山姥の山日記

2010年12月

      12月26日(日)            大阪府・能勢・妙見山  
   吉川町にある常夜灯               秋葉、愛宕の文字読み取れる ・本日の目的
   妙見駅前でヤーコンの買出し
 ヤーコンとは
南アンデスの原産のキク科の食物です
芋の形はサツマイモとそっくりで生で食べる事が出来る。
味はレンコンと梨の間でみずみずしく歯ざわりがよく甘味がある
当地 豊能町で栽培されている
・千里中央バス8:15−8:40箕面森町−吉川峠p284−9:30初谷橋(きたろうHCと合流)
10:00初谷渓谷−12:00妙見山12:50−上杉尾根−上杉尾根登山口にて解散
・15時前妙見駅前でヤーコンの買出し  
妙見口駅前−吉川峠−15:40箕面森町バス停
−千里中央−帰宅      
      12月19日(日)                大阪府・生駒山            
 
東わら山 標点C4−2     古墳 玄室
                           

 慈光寺 石仏 
この寺の歴史は古く平安時代とか
何より今、寺を守る方々が素晴らしい
石仏に捧げる花、掃除の行き届いたお庭
小さいながら何だかほっとする安らぎの寺




  神津嶽 



・9:30近鉄電車石切駅−くさかハイキングコース
−東わら山・イノラムキ古墳−こぶし谷−石の広場/昼食−慈光寺−竹やぶぬけて−暗峠−僕らの広場−森のレストハウスでお茶−案内所(現在休憩所で楠の切れ端を頂く、ポケットに入れていると家に帰るまで匂っていた、コースターとして使用している自然な樟の香りです)神津嶽−平岡駅
・生駒山(専)歩きの方から裏道や旧道を教わり
歩く、私用生駒山周辺地図作成しなくちゃ〜〜
・歩行距離約12km    ・歩行時間約6時間
・L松、私 2名 
 

 ハイキング道から外れ高圧線前を通り進む
 静かな落ち葉の南斜面に微かに道あり

                    
慈光寺竹やぶ〜→暗峠      旧道探索@
 透け見える小道探しの生駒山                                       
 山茶花や冬枯れ山に華をそえる
      12月18日(土)                    京都府/滋賀県・比叡山       

 京都修学院から比叡山
・9:00(叡山鉄道)出町柳駅−修学院駅−9:40
雲母坂(きららさか)登山口−雲母坂−行者道-
ロープウエイ駅前−スキー場跡−<比叡山延
暦寺拝観、鐘楼で鐘を突く>床下暖房の一隅
会館にて休憩昼食−本坂−日吉神社15:30−
鶴喜で温かい素蕎麦を食する−比叡山坂本駅
−浜大津−三条京阪−淀屋橋
・L坂、栄子、私 3名

      12月12日(日)                    滋賀県・高島トレール         

 11:00 おにゅう峠からすぐ 少々雪残る

 12:40 オクスゲの池
 落ち葉の中にちさな水面が光る
明日にも雪で隠れてしまうであろう池此処にあり


 
大阪駅前7:30(チャターバス)−朽木針畑ルネ−
おにゅう峠10:40−オクスゲの池12:40−803ピー
ク13:00−ナベクボ峠−若走路谷−生杉15:00−
16:20天空温泉入浴17:30−帰阪20:00
・天気は雨、時々雨休憩あり、山中霧、
  土地の人は時雨   「ようしぐれますなぁ」 と言ぅ
・参加者19名 
・歩行距離約7km ・歩行時間約4.5時間
           
      

 13:00 ピーク803はこの尾根の突き当たり         
      12月5日(日)                      兵庫県・六甲             


 
・阪急岡本駅9:30−八幡谷−10:30打越峠−10:
45七兵衛山−雨ケ峠−12:00東お多福山12:40
−13:40奥池−14:30ゴロゴロ岳−苦楽園尾根−
16:00北山公園−夙川沿い−阪急夙川駅17:00
・歩行距離約15km ・歩行時間約6.5時間
・L d平、天、後、私 4名
K会会友の個性派女性3名を引き連れた平さん、
本日プランは何処やらそれどれの希望や行きた
ぁ〜い素振に振り回される事を半々にして、地元の
強みを生かして距離を稼ぎ、見せたい所を網羅した
ハイキングになりました。


    北山公園 四季桜

北山公園 ロックガーデン
      12月1日(水)                 大阪府・箕面奥山       

 10:30 下止々呂美から一時間半で広い谷に

 10:40 下止々呂美から一時間半で広い谷に

 14:00 市道箕面五月山線 
・地下鉄御堂筋線〜北大阪急行線千里中央駅-
阪急バス箕面森町行乗車8:30−8:49止々呂美
下車−11:20明ケ田尾山11:50(標高619.9m)−
13:15鉢伏山(604m)−エキスポ記念公園−堂
屋敷山(553.4m)−天上が岳(499.2m)−百年
橋16時前解散〜箕面大滝前で飲み会〜マダム
N宅で柿の実を頂き、箕面駅17:35発バス乗車。
・歩行距離約13km  ・歩行時間約6時間
・参加者 吉、松、内、砂、沢、KK、中、花、花、
       浜田、田中、私 計12名
・木々の葉は落ち地面は冬支度に入っている
所々に残る紅葉がきれい、箕面大滝周辺の紅
葉は今年は例年より一週間早かった様子。
 

13:00鉢伏山から明け田尾山に至る途中梅が谷に入る付近

 13:10 鉢伏山頂上手前各自落葉を踏み自由に登る
 頂上から台形状平地(送電線から東に伸びている)
  笹は全滅して今は原っぱなったいた
                                               

・千里中央駅で阪急バス箕面森町行乗車ー止々呂美南駅下車徒歩
・2時間で明ケ田尾山
ー1時間で鉢伏山ー30分エキスポ記念公園ー30分堂屋敷山ー30分
天上岳ー30分ー40分百年橋ー10分箕面大滝ー30分阪急箕面駅
・このコースのハイライトは
止々呂美から果樹園跡を抜け植林
地帯を過ぎ広葉樹林の広い谷です木々の葉が落ち見通しが良くなると
微かに小道があるのがわかります
最近は雪が積もるほど降らないが
落ち葉の下の霜柱を踏みながら歩くのも楽しい。春には桜の古木が散らす花びらの絨毯の上を歩くこれまた嬉しいものです
明ケ田尾山を降り途中登山道から
はずれ西側の緩やかな所をトラバース気味に回り込み谷を経て数分の急登りを登り細い尾根道を南へ
明ケ田尾山から鉢伏山の登山道の途中の三叉路にたどり着く。
この尾根歩で止々呂美の集落や
向かいの箕面森町や遠くの山々の
展望が良い。
鉢伏山から記念公園を経て箕面の滝までのコースいろいろある
コースの整備も出来ているので体力や時間、又は好みのコースを取ればいい。
いづれにしても地図が読めるハイキングの経験者と同伴する事です
    明ケ田尾山展望      2010.12..8〜 2010.12..9
豊能町川尻から     

 豊能町川尻から

 箕面市中止々呂美から

 箕面市上止々呂美から


 箕面市箕面森町から

豊能町川尻 北の谷多尊石仏

  箕面止々呂美から入山メモ
  2008.4  2008.12  2009.4 
                      


戻る