流れ、衝撃を受ける。母に行くと、「ビートルズ」というイギリスのグループで、 「プリーズ・プリーズ・ミー」というタイトルだった。それからというものの、金が貯まればビートルズのレコードを買いに行き、中学1年頃にはほとんど全部揃えたので、各メンバー(特にポール)のソロアルバムを揃える様になった。
 ビートルズもそろそろ飽きて来た頃、タイミング良く、日本でもマドンナやマイケル・ジャクソン、ワム!等のアメリカ、イギリスのポップスが流行し、ラジオやテレビで頻繁に流れる様になり、レンタルレコード屋で休みの度に借りに行く。当然、英語は得意科目であった。この繰り返しが、高校2年まで続くが、大学受験を機に途切れてしまう。
 無事大学に合格し、カラオケにハマる。洋楽等歌ってもウケない事が分かり、10年ぶりくらいに日本の曲を聴き始める。この頃のお気に入りは、ザ・ブルー・ハーツに高野寛だった。
 大学2年の大晦日、紅白歌合戦に「喜納昌吉&チャンプルーズ」と言う沖縄のバンドが出演し、あの有名な「花」の作詞・作曲者だと知り、衝撃を受け、沖縄音楽に走る。翌年、1人で沖縄旅に出かけ、偶然彼等と会うチャンスを得、顔見知りになる。
 友達からディック・リーというシンガポールのミュージシャンを教えてもらい、なかなか良いなと感じる。大学4年の夏、初めての海外旅行で韓国に行き、テープを何本か買い、歌の意味は分からないが、アジアポップスにハマっていく。

 以降、CD屋に行く時は、日本では手に入りにくいアジアポップスを探し、洋楽で気に入ったのがあれば安いので買い、邦楽は基本的にレンタル。よほど気に入れば買っている。家にあるCDはかつて、かなり処分したが、それでも200枚以上はある。


<少しでもハマったミュージシャン達(順不同)>

☆邦楽
サディスティック・ミカ・バンド、ゴダイゴ、RCサクセション、ブルーハーツ、真島昌利、高野寛、鈴木彩子、喜納昌吉&チャンプルーズ、りんけんバンド、林田健司、かぐや姫、チューリップ、布施明、小椋佳、さだまさし、大貫妙子、佐野元春、中谷美紀、Y.M.O.、ザ・ブーム、小沢健二、TRF、GLOBE、スピッツ、内田有紀、HIM、HIS、麗蘭、m-flo、森山良子
☆洋楽
ザ・ビートルズ、ポール・マッカートニー(&ウイングス)、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ビーチ・ボーイズ、バーズ、アバ、サイモン&ガーファンクル、ザ・スタイル・カウンシル、ワム!、アーハ、シンディ・ローパー、マドンナ、シンプル・マインズ、ジョニー・ヘイツ・ジャズ、イエス、ピンク・フロイド、カルチャー・クラブ、デビッド・ボウイ、インエクセス、デフ・レパード、ホワイトスネイク、ガンズ&ローゼズ、ブライアン・アダムス、ハート、マライア・キャリー、K-Ci&JOJO、フリートウッド・マック、ザ・ドリーム・アカデミー、レジーナ、ブロンスキー・ビート、ジェッツ、シカゴ、トト、ナデージュ、ディープ・フォレスト、ネーナ、ボストン、スクリッティ・ポリッティ、バングルス、プリンス、バナナラマ、マイケル・フォーテュナティ、モダン・トーキング、レジーナ、ムーディー・ブルース、デビー・ギブソン、ティファニー、メン・ウィズアウト・ハッツ、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ、スザンヌ・ベガ、フーターズ、エイス・オブ・ベイス
☆アジアポップス
【韓国】
カン・スージー 、ソテジ・ワ・アイドル、015B、TURBO、パク・ミ・キュン、ヤン・パ、パク・ジュン、ウム・ジュンファ、ブラウン・アイズ
【香港等中華圏】フェイ・ウォン、サンディー・ラム、TWINS、ヴィヴィアン・チョウ、アイ・ジン
【フィリピン】ヴィナ・モラレス、アゴット・イシドロ、フランシスM 【タイ】クリスティーナ、ニコル、チャイナ・ドールズ、XYZ 
【マレーシア】
シーラ・マジッド、ELLA 【シンガポール】ディック・リー 【インドネシア】ニッキー・アストリア


<もし、自己ベストCDを作るなら(邦楽編)>
1アーティスト1曲と言う条件で、ベスト盤を編集するなら、僕はこんな構成にします。

1.Traveling 宇多田ヒカル (CDの始まりにふさわしい曲でしょう?)
2.Crazy Gonna Crazy  trf (何故か思い出深い曲です)
3.今夜はブギーバック 小沢健二&スチャダラパー (何を隠そう、カラオケの十八番です)
4.Joy to the Love globe (この曲も思い出深い。これも昔カラオケでよく歌いました)
5.Mind Circus 中谷美紀 (彼女のデビューシングルです。結構衝撃受けました)
6.Only You 内田有紀 (この頃の彼女が一番可愛かった。歌も可愛い)
7.ベステンダンク 高野寛 (とっても優しい気持ちになれるメルヘンチックな曲です)
8.トレイン・トレイン ザ・ブルー・ハーツ (「青空」かこっちか迷いました。名曲です)
9.パーフェクト・レインボウ コーネリアス (コーネリアスはそんなにファンではないんですが、この曲は聞き飽きません)
10.風に吹かれて 鈴木彩子 (大学時代は彼女の歌によく励まされました)
11.アンダルシアに憧れて 真島昌利 (ザ・ブルー・ハーツのギタリストです。近藤真彦がカバーしました)
12.Come Again  m-flo (素直に、カッコイイ!と言える曲です)
13.悲しくてやり切れない おおたか静流 (フォーククルセダーズの名曲のカバーです)
14.大きな春子ちゃん RCサクセション (彼等も名曲揃いですが、あえて、初期のこの曲を入れておきます)
15.まっすぐのうた 大貫妙子 (ここで癒しの1曲入れておきます)
16.釣りに行こう The Boom&矢野顕子 (少年時代の思い出を歌った、素晴らしい曲です【涙系】) 
17.ロックン・ロール・ナイト 佐野元春 (何でこんなにキザでカッコイイ歌が書けるのか知りたいです)
18.全ての人の心に花を(花) 喜納昌吉&チャンプルーズ (シンプルながらも人々を元気付けてくれる歌です【涙系】)
19.さとうきび畑 森山良子 (元々は1969年の曲ですが、昨年リバイバルヒット。僕にとって去年聞いた歌の中で、文句なし1位です【涙系】)
20.バイバイ沖縄 知名定男 (最後はこの歌で、のんびりと軽やかにお別れしましょう)