James Dean

1931年2月8日
   アメリカの50年代はティーンエージャーが初めて主張した時代だと言える。実際は10代を過ぎてのデビューであったが、ディーンとエルヴィスはそういった時代の寵児でもあった。彼の演技は鬱屈し、反抗するという形で表現されその影には愛への渇望が見え隠れする、人間臭い若者であった。
  ”彼”、ジェームス・ディーンはインディアナ州マリオンに生まれる。5歳のときLAに移り住み、幼くして叔母の家に預けられたあと、再婚した父に引き取られる。49年サンタモニカのジュニア・カレッジ演劇科に入学。50年カリフォルニア大学法学部に入るも、芝居への熱が捨てきれずエキストラで映画出演を初め、その後NY、アクターズ・スクールで学び、エデンの東でデビュー。55年9月30日、「ジャイアンツ」撮影終了直後、ハイウェイ41号線を愛車ポルシェ”スパイダー”で時速140Kmで飛ばした彼は運転を誤り対向車と衝突。24歳の若さで死去。嗚呼。
  サル・ミネオ(理由亡き反抗で共演、親友)はこう語った「これまでには社会には大人と子供しかいなかった。10代とは大人になるためのあわただしい過渡期に過ぎない、と見られていた。それがジミーのより初めて、10代という世代のあることが世に示された。ジミーこそファースト・アメリカン・ティーン・エイジャーなのである。」と。

 

作品リストコメント私的作品評価
51フィクスト・バヨネッツ(日本未公開)

52底抜け艦隊
55エデンの東

Link!!!

9,2
55理由なき反抗彼の良さが生かしきれていない印象を受けた。批評家の意見ほどはいいとは思わない。6,5
56ジャイアンツ

Link!!!  Link!!! (建設予定)

7,8
Award
アカデミー賞主演男優賞ノミネーションエデンの東  1955
■ジャイアンツ 1956
NYアクターズスクールについて
マーロン・ブランドやジェームス・ディーン、果てはマリリン・モンローまで現代における様々な名優を生み出した名門の俳優養成学校。(詳しく分かり次第追記)