姫路モノレール





久しぶりのレポートですが、今回も懲りずに、姫路関連のレポートです。今までは姫路といえば山陽ばかりでしたが、今回は少し離れて、姫路モノレールをお伝えしようと思います。

姫路モノレールは、昭和41年、姫路城復興に伴う姫路博覧会開催を記念して、作られた。当初は、路面電車や地下鉄に変わる、第三の交通機関として、脚光を浴び、兵庫の鉄道をモノレールでつなごうとする動きもあり、開業当初は大盛況だった。しかし、開業翌年からは、利用客が激減。開業からわずか8年で休止となり、昭和54年、ついに、その幕を閉じた。

姫路モノレールは、全国でも数少ない「ロッキード跨座式」と呼ばれる規格を採用した。これは、現在は一般的になったタイヤを使う「跨座式」とは異なり、鉄レールと鉄車輪を使う方式だ。これにより、鉄道と同じく、最高速度は160キロでの運転が理論上は可能だった。当時は各社がモノレール標準を目指し、各地に実験路線ともいえるような路線を次々に開通させたのだ。そして、最後に統一規格とされたのが、現在の大阪モノレールなどで採用されている、「跨座式」となった。これによって、「ロッキード跨座式」を採用した姫路モノレールの存続は事実上不可能となった。同じくこの方式を採用した小田急向ヶ丘遊園線も廃線になっている。




姫路モノレールは姫路駅から手柄までのわずか1,8kmの路線であったが、これは試験的な要素を兼ねた、とりあえずの第一期工事だった。そのため始発駅である姫路駅でさえ中間駅的な構造になっていた。現在は山陽百貨店の新館部が建てられ、その姿を見ることは出来ない。JR高架化工事と同時にモノレール軌道の完全撤去が計画されたが、やはり予算が取れずに今までどおり、危険性がある部分、あるいは必要な部分から進めていくこととなった。つい最近までは山陽商店街の上に軌道が残っていたのだが、例によって、軌道だけが撤去され、コンクリート橋脚のみが残っている。しかし、山陽電鉄をオーバークロスした直後からの軌道はまだ残されており、途中、唯一の中間駅であった「大将軍」駅まで続いている。




大将軍駅。当時はモノレール付の高級マンションとして売り出されたそうだが、現在では、1〜3階が飲食店、4、5階の駅部分が姫路市管理下に置かれ立ち入り禁止、その上が、ビジネスホテルと公団住宅になっている。ちなみに、この写真に微妙に写っている「本」屋さん、いい本が置いているらしい(笑)





ホームがあることは確認できる。





無理矢理下からホームを撮った写真。ホームには駅票がまだ残されているらしいが、確認できなかった。





なんか不気味ですね・・・。





駅の裏手にまわったところ。非常階段?





手柄方面に向かう開口部。停止位置を示す標識が確認できる。この先少し軌道が途切れている。





姫路では現在再開発が行われており、必要な部分だけが撤去されている。





さらに続く軌道。





少し離れた位置から先ほどの大将軍を眺めるとこんな感じ。





これは直接姫路モノレールとは関係ないが、JR山陽線沿いにあったもの。何かは分からないが、すぐ横にあることから、もしかすると線路を付け替えた跡?





全体像としてはこんな感じ。山陽線のすぐ隣にある。





特に意味はないが、山陽線を走る回送列車





こちらは営業列車





かつてはモノレール軌道がこの山陽線をまたぐ部分にもトラス橋が設けられていたが現在は撤去されている。





山陽線を越えると、再び軌道は続く





この部分は、「ロッキード跨座式」の勾配とカーブ性能を確認するための区間だったそうで、わざと勾配、カーブがきつく設けられている。





メンテナンスは当然行われていないため、このように変色している部分もある。かつて、軌道上の架線が落下する事故が起きているようで、安全面からすれば撤去するのが賢明だろう。ここでモノレール軌道が終わる。









これが終点の「手柄」駅。この中には現在も4両の車両と保線車両が眠っている。この裏にも軌道は延びており、さらに検車ピットも分岐していた。延長の際には使われる予定だったのだろう。













手柄山遊園の裏側。当時はローラースケート場だったそうだ。現在はこのようになっている。





この右側にかつて軌道と分岐が存在したが、現在は封鎖されている。





手柄山遊園の頂上から姫路市内を見た風景。





はっきりと軌道が確認できる。今まで通ってきた経路もほぼ見渡せる。




この日は、最初は何のあてもなく、姫路駅を降りて、ぶらぶらしてました。そして、線路脇で写真でも撮れれば…、と思ってたんですけど、どうしてもモノレール跡が気になり、結局最後まで行ってしまいました。モノレールの距離自体は1,8kmと、そう長くはないかもしれないですけど、歩く距離はどうしても遠回りをせざるをえないので、かなりの距離を歩いたと思います。さすがに、帰りまでは歩く元気はなく、バスを使いました。このとき乗ったバスが、ワンステップバスだったんですけど、これまたシートピッチが狭い!普通に座れないくらいの狭さです。シートピッチ25cmですよ〜!これは厳しかった…。

モノレールは鉄道の欠点を克服し、成功すればかなり便利なものになっていたと思います。河川を越える際にも鉄道のような大掛かりな設備を必要とせず、コンクリート橋さえ設置できればいいわけです。また、踏み切りも一切考慮する必要がないわけですから、最高速度も技術的な限界以外には制約されません。にも拘らず、その方式が特殊であったために、廃止となってしまったのは残念に思います。もし、この「ロッキード跨座」方式がモノレール標準となりえていれば、もう少し希望はあったのかもしれません。姫路モノレールはこのような標準規格化争い流れに巻き込まれた犠牲者といえるでしょう。

姫路に住んでいる人ですら、モノレールがあまりにも短命であったために詳しいことを知らない人が多いそうです。ましてや初めて訪れる人などからは「モノレール建設中?」と聞かれることもありました。現実的に考えて、モノレールの復活はありえませんがこの壮大な施設を何とか生かせる方法はないものか?と考えてしまいます。おそらくないんでしょうけどね。安全面からすれば撤去が望ましいのでしょうが、やはり個人的には「その時代を生き抜いた象徴」として、また「夢の遺産」として残ることを願うばかりです。

最後に、これだけ賛成してきたモノレールですが、現実的には必ずしも成功だったとは思いません。通勤路線として使われるでもない路線ですから、博覧開会最後は営業不振に陥ることは必然の結果でした。イメージ的には北大阪急行が万博の際に線路を敷き、その後は撤去したような感じだったのでしょう。ただ、失敗だったにしても、「やるだけやる!」というようなチャレンジ精神はすばらしかったと思います。元気のある時代だったんですよね。高度経済成長期でしたから。今の時代にはその元気さもありません。ここから学ぶものがあるとすれば、「夢」はやる前からあきらめるものではない!ということかもしれません。「夢」を持つことすら出来ない、「夢」を持っても、「失敗」を恐れて動けない今の時代、このような時代が後世から果たして評価されるでしょうか?

結局、自分でも何をいいたいか整理できないままの今回のレポートになってしまいましたが、これで終わらせていただきます。




では、また次回の更新をお楽しみに!