CONTENTU
Top
First
Old Diary
Eco Misyuran
BBS
Mail
<mr_son@lily.freemail.ne.jp>


(+28000くらい)

LINK
相互/非相互】
うさぎの足跡
スサノオの部屋
†箱庭楽園†
Zodiac moon
あずま屋イスラマバード
Numeri
安らげる場所
No Reason
ぷー暮らし
NINE北海道酒部さけさか
WhitePanda



読み物サイト超ランキング

2005/01/17
AA

 ___                  _         _              ___                       
(  _`\               ( )       ( )_           (  _`\               _       
| (_) )   _ _    ___ | |/')    | ,_)   _      | (_) )   _ _   ___ (_)   ___ 
|  _ <' /'_` ) /'___)| , <     | |   /'_`\    |  _ <' /'_` )/',__)| | /'___)
| (_) )( (_| |( (___ | |\`\    | |_ ( (_) )   | (_) )( (_| |\__, \| |( (___ 
(____/'`\__,_)`\____)(_) (_)   `\__)`\___/'   (____/'`\__,_)(____/(_)`\____)
                                                                            



ASCII GENERATORにて作成。これすごいねママン。僕が3時間もかけて作ったサイトのトップ絵(上にあるやつ)なんかよりずっとカッコいいや!(こんなショボいのでも、マジで3時間かけました。)

特にお気に入りがコレ。


 ___                  _         _              ___                       
     _/\/\/\/\/\____________________________/\/\_______
    _/\/\____/\/\__/\/\/\________/\/\/\/\__/\/\__/\/\_ 
   _/\/\/\/\/\________/\/\____/\/\________/\/\/\/\___  
  _/\/\____/\/\__/\/\/\/\____/\/\________/\/\/\/\___   
 _/\/\/\/\/\____/\/\/\/\/\____/\/\/\/\__/\/\__/\/\_    
__________________________________________________     
     ___/\/\_________________
    _/\/\/\/\/\____/\/\/\___ 
   ___/\/\______/\/\__/\/\_  
  ___/\/\______/\/\__/\/\_   
 ___/\/\/\______/\/\/\___    
________________________     
     _/\/\/\/\/\____________________________/\/\_______________
    _/\/\____/\/\__/\/\/\________/\/\/\/\____________/\/\/\/\_ 
   _/\/\/\/\/\________/\/\____/\/\/\/\____/\/\____/\/\_______  
  _/\/\____/\/\__/\/\/\/\__________/\/\__/\/\____/\/\_______   
 _/\/\/\/\/\____/\/\/\/\/\__/\/\/\/\____/\/\/\____/\/\/\/\_    
__________________________________________________________     
                                                                            




読めねぇよ!(目を細めるとちょっとだけ読めた)


2005/01/15
鳥の詩

いやね、毎日毎日サボっているサイトとして、こんなこと本当は言うべきではないのでしょうけど、でも言っておかなくてはいけません。僕の正当性を主張するために。


しばらくサボります。


ホラやっぱりそういう白い目で見るー。違うんですって。大学の方の課題やレポートが溜まっていて、マジでヤバい状態なんですよ。進級とかには関わらないのですが、卒業には影響する大事な単位なのですよ。コレを落とすと死ねる。普通に死ねる。5年目通う金なんて振っても出てきやしませんて。

そんな訳で、大変申し訳ないのですが、しばらくサイトの方には手をかけられません。その辺、ご了承ください。






















ふぅ。それじゃ…と。

ピピ ピピピ ピ ピッコリ♪(携帯をプッシュ)



プルルルルルル………ガチャ



「あ〜、俺。SONだけど。」


「なに?」


「いやさ、ちょっと頼みがあるんだけど。」


「ん〜?金と勉強以外なら聞いてやるけど。」


「いやさ…その…Air貸して。」


「は?」


「だからAirだよ。エロゲの。Keyの。お前確か持ってたべな?」


「いや持ってるけど…どうしたんだよ突然?」


「それがさ、アニメ版Airの1話見たんだけどさ。スゲェ面白かった訳よ。迸った訳よ。で、こりゃやんないとな、プレイしないとなって思ったんだわ。」


「ふーん。でもさ、お前。前俺が「貸してやろうか?」って言った時、「クリックゲーは面倒くさい」とか「なんか有名すぎて逆にやる気がしない」とか「どうせKeyはリストカッターだろ?」とか言って散々否定した挙句借りなかったじゃん。それにお前、レポートやった?そうせ課題もレポートもやってねぇだろ。Airやることに否定はしないけど、正直今やることじゃあないだろ。タイミングわりぃよ。大体お前は前かr」


「ウルサイいいから黙ってさっさと貸してくださいお願いします!」


「………わかったよ。」


「恩に着る。じゃあな。」


ガチャン ツーツーツー






電話口での友人の言葉が……痛かった、です。でもやるけどねAir。え、レポート?課題?


(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい


2005/01/11
招かれざる客

いやー、皆さん。明けましておめでとう御座います。なんか新年になって二週間弱とか経って「今更?」って感じが否めないけど、2005年一発目の更新だし、いいよネ!

でさ、日記なんだけど、相変わらず家でテイルズやってるかバイト行ってるか寝てるかの3つしか行動してない僕なので、内容もおのずとバイトの話になるのです。テイルズは最終ダンジョン出現したところで止まってるし。サブイベント消化しないとね。

やっぱね、スーパーみたいな、多種多様老若男女問わず色々なお客様が来店される店で働いていると、中にはちょっと変わったお客様がいらっしゃることも多いのですよ。

店にある8割以上の高野豆腐を一気に購入される方や、「店でも開くの?」ってなくらいにジュースを箱で30箱くらい買っていかれるお客様(もちろん個人で)。全く買い物しないで、店内の休憩所でタバコを吸いながら1時間以上呆けているおじいさん。こんな感じのお客様が時たまいらしてくれるので、スーパーのバイトは辞められない。面白いのです。

でも今日のお客様はそれを遥かに凌駕してた。つーか、あれは客じゃあなかった。

いつもの通り、頑張っている”風”なオーラをかもし出しつつシッカリと手を抜きながら仕事をしていますと、突然店内アナウンスが流れました。

「SONさん、SONさん。大至急バックヤード(商品の在庫が置いてある場所)までお越しください。」

通常のアナウンスなら、どんなに急がせても「至急」程度なのに、今日のアナウンスは「大至急」という、明らかに切羽詰ったものでした。こりゃ何かドえらい事件が発生したか?また下っ端の僕がその処理をさせられるのか?などと後ろ向きな想像をしながらも、僕は決して焦らず急いで歩いてバックヤードへ向かいました。

バックヤードには店長がいました。もうこの時点でロクなことではないなと諦めていたのです。万引きしそうな客の尾行とか押し付けられるに違いない。そんな風に思っていたのですが、実際はそれ以上にトンデモない命令を下しやがりました。



「おおSON、バックヤードの奥に猫が紛れ込んじまったから、捕まえて来い!



CAT!(メーモリー ツキアカリノナーカー)

はぁ?猫?いやいや猫て。確かにこの店のセキュリティはサザエさんちの勝手口より低いけどさ。だからって猫が入り込むなんてことないだろう?そもそも今は冬だよ。真冬。野良猫だって今の時期にウロウロしてないだろ。ホントこのブタ店長はダメだな。どうせまた得意の見間ちg


ニャ〜ン(from奥)


ウン、いるね。猫いるね。

奥に江戸屋猫八が隠れていない限り、猫は確実にいるっぽいので、仕方が無く僕が捕まえに行きます。「自分で捕まえろやブタ」とか思いながら奥に進んでいく僕に向かってブタこと店長は、「そこそこ、そのダンボールの影だ!」とか、「違う!その後ろだ!」とか指示してきます。10メートル以上離れた場所から。

とりあえず役に立たない店長は無視して猫を探していると、いました。店長が指示した場所から5メートル以上離れたダンボールの影で、毛玉のように丸くなっていました。僕が発見するのと同じくして、小首を上げて僕を見上げる猫。二人の目と目が合った。

ヤッベ、かわいいぞコイツ(*´д`*)

と、その不意の愛らしさに目を奪われている一瞬の間に、猫は僕の股の下を通って逃げていってしまいました。しかしその逃げる先には店長がいます。僕は叫ぶ。「店長、猫が行きました!捕まえてください!」



そして「アヒョオゥ!」とか言って飛び上がる役立たず


そうか、期待した僕がバカだったんだね。………肝心の猫は階段を上がって2階の倉庫に逃げていきましたとさ。

第2ラウンド。舞台は変わって2階倉庫。ここは出入り口が一つしかない部屋なので、もう逃げられることはありません。が、広さもかなりあり、しかも荷物やダンボールがごちゃごちゃと置いてあり、隠れるには最適。誰か、炎の探知機を!もしくはイギーを!(これ以上小動物を増やすな)

ここで、他の社員の人たちが応援に駆けつけてくれました。僕の担当のチーフも含め、総勢6名(役立たず含む)。

実を言うと、僕は猫や犬といった動物が苦手です。小さいころアトピーが酷く、小動物に触れたり近づいたりすると体中が痒くなるという体質でした。今はもう完治しているのですが、当時のトラウマからか、自ら進んで動物に近づくことには二の足を踏んでしまうのです。他人を役立たず呼ばわりできないな、こりゃ。

しかし今回は違います。僕のほかに4人もいるのです(店長&僕除く)。大の男がこれだけ揃っていれば、たかが猫の1匹や2匹、お安い御用ってモンですよ。さぁ野朗ども、彼の者をひっ捕らえよ!



ねこー、ねこー(周りに呼びかける)



でてこーい、ねこー(手近なダンボールをちょっとよけてみる)



もっとキビキビ動こうぜオイ!なんだよオマエラ。大の男が6人もいるのに、誰もちゃんと探そうとしない。つーかみんな怖がってる。だめだこいつら。まぁ僕も探しちゃいないんだけどさ。

目に見える場所ばかり探してもムダということにそろそろ全員が気がついたようで、少しずつずつアクティブに猫探しをするキャットハンター6人衆。僕も猫の気持ちになって考えます。

(やっぱり猫といったら狭いところが好きだよな。僕と同じくネクラなんだろうか?そうだ、こういうときは猫の歌を(脳内で)歌えばさらに猫の気持ちがわかるぞ。えーと………ネコミミ!ネコミミモードでーす!うにゃにゃ〜ん。)そこだっ!



いた。壁とダンボールの隙間10pチョイのところにスッポリ納まってた。普通じゃあ絶対見つからないようなところに隠れてた。最初に見たときみたいに丸まってた。可愛かったヨ。

しかしこれで猫の居場所はつきとめました。逃げ場もなし。あとはこの猫を他の誰かに捕まえてもらえばいいだけのこと。前述の通り、僕はイヤなので。


「すいませーん!見つけましたー!猫いましたー!」


「おー、見つけたか。やったなぁ。」


「どれどれ…ウワ!こんなところにいやがったのか」


「こりゃ見つけられないわな。SON君やるなぁ」


「あとは捕まえるだけだな」


「そうですねぇ」


……


…………


………………(無言の圧力)


…僕が捕まえるのね orz



そうして、勇気を出して猫を捕まえ、無事お外へ放り出して事件は一件落着。なんだか異様に疲れました。そしてこの後、さらに僕の疲れを倍の倍に膨れさせるセリフが聞こえました。



店長「いや〜、本当はオレが捕まえても良かったんだけどね………」



もういい、アンタ死んでくれ。


2004/11/24
QMAヤバい

ヤッベ破産する、ヤッベー!

なんかもうね、財布の中身がどんどん無くなっていくのね。バイトの給料が出て、僕の財布もズッシリと気持ちのいい重さを維持していたはずなのですが、なぜかその重さが徐々に失われていく。気持ちのいい重量感が、心も財布の中身も寂しいものとなっていくのです。

まぁ原因は分かっています。この急速な喪失感の原因は明らかなのです。分かりきったことなのだ。





クイズマジックアカデミーUです。これゼッタイ。

いやね、本当のこというと、まだそこまで財布の中身は悲しくなっていないのですよ。そりゃ確かに多いとはいえないけど、泣きたくなるほど少なくもない。でもね、きっとこれから急速に減っていくと思う。マジックアカデミーに学費を支払い続けると思う。なぜなら、面白すぎるから。正直言って、ぞっこんラヴってところさね。

でまぁ、今日初めてQMAUをプレイしてきた訳ですよ。公式サイトで「正式稼動開始!」とか書かれて、意気揚々とゲーセンに出かけたら全然UでもなんでもないTが置いてあってがっかりしたのもつい一昨日。仕方無しにプレイするも、テンションの下がった頭が祟ったのか2回戦で落ちてガッカリ。昨日も昨日で「今日こそは!」と鼻息荒く同じゲーセンへ向かえば、そこには「調整中」の文字と、画面を真っ暗にした筐体が並んでいました。ガックシ。しかしコレは、なにやらUへの以降作業中みたいです。

取り付けられる前の看板 真っ黒筐体 遊びたいのに…


そんな訳で今日ですよ。昨日入れ替えしてたということは、今日は間違いなくプレイできるということ。ウキウキしながら向かうと、そこには光り輝くUの文字。よっしゃ、やったるぜ!と、カードを購入し、レッツプレイ!

Tのカードを引継ぎしないと決めていたので、今回は新しくカードを作成します。キャラは愛すべきシャロン、名前はレイラ。もうずっと前から考えていた名前を入力し、次に寮を決めます。必死に悩んだ末、リディア先生にすると決めていたので、作業はことなく運ぶはずでした。

寮がランダムに決定される場面を見るまでは。

ドッゲェーッ、マーチーン!。なんてこった、オレの萌エロ爆弾、リディア先生がこんなウンコみたいな鳥野朗になっちまった。くそうファッキン、オマエみたいな鳥頭なんぞ知らん!こんなのが先生じゃあ、僕のテンションも下がるし、成績にも影響してくるに違いない。なんなんだちきしょう。「よろしくな」とか言ってるし。うるさいよろしくじゃあないぜバカやろ………

あれ?ちょっとまって?コレってもしかして………


(耳を澄ましてみる)



うわヤッパリ!この鳥公の声、若本規夫だ!

なんというショック!さすがは若本ヴォイス、僕の下がりかけたテンションを急上昇させてくれます。ふたりはプリキュア MAX HEARTってなもんですよ(後番組)。う〜ん、リディア先生も捨てがたいが、ここは若本との運命の出会いを大事にしよう。よろしくガルーダ先生、いや、若本先生!(そしてジジイじゃあなかったことに本気で安堵)

そしていよいよ本格プレイ。なんかあまり混んでいないようだったので、財布の中にあった100円玉を3枚用意します。もう連コインする気満々。そりゃ、この昂ぶった心をたった1回のゲームで満足させられるハズがない。さぁ行こうレイラ!全国の猛者たちの集う、クイズの殿堂へ!



・1回目

新しくなったエフェクトやキャラの一挙手一投足に、そして当然選んだ「アニメ・ゲーム」で、担当のマロン先生の声が水橋かおりだったことに感動や衝撃を覚えながらも、サクサククイズを解いていきます。そして気がつけば決勝戦。初っ端から決勝まで生き残れるとは運がいいのか、俺サマが素晴らしいのか。まぁ絶対に前者なのですが。決勝戦の音楽がなかなか高揚感を煽っていて素晴らしく、ノリノリになりながらクイズを解いていったところ、なかなかの好成績。そして結果発表。コレはもしかして1発目から優勝か?優勝しちゃうのか?と取らぬ皮を算用していたら、結果は2位でした。たった2点差で。クソウ!

修練生10級→8級昇格

今回から、勲章の数ではなく経験値による階級アップです。経験値は予選1,2,3回戦、そして決勝の各々の得点で算出されますので、たとえ予選1回戦落ちでも経験値が獲得できるシステムです。そんな訳で、決勝まで進んだ僕はそこそこの経験値を獲得し、8級まで飛び級しました。多分修練生だから、階級アップの経験値も少なめなんでしょうが。



・2回目

1回目でコツは掴みました。そんな訳で、2回戦は予選から快調。しかし予選1回戦で1位を取り気分爽快だった僕を襲う衝撃が。なんと予選2回戦での優勝者の得点が100.00でした。うおぉぉマジかい!100点満点なんて初めてみたぜ。ちなみに僕は3位でした。今回の最大の敵は100点満点のコイツです。恐るべき野朗です。ポコロコです。

そして予選3回戦を突破し、決勝。問題に集中しつつも、100点のヤロウ(奇しくもキャラは同じシャロンでした)を見ていると、コイツほとんど間違えやがりません。僕もかなり調子は良かったのですが、それでも3問に1問は外します。しかしコイツは結局、決勝12問中2問しか間違えませんでした。圧倒的です。逃げ切られました。サンタアナは僕には吹いてくれなかったようです。

そして結果発表。僕はまたしても2位でした。もちろん優勝は100点のアイツ。今回ばかりは完敗です。負けを認めるよ。

修練生8級→4級昇格

やはり予選1回戦1位が効いたのか、一気に4つも進級。当然ですわ〜



・3回目

1,2回目とも2位という、なんだか釈然としない結果が僕にプレッシャーを与えます。なんでそこまでやって1位が取れないのか。本気で悔しいです。そして今はオーラスの3回目。これ以上100円玉はありませんし、ここで両替機に走ったら多分金が尽きるか閉店まで家に帰れなくなるので、区切りということでコレでお終いです。

予選1,2,3回目を通常の3倍の集中で突破し、またしても決勝戦。思えば、16人で始まるこのゲーム、たとえ何人かがCPUだとしても、これらを振り切って今まで3回とも決勝に残れたわけです。間違いなく、今の僕はノっている。最強にツイている。メキシコに吹く風、サンタアナも今は僕に追い風を吹いています。イケる!ここでいけなきゃ嘘です。もし優勝できないなら、レイラさんに謝れ!
















 



やった、やったよ!3度目の正直にして、優勝できましたよ!画面に輝く美しい御姿。褒め称える若本先生、そして恍惚の僕。もう100円玉がないという背水の陣が効いたのでしょうか。なんとも素晴らしい結果を残せて、僕は満足です。(嬉しさのあまり撮った写真が上のヤツです)

修練生4級→1級昇格

確実に初級魔術師になれると思ったのですが、ギリギリ届かず1級どまり。しかし次はたとえ予選1回戦どまりでも昇級間違いないです。やったね、ボキュ!






このように、本日の成果は決勝2位、決勝2位、優勝という中々に素晴らしい結果を残せました。初プレイにしては上出来過ぎているこの結果に、SON君は大満足です。絶対次も300円とか投資するに違いない。そんなことを続けていたら間違いなく財布の中身はスッカラカンの素寒貧です。オケラ確定。そうして僕は破綻していく。


でも僕にはレイラたんがいるから大丈夫なのさ!(中空を死んだ目で眺めながら)


2004/11/14
現実を見る目

なんかアニメの過剰表現を真に受ける子供とか、ゲーム脳とか、現実と非現実の区別がついてない人が多くなってきてるんだってさ。それも、フィクフョンの世界に肩までどっぷり漬かっていれば漬かっているほどその可能性が多くなってくるんだって。

僕も間違いなく肩までオタクですし、思い込みとか被害妄想とか酷い方ですので、こういった現実が見えていないという風に見られがちです。でもね、実際そんな事はないんだよ。僕はちゃんと現実を見れてる。フィクションはフィクション、非現実だってわきまえているのです。



まず、冴えない男に美少女が告白するとか、現実に有り得ない。

あまつさえ、そんな美少女が周りに4人とか5人とか31人だとか、ふざけているとしか思えない。

「やればできる」という言葉は、漫画の中だけの話。現実は「やらなきゃできない。やってもできない」だよなぁ。

かめはめ波は撃てない。

波動拳も撃てない。

昇龍拳も………いや、頑張れば。

スタンドも、実際はないだろうな、きっと。波紋は荒木飛呂彦とかモンゴルの奥地の人しか習得してない。コレは確実。

ガンダムとかジャイアントロボとかも無理だろうな。兵器だし。核エンジンとか無理だよね。

ジャイアントロボといえば、手から衝撃波だして空を飛ぶのも絶対無理。人間はそういう風には出来ていない。第一、人間は空を飛べない。





でも………指パッチンでモノを切断するのは可能だよなぁ。素晴らしきヒィッツカラルドのアレ。いやね、鉄筋とかは無理でも、ちり紙とかならきっと出来る。人間には未知の部分がある。言ってる事矛盾してるけど、飛ぶのは無理でも蝶強力な指パッチンが作り出す衝撃波なら、茹でる前のスパゲッティの1本くらいは切断可能だろ?





いや、マジで。


2004/11/11
父親の背中

最近のディズニーの、父親権威の復活への意気込みがスゴい。

ファインディング・ニモにしろ、Mr.インクレディブルにしろ、メインテーマが家族愛、そして「頑張る親父」という点で共通しています。父親の頑張りを通じて、家族の絆を描いているのです。

アメリカではどうか知りませんが、現在の日本において、父親の権威というものは正直、地の底といっても過言ではありません。

愛する娘からは「くさい」「キモい」などと罵倒され、パンツを箸で摘まれる始末。それどころか、同じ空気を吸いたくないなどという親不孝極まりないセリフを残し、家を出て毎夜毎夜遊び放題。金に困れば腹の出たオッサンのチンポを吸ったりなめたりふくんだり。

手心をかけて育て上げた息子からは「親父、金」と、見事に名詞のみの言葉をかけられ、財布から汗水流して稼いだ諭吉を抜かれていきます。

そんな風に、昭和初期にあった「父親」という名の恐怖、そしてその背中に溢れる愛が今はほとんど廃れてしまっている。思えば、父親と息子でキャッチボールなんていう絵も、今ではコントやドラマだけでしか見られなくなってしまった。

今ディズニーが積極的に観客に訴えかけている「父親」の姿。それはアメリカ映画でありながら、かつて日本にあった「父親」の像そのものであると言えます。決して、「適当に家族愛とか並べておけばクレームもつかないし観客数も増えるべさ」という打算的なものではありません。打算的なものじゃあないと思う。打算的じゃあないんじゃあないかな。ま、ちょっとは覚悟しておけ(何を?)



僕自信は親父のことを尊敬しています。なんだかんだ言っても、親父は親父であり、いまだ超えられない壁であることに変わりはありません。

そんな尊敬する親父に僕の考えを聞いてもらおうと、今でテレビを見ている親父に以上の内容を話したところ、








ぶぴー


屁で返事されました。ウン、やっぱ親父とかダメだ。


2004/11/05
5分ででっちあげ日記

なんか明日のバイトが8時からとかいうウンコみたいな時間からの出勤ですので、今日はサッサと寝ちまうのが吉。ですので、今日の更新は蝶テケトーです。

でまぁ、とりあえずコレだけ言わせてくれ。コレ言ったら寝るからさ。



ヤマケン版ブラックジャック面白ー!

もうね、ヤバいくらい面白い。チャンピオンでカオルン打ち切り終了して、REDで大人しく描いてるのかなーとか思ってたらコレですか。内容はまぁ、とりあえず読んでくれと。読まなきゃあの素晴らしさは分からん。まぁ、愛着のあるハズのキャラを容赦なく殺すあたりは「流石ヤマケン、変わってねぇ」と感動すら覚えるところなのですが。あ、あと、REDのカオルンESですが、ウン、こっちはパワーアップしてた。死に方とか、殺し方とか。ヤマケンスゲー。

とにかく、黙って今週のチャンピオンはチェキしとけ。きっと損はしない。



P.S
舞-HIMEもアニメやってるのに本誌の方では完全にブラックジャック贔屓なのな。アクメツもブラックジャックだし。まぁ面白いからいいけど。舞-HIMEも面白いですぜ。見とけ。北海道でもやってるからさ。

あと、今の手塚治虫ブームはチャンピオンの数少ない財産の一つを全力で押し出せるチャンスなので、頑張って欲しいものだ。それと、「おさむ」で変換したら「治虫」が変換できるのな。流石だぜ。

そんじゃ、おジャ魔女ステーションの第2回聞きながら寝ます。おやすみなさい。

2004/11/04
最後の手段

財布の中身がブリザード。♪ブーリーザードブーリザード(ユーミン)

ヤバイですよ。まだ次の給料日まで半月以上あるというのに、財布の中身が700円くらいしかない。700円て。小学生でももっと持ってるっつーの。というか何より、今日発売されるスティール・ボール・ランの最新3,4巻が買えないじゃあないですか。これは由々しき問題です。ジョジョマニーとして、SBRをすぐに手に入れられないということはそれ即ち死を現す訳です。店頭に並んでいるのに購入できない、そんな「おあずけ」状態なんて、禁断症状でパンツをビショビショにしてもおかしくないほど酷な状態です。

そんな訳で、僕はとうとう最後の手段に出ることにしました。僕のとっておきの秘密兵器、虎の子という名のリーサルウェポンを。

僕は普段使う口座のほかに、郵便貯金の口座があります。で、この郵便貯金のほうは、僕の最後の理性で守られた定期預金みたいなもので、普段はどんなにお金に困っても決して手をつけてはいけないと心に決めた口座なのです。そのため、今までこの口座からお金を下ろしたことは一度もありません。一度も金を引き出していないのなら、その中身はたまっていく一方に決まっています。そう、この郵便貯金の口座こそ、僕の最後の手段。ナウシカでいう巨神兵なのです。(なぎ払え!)

そして今、僕はその口座に手をつけます。「漫画買えないから」などという下らない動機かと嘲る人もいるでしょう。しかしだ。僕らジョジョマニーにとって、最新刊を速攻ゲットできないということは、まさしく死に等しい。Dead or SBRという訳だ。理由としては、十分すぎるッ!さぁ、禁断の郵便口座よ、今こそ汝の力を我に与えたまえッ!







2000円しか入ってなかった orz

うわぁ、なんだこれ。何が秘密兵器だよ!こんなの………と憤ったりしたのですが、よくよく考えてみたら、この口座からは引き出したことがない代わりに、お金を預けた覚えもありません。つまりこの2000円は、口座を作るときに預けた金額そのままなのです。正直言うと、あまりに秘密にするがあまり、今日の今日までその存在を忘れていたこの郵便口座。そりゃ金も入ってないわ。

でもまぁ、今の僕にはこんなはした金でもれっきとした神の贈り物。現在の所持金とあわせて2700円。コレならSBRの2冊なんて平気で買えてしまいます。よっしゃ、今すぐ買いに行くぜ。本屋へレッツゴー!








(帰宅)

さて、と

やたー!月姫読本(\2500+税)買ってきたぜー!(SBR3,4巻はまだ入荷していませんでした。流石は北海道)

さーて、読むぞ!読むぞ!食入る様に読むぞー!(SBRへの未練を断ち切るように)










ふう(読了)



そんな訳で、明日からの日記更新が停滞しても「あぁ、またか」という寛大な心で見逃してやってくださいね。(月姫を再インストールしながら)


2004/11/03
とんでけビューン♪

やっぱアレですよ。スーパーのバイトは面白い。なんせ色んな人間を見ることが出来る。美脚美人に勃起したり、クソガキにキレかけたり。そんな風に様々な人間を観察できるのが、面白いよね。

今日も今日とて、そんな退屈なバイト(仕事しろよ)に潤いを与える珍客がまた一人現れたんです。





その男、インカム装着につき。

インカムですよインカム。僕が今まで見たことのあるインカムなんて、デカレンジャーのSWATモードかおジャ魔女のパティシエ服(も〜っと!時代)ぐらいなもんですよ。正直、ニーソックスとかと同じく2次元のものだと思っていました。だって、現実世界で専門職でもないかぎり普段から着けて歩かないでしょ?間違ってもインカム着けてスーパーに買い物しに来ないでしょ?

件のインカム男ですが、見た目は普通の20代後半のお兄さんといった感じだったので、余計にそのインカムが目に付いてしまいます。で、どうしても気になって仕事が手につかないので、サボるきっかけとして少し観察してみると、なにやら小声でボソボソと呟いているみたいなんです。

ホラ、アレですよ。おそらくアレは「ハンズフリー携帯」ってやつ。マイクついてたから骨伝導とかじゃあないみたいだけど、呟いている様子がどうにも会話している漢字だったし、まずハンズフリー携帯で間違いないと思う。

そりゃあね、スーパーに関わらず、通話中は片手が塞がってしまう携帯電話よりは、耳に装着するだけで両手が開いて買い物なんかが楽になるハンズフリーの方が絶対的に効率的だよね。実際その人も、通話しながら漬物コーナーで片手に買い物カゴ、そしてもう片手ではピリ辛きゅうりを真剣に物色してたからね。普通の携帯電話ではこうはいかない。いままであまり考えたことなかったけど、実際インカムを使用している人を見ると、「本当に便利な代物なんだなぁ」というのを実感したのですよ。



でも傍からみると凄く不気味なのが玉に傷なんだよなぁ…



ウン、不気味だった。ディ・モールト気持ち悪かった。なんせパッと見だと、ただ単に一人でブツブツ呟いているアブない人だからね。「あの人は電話をしているんだ」っていうのが分かった後でも、やっぱり不自然だし、周りの人は心なしかその人から離れていくようだし。しかも会話の内容が面白いのか、たまにクスクス笑うもんだから不気味さ倍増、さらに倍ってなもんで。気味が悪いことこの上なかったんです。

やっぱ電話ってのは、「傍からみても電話しているように見える」状態で無いと社会では認識されないんだな。普通の携帯なら電話に向かって話しかけるから大丈夫なのだけど、インカムの場合はある意味「空」に向かって話しかけているようなものだもんな。そりゃ気味悪くもなるわ。ハンズフリー携帯が世の中に浸透しない訳だわな。

ちなみに僕もよくハンズフリーで会話します。いや、インカムとかじゃあないですよ。電波です。脳内電波を送受信してるのです。これこそ次世代双方向通信。未来のアイテム。ただ、今の人たちはやっぱ未来のアイテムを理解できないんだろうな。なんか奇異の目で僕を見るんです。





おかしいね(いろんな意味で)

2004/11/02
誰も知らない 知られちゃいけない

ふと気になってキッズgooのフィルタリングを確かめてみる。





ええ、ダメだってことは分かっていたさ。分かっていたともさ………。というか、このウザギ腹立つのう。


まぁ、基本的に社会や女性の瞳からフィルタリングされている僕ですので、こんなこと程度ではヘコたれないのさ。実際このサイトだって、一般人の脳内でフィルタかけられて見られないハズなんです。だからいつも日記上でアンナコトコンナコト恥ずかし乙女な文章を書けるのです。

今日もこうして誰にも知られず一人でオナニープレイ。この事を知るものは僕のほかに誰も居ない…(相互リンクとかしてるけどね!)

2004/11/01
金は天下の回り物

なんか世間では新札が出回ってるらしいですね。ホラ、もう手元に野口さんや樋口さん、ザ・ニュー福沢祐巳さんがある人もいるんじゃあないですか?羨ましいねーコノコノッ!明日学校や職場で「もう手に入れたぜヘッヘ〜」なんて自慢したりするんだろ?

やっぱ新札を手に入れるために、わざわざ銀行まで出向いて両替してきた人もいるんでしょうね。まぁそこまでしなくとも、早いところじゃあもうお釣りとして新札が出回っているのかもしれませんね。こりゃ意外に、皆様のお手元に新札が行き届くのも早くなるのかもしれませんね。

ちなみに僕の財布の中身は2000円。どちらも当然夏目漱石。そして次に給料が入るのは今月の20日です。

…多分、僕の手元に新札が届く頃には、ほとんど手垢がつきまくった状態なのでしょうね。というか、あと20日を2000円で過ごせるのか大学生ッ!(実際には700円くらいです。なぜならSBR3巻・4巻、デスノ4巻が4,5日後に控えているから)



ご利用は計画的に

2004/10/31
メイド イン ヘブン

さぁみんなー!10/30のオフレポ書くよー!




オサレなケーキ屋行ってメイドカフェ行って居酒屋で飲んで泥酔して死にかけながら帰宅した。(短ッ


あ、オフレポは以上で終わりです。楽しかったよ。

それにしてもアレだ。ケーキ屋とメイドカフェって本当に対極にあるのな。客の男女比とか、ケーキ屋”9.9:0.1”に対してメイドカフェ”10:0”という徹底振り。ちなみに僕はメイドカフェに居るほうが落ち着く人間です。

でもな、メイドカフェって僕は初体験だったんだけど、ちょっと一言申し上げたい。

僕は脚フェチであり眼鏡フェチではありますが、そこまでメイド萌えという訳ではありません。が、それでもメイドさんの良さが分からないほど無粋な人間でもないと自負しているつもりです。

そんな僕ですら違和感を感じたのですから、真性のメイド萌えさん諸兄にとっては非常に遺憾なのだと思われます。

あのね、確かにメイドさん(の服を着た女の子)にケーキなりコーヒーなりを運んできてもらうのは嬉しいですよ。勃起モンですよ。汁ダク必至ですともさ。でもさ、彼女達って所詮は「メイド姿の店員」でしかないわけよ。僕たち一人ひとりの相手を懇切丁寧にしてくれるわけではない。あまつさえ客を「ご主人様」などとは呼ばない(呼ぶとこもあるけど)。あくまで「客」として来た不特定多数の人間を「もてなす」のが仕事な訳じゃあないですか。


…それってメイドか?

メイド萌えの方々が本当に望む本当のメイドというのは、ご主人様である自分だけを慕ってお世話してくれるものだと思うんですよ。つまり、「俺のメイド」な訳です。そう考えると、一つのホールに集められ、自分の目の前で他人に接客するメイドなんてのは、外道もいいとこ。そんなのメイドとはいえないのです。偽者ですよ(当然です

ですから、僕が思う本当のメイドカフェとはこういうものだと思うんです。

まず来店した客は、それぞれ一人ずつしか入れない個室に案内される。そこには一部屋一人、メイドが配属され、他の部屋へは何があっても行くことはない。客とメイドさん。2人だけの空間が約束されるのです。そして、メイドさんはそこでは客を「ご主人様」もしくは「マスター」など、客が求める呼び方でもてなし、ケーキなども要望すれば口まで運んでくれます。コーヒーもフーフーしてくれます。追加料金で、ネコミミモードなメイドさん、スク水メイドなど、マニアックなモノまで完備している徹底振り。さらに料金しだいでは、憧れのメイドさん相手にアンナコト、コンナコト。ご奉仕の限りを尽くしてくれちゃう。そして満足したご主人様こと客が帰るときには、「行ってらっしゃいませご主人様、お帰りをお待ちしておりますわ」などと、甘える声で見送ってくれるのです。どうだ、これこそ本当のメイドカフェだと思わないかい諸君ッ!





………あ、コレってただのイメクラじゃあねぇか。全然カフェって無いし。

2004/10/19
幼き日のあの思い出

僕は生まれてから今まで、ミュージシャンのライブというものに1度しか行ったことがありません。と言うか、他には小さいころにいったひらけポンキッキのステージとか、ウルトラマンのステージとかばかりなのです。

そしてその唯一行った事のあるライブですが、これもまた恐らく5,6歳の頃だと思うのですが、実はそのライブというのがとてつもなく大物のライブなのですよ。僕にはてんで似つかわしくないような、超大物外国人アーティストなのです。

その名も、マドンナ

ええ、あのマドンナです。世界的歌姫の、あのMadonna。まだ小さかったこともあって殆ど覚えてないのですが、僕の数少ない自慢の一つです。友人がライブの話をするときには、決まって僕はこの話題を口にしていました。「僕は小さい頃にマドンナのライブを見に行った」という話題を、覚えてないので妄想脚色を盛り沢山にして話していました。

しかしつい最近、新たに幼き日の記憶の扉が開いたらしく、今まですっかり忘れていたそのライブの光景の断片をおぼろげに思い出したのです。するとどうでしょう、なんだかその記憶にはおかしな箇所が発見されたのです。



なんでマドンナがデパートの屋上ステージで歌ってるんだよ?



あの世界的歌姫であるマドンナが、東京ドームならいざ知らず、三越か東急か分かんないけど、ともかくデパートの屋上なんかで歌うわけがない。これはなにかおかしいぞ!ということで、その旨について母に聞いてみました。

僕が覚えている数少ない記憶の全てを母に話すと、なぜか母は大笑いし、そしてこう諭してくれました。

「マドンナのライブなんて行った事ある訳ないじゃない。それはマドンナじゃなくて、マルシアだって!









え、嘘?世界の歌姫じゃあなくて、義丹の元嫁ですか?………あれれー?

僕の数少ない自慢できる体験、そして、薄っぺらいけどそれでも大切な僕のプライドというなの牙城がまた一つ、音を立てて崩れていきましたとさ。

それにしても、マドンナとマルシア間違えるかフツー。「マ」しか合ってないじゃあねぇか。

2004/10/18
ミスターシーズン

※連絡

なんかサイトの更新が出来ませんでした。というか、ジオの鯖にログインしようとすると、「新しいパスワード入力しろやチンカス!」と罵ってきます。新しいパスワードって、なによ?というか、いつの間にジオって運営方法変えたのさ?カウンタリセットの理由ももしかしてコレか?畜生!このトンチキ野朗…ウェイブライダー突っ込ますぞ!(ジオ違いです)

まぁ、更新停滞の言い訳になるし、いいか。


…と思ったのですが、どうにか問題も解決しました。

やっぱりジオの運営方法の変更だったらしいのですが、まぁそんなことはいいとして。なんかそれに伴いサイトのURLが変わるらしいんです。12月くらいまではこのURLでも大丈夫なのですが、それ以降は新URLでないとダメなんですってよ。なんて面倒な。和塩ファッキン!

そんな訳で、リンクして下さっている方々は、お手数ですがURLの変更をお願いいたします。新URLは

http://www.geocities.jp/btb_son/

です。しっかしホント、突然過ぎるっつーの。いい加減ブログに変えるぞ!(一銭も金払ってないけど)



一月以上ぶりにネットの海に帰ってまいりました。SONです。久々すぎてタイピングすんのめんどくせー(サイト辞めろ

ところで皆さん、突然なのですが、季節の変わり目ってどうやって知ります?おそらく、多くの人々はカレンダーに書かれた暦上の区切りや衣替えの時期なんかで季節の移り変わりを定めているものだと思います。

しかしながら、そんなこの広大な世界の中のちっぽけな豆粒以下の存在でしかない地球規模で見れば害虫以外の何者でもないヒューマン様が、テメェたちの都合のみで勝手に決めた暦という目盛りの上にこれまた勝手に設定した春分だの冬至だのといったもので、同じ刻(とき)など二度と刻まないこの母なる大自然の動きが分かるわけがないのですよ。衣替えも同様。こんなものは人間のエゴでしかないのです!人間に、季節の変わり目なんか分からないのです。雪が降って初めて「冬だねー」とか言ってればいいんだバカヤロウッ!(毒舌に特に意味はなし)

季節の変わり目というのは、自然の大小様々な事象が複雑に絡み合って成り立っているものです。地球の自転や公転のことを考えると、もはや宇宙規模の事象と言っても過言ではありません。実際、世界一の気象予報士でも正確にそれを知ることは不可能でしょう。では、我々が季節の変わり目を正確に知ることは不可能なのでしょうか?否、そんな事はありません。では、その方法を皆様にお教えいたしましょう。





A.僕に聞け!

つい先ほど「人間が季節の変わり目を知るのは無理」とか書いておきながら、その回答がこんな一月以上もサイトの更新を滞らせるようなダメ人間に教われというのは、誰が聞いたって無茶苦茶だと思われるかと存じます。しかしながら、僕には分かるのです。僕は確実に、毎年の季節の変わり目を性格に知ることが可能なのです。

なんかね、季節の変わり目になると、きまって喘息の発作が発症するのですよ。

確実に一年に4回、それも決まって季節の変わり目になると持病の喘息(ぜんそく)が目覚めやがりまして。喉からヒューヒュー音を鳴らしながらベッドの上でぐったりしているのです。黙っていても治まるときもあれば、病院で点滴を受けないと間違いなく窒息して死ぬというぐらい重症のときもあるのですが、とにかく、喘息の発作は僕に季節の変わり目を体に直接イヤでも叩き込んでくれるのです。こんな辛い思いまでして知るもんじゃあないだろう、季節の変わり目なんてよォ!

ですので僕は毎年4回、タバコも吸えない、ご飯も碌に喉を通らない状態で、浜崎あゆみばりに喉をューヒュー鳴らしながら「あぁ、もうそんな時期かァ」なんて感慨深げにしていたりするのです。うん、ちっともロマンティックじゃあないな。

明日、病院に行ってきます。(もう秋ですね)



トマトマックグランのCMに出ているドナルドレディ(勝手に命名)が無茶苦茶萌える。なぜかサイトで公開しているのは15秒バージョンなんだけど、お勧めは30秒バージョン。ほのかなエロさと、ドナルドレディ自身の美しさが僕の琴線に触れまくり。なんだかひんぬーなのも、可愛らしくてディ・モールト ベネ。

機会があったら30秒バージョンを見てみることを、激しくお勧めします。



なんかカウンターがリセットされているけど、まぁいいや。HIT数なんて気にしないしな。(といいつつ、リセット前のHIT数をうろ覚えで書き込んでみたりする。軽くショックだったらしい)