じょうご





先日、「じょうご」を買いに行った。

店内を探し、やっと見つけ

あったあったと思って商品を手に取ると

そこに書いてあったのは「ろうと」の文字。

そう言えば「ろうと」っていった気もするが

「じょうご」とも言うよね?なんで??


そう思ったら調べなければならないのが私の性格。

しかしいろいろ調べても漏斗(ろうと、じょうご)

などと書いてあるだけである。


友人にも救援を求めたところ

「漏斗(じょうご)は下戸(げこ)と関係がある

みたいですよ」と少し手がかりが広がった。


日本では酒の好きな人を上戸といい、飲めない者は下戸である。

上戸は酒をすぱすぱと飲むから

この道具をもジョウゴと名づけたらしい。




こんな可愛いキャンディもあるんですね。
貧乏性の私は少しもったいない気もします(笑)。



しかし合点がいかないので調べ続けていると

どうも答えらしいものが現れてきた。


『大漢和辞典』(大修館書店)によると

『三才図会』(明代に刊行)からの引用で「漏斗」がある。

ということは「漏斗」(ろうと)は中国語だったのだ。

説明文に「不知始於何時。疑起自近代」とあるので

中国で作られた比較的新しい語の可能性もある。


一方「じょうご」は同じ種類の道具を指す日本語で

『日本国語大辞典』(小学館)によれば室町時代の用例がある。

先の『三才図会』を元に江戸時代に日本で刊行された

『和漢三才図会』には「漏斗」に「ジヤウゴ」の

振り仮名があるので、この頃に

「漏斗(ろうと)」が「じょうご」と読まれ始めたようである。

ジョウゴ自体はもともと「上戸」の音(おん)なのだろうが

この場合は「漏斗」の一種の訓(くん)と言えるのかもしれない。

(音=ろうと・訓=じょうご)。


みなさんご存知のように音読みとは中国(呉、漢、唐)での読み方を

訓読みとは日本での読み方を当てたものだからね。


今回は少し満足した私であった。