徒夢走也ツーリング倶楽部 列伝

トムソーヤ ツーリングクラブ憲章 : 我 はかなき夢に従い ただ走るなり


1994年 5月

DT250  : オマタ 隊長
SX200  : ヤマモト隊員
TT250  : アメミヤ隊員
アルテシア: タムラ隊員
車     : トネガワ隊員


プロローグ

昨年の夏に知り合った山本君と、約半年ぶりで今年の2月の千葉根本海岸でキャンプした。
4月にはYAMAHA TT250Raidを買ったので、伊豆のツーリングデビューにも付き合ってもらった。
GWは青森の薬研温泉でNケーブルの皆さんと合流、今年も滑り出しから順調だ。

GWが終わった頃、またどこか行きたくなった、近場の林道。
ヤマモト君を誘ったら、いつも暇な彼は快く誘いに乗ってくれた。
そして彼のお友達も一緒に連れてくるという。

場所は手ごろな中津川林道経由で川上村の回り目平キャンプ場。
SSTCの田村君も現地で合流する事になった。


五日市のコンビニで全員集合3名、朝飯を食う。
オマタ君はバリバリの2サイクル、タイヤもエンデューロ仕様、服装もしっかりしている。
いかにも走り屋な雰囲気だ。

ヤマモト君もガエルネのモトクロスブーツに風魔プラスワンの高級ジャケット!
私はいつもの軽登山靴にGWのツーリングジャケット、他の2人にすでに負けている。


さあ、中津川林道の起点に到着しました。
ここからは待望のOFFロード、ぶっ飛ばすぜ!

一気に加速して林道に突っ込む私、雨上がりの林道は水溜りがあちこちに。
たちまち膝から下はびしょぬれだがまったく気にせずかっ飛ばす。

あれ?付いて来ない?ちょっと飛ばしすぎたかな。


おお、来たきた、写真を撮ってあげようか。
それではまた、無理せずマイペースで行ってくれ、楽しい林道ツーリングだもの。


またまたきてしまいましたね、いつもの三国峠。
今日はあいにくのガスが出ていて景色はなーんにも見えません。
この先はもう舗装道路、長野県さんはお金持ち?


回り目平に到着しました。
まずはベースキャンプを設営します。
いや〜、晴れてきましたね〜、良かった〜。


まだ陽の高いうちから呑んでしまいます。 ああ、昼間飲むビールはなんて美味しいんだろうか。
新緑に包まれて呑むビールはなんて美味しいんだろうか。ヤマモト君はパンをくわえていますね(笑)


SSTC NO.2のタムラ君も無事到着、友人のダニーを連れて来たようだ。
これから隣の川で渓流釣り、期待してるよ、大漁を!


ストロボをたけばほれ、みんな見事な燻製になりそうです。
夜は冷えますからね、まだ5月の山ですから。
 


パチーンと木が爆ぜました!火の粉が緩やかな放物線を描いて飛んでいます。
ナイロン系のジャケットではすぐに穴が開いてしまいます、気をつけよう。
焚き火を囲んで旅談義に花が咲きます、酒が進みます。


回り目平に朝が来ました。日に照らされた岩峰が美しい眺めです、すがすがしいです、高原の朝。
日が出たらもう寝てなんかいられません、もったいなくって。
朝からHiになって散歩しています。


私たちのテントサイトも陽が差してきました。
太陽のありがたみを感じるときです。
モーニングビールでも飲んで目を覚ましましょう。

晴れたぶん冷えますね、放射冷却、霜は降らなかったけれど。
ウグイスが鳴いています「ホーホケキョ」って。
普段街で生活してたら絶対聞くことはありません、これだけでも来た甲斐があったというものです。


今日のルートは信州峠越えで増富温泉に抜けます。


出発準備完了!
オマタ隊長の視線が恐いですね。


今では(2006年)では、満々と水を湛えている塩川ダムですが、当時は建設の真っ只中でした。
ダムってのはこうやって作るんですねえ。


これで今回の旅は終わります。
何か嬉しそうなヤマモト君、これでやっと家に帰れる?(笑)


徒夢走也ツーリング倶楽部 列伝  お終い

TOP