第19回 北海道ツーリング (前編)

期間 :2003年 8月1日 〜 8月9日
バイク:HONDA CB1300SF(’03型)


8月1日、いまだ梅雨明け宣言の出ない関東地方に別れを告げて、今年の夏?も北海道に行くことにしました。
それにしても暑くないですね、今年の夏。これじゃ北海道は寒いんでないかい?そんな気がします。

今回の旅の目的は、北海道各地に林立する風力発電機。その現状について現地を視察してこようといういいかげんなものです。
最近すっかり定着したキャンプ道具無しの身軽な旅、今年は道内各地の友人知人を頼っての「宿借りツーリング」でした。


8月1日(金) 晴れ

 これまたすっかり定着した当日荷造り、やる気は出発当日になっても0%?!
 23時50分大洗港出航だと21時半頃到着すればOKさ。したがって出発は17時頃となりました。

 首都高速は昨年の時と同様に東京湾トンネルからびっしり混んでいました。
 荒川沿いの高架上で東京に沈む夕日を横目で見ながら渋滞の中にまぎれています。
 時間に余裕があるので、敢えて危険な路肩走行はしません。

 小菅でようやく渋滞から開放されました。ホッと一息いれようと加平PAに初めて入ってみます。
 朝からまともに食べていませんでしたので「てんぷらうどん」を食べました(350円)。

 常磐道に入ると「雨 走行注意」の電光掲示板、守屋SAにて合羽着用。
 霧雨舞う大洗港には20時半頃到着でした。出かけるときは28℃くらいあった気温もここでは22℃、寒いです。

北海道行きフェリーが東京湾から出ていた頃から比べると激減です、バイク。この時期これじゃ寂しすぎるよ。
今回も2等寝台、寝る前にラウンジで生ビールと枝豆・鶏からあげ・フライドポテトで一人祝杯をあげています。
生ビール(中ジョッキ450円)は美味かったなぁ(缶ビール350ml:230円)。



8月2日(土) 雨後曇り

 船内は比較的空いてますね、この時期としては。
 波も静かで揺れもほとんどなし、洋上の天気は雨ですが。

 小雨の苫小牧港には20時頃上陸。
 今夜の宿、札幌の木場宅目指して夜の道央高速道路を走ります。

 心配していた鹿の飛び出しもなく、22時前には木場君宅に到着。
 翌日のTVのニュースでも、飛び出した鹿をよけようとして車が横転、一人亡くなっています。
 鹿の仕業とは言え「仕方ない」では済まされません、飛び出した鹿を叱っても無駄ですが。

 木場君、小島君との久しぶりの再会にビールもすすむ。
 アルバムに整理されている昔の写真を見ながら想い出話に花が咲きます。

 テレビの天気予報、明日は雨だって。
 今年も悲しいな〜、寒い北海道ツーリングになりそうだ。



8月3日(日) 雨

 昨晩は呑みすぎました、2日酔いです。
 外は雨模様、この時点で連泊が決定しました。

 昼過ぎには気分も良くなってきたので
 木場君の車で札幌観光に出かけます。

 札幌の展望のよい所を何箇所か案内してもらいました。
 旭山記念公園、宮の森・大倉山ジャンプ台

 大倉山、天気が悪いのが残念でしたが、なかなかの展望です。
 スキージャンパーの皆さんはこんな所で飛んでいるのですね。

 木場君は日本ケーブルにお勤め、ここのリフトもメンテしているそうです。
 本来なら顔パスのリフトですが、今日は私の分まで払っていただきました。
 感謝かんしゃ、めったに来れない良いところを案内していただきました。

 雨もたまには良いね!それにしてもアジア系外国人観光客が多いなぁ。

 次はラーメンのおいしいお店でお食事、美味しかったです。
 食べているとさすがに汗ばんできますが、店の外に出るとたちまち涼しい。
 さすが北海道、夏でもラーメンが美味しいわけだ。

 明日からまたツーリング、今夜は休肝日にして体調を整えます。
※写真にカーソルを合わせると下から見上げた写真になります 

 

 



8月4日(月) 曇り

木場君ありがとう 厚田村の風車 羽幌の風車

今日は朝から曇り、気温23度。今夜は幌延のまっちゃんの所で泊めてもらう予定です。
石狩湾沿いに北上、各地の風力発電群を視察しました。


羽幌から留萌辺り、この辺は北海道有数の海水浴場が連なります。
今日は気温22.4℃、涼しいですが、北の子供達は元気に海に入っていました。
今年は特に、暑いと感じる日がまだないそうですが、子供達は行く夏を惜しむように想い出作りに頑張っているのですね。

留萌の風車 苫前の風車(また増えたな.........)

何と言ってもサロベツ原野に突如出現する風車群、その数の多さに驚きます。
日本海から吹き付ける風をあまねく利用してしまおうと言う、そのケチな根性にまいりました(笑)

幌延の風車(数えたら28機ありました) やれやれ、霧雨が降ってきました

8月とは言え、日本海からは冷たい風が吹いてきます。風力発電もこの分だとすぐ元をとれるでしょう(ほんとに取れるのかぁ?)。
この数日後、台風10号が北海道道南地方にも被害を与えたようですが、そんな時は「書き入れ時」なのでしょうか?。
私も電気技術者として、ぜひ発電構造を知りたいものです。


 幌延ビジターセンターは初めて立ち寄りました。
 どこのビジターセンターにも大なり小なりスクリーンが有って、
 映像でわかりやすい説明が見れます。

 映像素材が良いので、どこも結構気に入って見入ってしまいます。
 時間は10分以内で完結していますので良かったらどうぞ。
 知床ビジターセンターの大スクリーンとは比べるべくもありませんが。

 8月のサロベツ原生花園は何にもないです。

 エゾカンゾウなどで原生花園が花盛りになるのは6月後半から7月前半なのです。
 湿原には熊笹などがびっしりはえています。遠目には牧場のようですね。

 晴れていれば海越しに利尻山が美しいのに..............。
 これも自然のワンシーン、霧に霞むサロベツ原野です。


 さて、そろそろまっちゃんの所に行くか。
 あっ、車がない、出かけているな。

 夕方行くって言っただけなので、まあそのうち帰ってくるだろう。
 玄関の軒下で待つこと30分、帰ってきましたよ(ひとあんしん)。
 天塩に用事があったそうです。

 シャワーを借りてさっぱりして、いつもの店で焼肉で生ビール。
 今回は彼の職場の後輩も宴会に参加したいということで3人で焼肉。

 その後輩は昨年、関西の工場から異動してきたそうです。
 1年目の冬は何かと大変だったらしいですね、北海道の冬の生活。
 
彼もやはりバイクに乗るのが好きで、今もCB750FCを持っているそうですが車検を取っても半年くらいしか乗れる時期がないのと、
所帯持ちなのでこれまた乗る暇がないと言ってました。私もまっちゃんもどちらかというと無口なほうなので、彼のおかげで結構話がはずみました。

だんだん酔いがまわって宴もたけなわ!
私もまっちゃんも独身なのですが、後輩に「義務を果たしていない」と叱られるわ、「会社のあの彼女はどう?これから呼んで一緒に呑もう」などと
思わぬ展開に!そしたら本当に来ちゃったよその彼女。それから4人で焼肉(もうお腹一杯です)。

その後2次会でパーっといこう!と、4人でこれまたいつものスナックへ(何軒も有りませんから)。
そのお店の客層、毎度の事ながらTVドラマ「北の国から」のワンシーンのようなんですよ。
そこでまた歌って語って、幌延の夜は楽しく更けていきました。

23時頃お開きで店を出て、皆歩いて帰りました(皆近いです、お住まい)。
私は、夜中の女性の一人歩きは危ないんじゃないかって心配したけど、
彼女曰く「この辺は熊は出ないから大丈夫」だそうです(笑)。

もう夜中の12時ですが、これから会社の別の後輩が仕事を終えて私に挨拶に来る予定になっています。
まっちゃんの会社は有名ブランド○○乳業、24時間交代勤務で操業しています。
第2勤務?の終了が夜中の11時だそうです。

以前まっちゃんとその別の後輩がメーカー講習会で東京に来た際、川崎で一緒に飲んだ面識があります。
さすがに走り疲れて呑み疲れて、その別の後輩が来てご挨拶してからしばらくして居眠りしてしまった。
大変申し訳ない!今度はもう少し早い時間に呑もう。



8月5日(火) 曇りところにより晴れ

今日もドンヨリと曇っています。
昨日も今日も私のために休暇を取ってくれたまっちゃんと最北の街をパトロールに出かけました。
ロシア船の不良外国人は、最近はなりを潜めているようです。
以前は街のあちらこちらにたむろしていましたが、今回はあまり見かけませんでした。

今日も曇り NKKマーク発見! また来てしまいました ノシャップ岬に密かに咲くハマナス

昨夜は私より遅くまで呑んで二日酔い気味のまっちゃんも復活してきたようです。
札幌の木場君宅でTVから流れていた「志村けんと上島竜平の紀行番組」に出ていた、稚内のラーメン屋を探そうとしましたがわかりませんでした。
そのまま最北端へと最北のパトロールは進みます。

今日も記念写真の順番待ちの宗谷岬です いつものデータ用写真

ここでお腹がすいたので、最北端の食堂でお昼にしました。
「うに丼を食べようよ、おごるからさぁ」「ラーメンでいいよ」「じゃ俺はホタテカレーにする」

塩ラーメンを注文したまっちゃん、「塩バターラーメンですね〜」と店員、「ああそれで...........」
塩バターラーメンは塩ラーメンより100円高いのだ。客をまんまと罠にはめる最北端の食堂。
私もどっちでもいいんですから、バターが入っていようがいまいが、100円くらい安かろうが高かろうが。

職場の中村君に言わせると「ラーメンにバター入れるなんてなんて、人間の食いもんじゃねぇ!」だそうです。
最北のパトロールは更に続きます。


昔、W1で来た時ここで写真を撮ったなぁ 晴れて日差しが暑いクッチャロ湖 湖畔の風景

次はオホーツクを南下、猿払道の駅でホタテの海産物などを知人に1万円ほど宅急便で送りました(頼まれたものです)。

猿払を過ぎて浜頓別辺りまで来るとすごくいい天気です、久しぶりにクッチャロ湖に行ってみたくなりました。
日帰り温泉は出来ているし、湖畔は整備されているし、昔の印象とは大分違ってしまいましたね。


 浜頓別からは宗谷丘陵を横断して幌延へ向かいました。
 この辺の道道は、なだらかな丘陵地帯をうねうねといい感じで走れます。
 行く手に広がる幌延方面の空は、相変わらずドンヨリと曇っています。

 国道40号線から道道923号線に行った入った豊富町辺りにチーズとアイスクリームの
 美味しい工房があります。名前は忘れてしまいましたが、まわりは何もない山の中なのに
 お客さんがくるんですよ。地元では評判のお店らしいですね、確かに美味しいアイスクリームでした
 (アイスのコーンがまた美味い)

 幌延に戻って、今日は幌延駅前のすし屋さんで夕食です。
 昨日のみすぎのまっちゃんは休肝日、私は仕方なくビールを2本で止めました。
 一人だけ飲んでも楽しくないからね、お酒は(一人だけで飲む酒はまた別ですが)。

車の中で散々居眠りした私に比べて、ずーっと運転してくれたまっちゃんはお疲れモード。
昨日は遅かったし、明日はお仕事だし、今夜は十分休養を取ってくれ。
私も明日は帯広へ向かわねばなりません。距離的にも結構ありますから、今夜は早めに床に着きました。

それにしても楽しい時間の何と早く過ぎ行くことか、もう旅も半分終わってしまいました。
今日は晴れ間も見たし、明日も雨は大丈夫そうだし、ずーっと休暇だったら良いのにな〜などと思いながら寝てしまった。


後編へ続く